よく読まれている記事

幕末維新 写真館

阿波徳島藩/場所・アクセス・地図 蜂須賀家25万7千石:蜂須賀茂韶 佐幕派と尊皇派で藩論が割れて新政府軍への協力が縮小された徳島藩【幕末維新写真館】

阿波徳島藩/蜂須賀家25万7千石:蜂須賀茂韶 佐幕派と尊皇派で藩論が割れて新政府軍への協力が縮小された徳...

【藩名】 阿波徳島藩 【説明】 「豊臣秀吉」股肱の臣で播磨国龍野を領していた「蜂須賀正勝」は、天正13年(1585年)の「四国征伐」の後に阿波国を与えられたが、高齢を理由に嗣子の「蜂須賀家政」に家督を譲り家政が徳島藩初代藩主となった。入部当時の石高は17万5千石で、板野郡の一部が飛地となり阿波一国ではなかった。同年、家...
姫路藩/場所・アクセス・地図 酒井家15万石:酒井忠邦 最後まで徳川家に忠節を貫いたことで朝敵とされ追討軍まで編成された姫路藩【幕末維新写真館】

姫路藩/酒井家15万石:酒井忠邦 最後まで徳川家に忠節を貫いたことで朝敵とされ追討軍まで編成された姫路藩...

【藩名】 姫路藩 【説明】 幕末には藩主「酒井忠績」が大老となり勤王派の制圧に力を振るったほどなく蟄居した。弟で次の藩主になった「酒井忠惇」は老中となるが、「鳥羽・伏見の戦い」で「徳川慶喜」に随行して大坂退去にも同道したので「戊辰戦争」では姫路藩は朝敵の名を受け会津藩、桑名藩と並び新政府軍の討伐対象とされた。 慶応4年...
今治藩/場所・アクセス・地図 松平家3万5千石:松平定法 早くから新政府軍に従い江戸や会津征伐まで参戦した今治藩【幕末維新写真館】

今治藩/松平家3万5千石:松平定法 早くから新政府軍に従い江戸や会津征伐まで参戦した今治藩【幕末維新写真...

【藩名】 今治藩 【説明】 慶長5年(1600年)、伊予国板島(宇和島)で7万石を領有していた「藤堂高虎」は「関ヶ原の戦い」の戦功により20万石に加増された。同時に今治市内にあった国分山城に移り今治藩が立藩した。しかし、国分山城は中世山城で城下町の整備が不便なため、慶長7年(1602年)、今張浦に近世城郭建設と翌年に城...
淡路洲本藩/場所・アクセス・地図 稲田家1万4千石:稲田邦植 幕末には徳島藩とは別に新政府軍に従い一層溝が深まった淡路洲本城代稲田家【幕末維新写真館】

淡路洲本藩/稲田家1万4千石:稲田邦植 幕末には徳島藩とは別に新政府軍に従い一層溝が深まった淡路洲本城代...

【藩名】 淡路洲本藩 【説明】 慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」においては、「脇坂安治」は石田三成率いる西軍に与したが、早くから「藤堂高虎」と内通しており、「小早川秀秋」が寝返ったのに乗じて東軍に寝返り、「大谷吉継」隊を壊滅に追い込んだ。その戦功により本領を安堵された。慶長14年(1609年)、安治は伊予大洲藩...
竹田藩/場所・アクセス・地図 赤松家2万2千石:赤松広秀(斎村政広)関ヶ原の戦いの地方戦で鳥取城を攻めるも城下が火災に包まれた責を負い切腹となり廃城【幕末維新写真館】

竹田藩/赤松家2万2千石:赤松広秀(斎村政広)関ヶ原の戦いの地方戦で鳥取城を攻めるも城下が火災に包まれた...

【藩名】 竹田藩 【説明】 最後の城主である「赤松広秀(斎村政広)」は「関ヶ原の戦い」では石が三成率いる西軍に属し、田辺城(舞鶴城)を攻めるも西軍は本戦で敗戦する。 その後徳川家康率いる東軍の「亀井茲矩」の誘いで鳥取城攻めに加わり城を落城させるが城下を大火にした責めを負い、家康の命によって慶長5年(1600年)12月3...
出石藩/場所・アクセス・地図 仙石家3万石:仙石政固 幕府から家老を押し付けられたがこれを切腹 新政府軍に属した出石藩【幕末維新写真館】

出石藩/仙石家3万石:仙石政固 幕府から家老を押し付けられたがこれを切腹 新政府軍に属した出石藩【幕末維...

【藩名】 出石藩 【説明】 慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」のとき、「小出吉政」は父の「小出秀政」と共に西軍に与して丹後国田辺城を攻撃したが、吉政の弟「小出秀家」が「徳川家康」率いる東軍に属して関ヶ原本戦にて活躍した功績により6万石の所領を安堵された。慶長9年(1604年)の秀政の死後、小出吉政は和泉国岸和田藩...
明石藩/場所・アクセス・地図 松平家8万石:松平直致 譜代大名の関係で鳥羽・伏見の戦いでは幕府軍として参戦するもその後新政府に恭順した明石藩【幕末維新写真館】

明石藩/松平家8万石:松平直致 譜代大名の関係で鳥羽・伏見の戦いでは幕府軍として参戦するもその後新政府に...

【藩名】 明石藩 【説明】 江戸時代播磨一国を支配する姫路藩は池田氏の所領であった。その後池田氏は岡山や鳥取へ移封となり、寛永10年(1633年)、松平(戸田)庸直が7万石で入封した。寛永16年(1639年)には「大久保忠職」が7万石で入封したが、慶安4年(1649年)に肥前国唐津藩へ転封となった。同年、丹波国篠山藩よ...
赤穂藩/森家2万石:森忠儀 赤穂浪士で有名な浅野家改易後森家が入封し幕末明治を迎えた赤穂藩【幕末維新写真館】

赤穂藩/森家2万石:森忠儀 赤穂浪士で有名な浅野家改易後森家が入封し幕末明治を迎えた赤穂藩【幕末維新写真...

【藩名】 赤穂藩 【説明】 元禄14年(1701年)、第3代藩主「浅野長矩(内匠頭)」は江戸城中で高家旗本「吉良義央(上野介)」に斬りつけ、長矩は切腹し浅野家は改易となった。そして元禄15年(1702年)、浅野家臣49名による吉良邸討ち入りが起こった(赤穂浪士:忠臣蔵)。長矩の弟「浅野長広」は赤穂新田3000石の所領を...
龍野藩/場所・アクセス・地図 脇坂家5万1千石:脇坂安斐 譜代大名となるが戊辰戦争では姫路藩攻撃や北越・会津戦争に参戦した龍野藩【幕末維新写真館】

龍野藩/脇坂家5万1千石:脇坂安斐 譜代大名となるが戊辰戦争では姫路藩攻撃や北越・会津戦争に参戦した龍野...

【藩名】 龍野藩 【説明】 寛文12年(1672年)、信濃国飯田藩より「脇坂安政」が5万3千石で入封し幕府より城の再建を許され、龍野城が修築された。脇坂家は外様大名であったが、安政は老中「堀田正盛」の次男であったため、天和3年(1683年)に譜代大名となった。宝永6年(1709年)に3代「安清」が襲封した際、弟の「安利...
丹後田辺藩(舞鶴藩)/場所・アクセス・地図 牧野家3万5千石:牧野弼成 戊辰戦争では新政府軍として参戦した田辺藩【幕末維新写真館】

丹後田辺藩(舞鶴藩)/牧野家3万5千石:牧野弼成 戊辰戦争では新政府軍として参戦した田辺藩【幕末維新写真...

【藩名】 丹後田辺藩 【説明】 寛文8年(1668年)、京極家に代わり「牧野親成」が摂津国より3万5000石で入城する。田辺牧野家の藩祖は「牧野康成」である。康成は初名を正勝、通称を半右衛門といい、その父は牛久保牧野氏寄騎の「牧野定成(八大夫)」とされる。 天正18年(1590年)に「徳川家康」が豊臣秀吉から関東を与え...
宮津藩/場所・アクセス・地図 松平家7万石:松平宗武 鳥羽・伏見の戦い以降西園寺公望の山陰鎮撫使に降伏した宮津藩【幕末維新写真館】

宮津藩/松平家7万石:松平宗武 鳥羽・伏見の戦い以降西園寺公望の山陰鎮撫使に降伏した宮津藩【幕末維新写真...

【藩名】 宮津藩 【説明】 天和元年(1681年)、「阿部正邦」が武蔵岩槻藩より入封するが、元禄10年(1697年)には下野宇都宮藩に転出し、入れ替わり宇都宮より「奥平昌成」が入封するも、享保2年(1717年)には豊前中津藩に転封となる。代わって信濃飯山藩より「青山幸秀」が入封したが、第2代藩主「幸道」は宝暦8年(17...
福知山藩/場所・アクセス・地図 朽木家3万2千石:朽木為綱 鳥羽・伏見の戦いでは参陣に遅れその後西園寺公望の山陰道鎮撫使に降った福知山藩【幕末維新写真館】

福知山藩/朽木家3万2千石:朽木為綱 鳥羽・伏見の戦いでは参陣に遅れその後西園寺公望の山陰道鎮撫使に降っ...

【藩名】 福知山藩 【説明】 「関ヶ原の戦い」で東軍に与した「有馬豊氏」は本戦で後ろ揃えを務めたことで、遠江横須賀3万石から福知山6万石に加増移封されて福知山藩が立藩した。慶長7年(1602年)に豊氏の父「有馬則頼」が死去すると、豊氏は父が摂津三田に知行していた2万石も併せて相続することとなり、福知山で都合8万石の大名...
八上藩/場所・アクセス・地図 松平家5万石:松平康重 丹波篠山城へ拠点を移したため廃藩【幕末維新写真館】

八上藩/松平家5万石:松平康重 丹波篠山城へ拠点を移したため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 八上藩 【説明】 八上城は戦国期に織田家重臣「明智光秀」と「波多野秀治」率いる波多野一族との間で攻防戦があったことで有名である。豊臣秀吉の時代になると五奉行を務める「前田玄以」がこの地を拝領した。ほどなく嫡男である「前田茂勝」が当主を務めることになる。 「前田茂勝」は「織田信忠」に仕え、豊臣秀吉のもとで五奉行...
丹波亀山藩/場所・アクセス・地図 松平家1万8千石:松平信正 戊辰戦争では新政府の山陰鎮撫使に降伏しその後新政府軍に従った亀山藩【幕末維新写真館】

丹波亀山藩/松平家1万8千石:松平信正 戊辰戦争では新政府の山陰鎮撫使に降伏しその後新政府軍に従った亀山...

【藩名】 丹波亀山藩 【説明】 慶長14年(1609年)、徳川氏譜代の家臣である「岡部長盛」が下総山崎藩から移封され丹波亀山藩が再度立藩された。長盛が亀山藩に入ったのは、大坂城の「豊臣秀頼」への抑えの役割もあった。岡部時代に亀山城下町の原型が出来上がったとされ、慶長15年(1610年)、徳川幕府は西国大名を総動員して亀...
篠山藩/場所・アクセス・地図 青山家6万石:青山忠敏 藩論が佐幕・尊皇に割れたが西園寺公望引きいる新政府軍が城下に迫ると恭順した篠山藩【幕末維新写真館】

篠山藩/青山家6万石:青山忠敏 藩論が佐幕・尊皇に割れたが西園寺公望引きいる新政府軍が城下に迫ると恭順し...

【藩名】 篠山藩 【説明】 寛延元年(1748年)8月、青山忠朝が5万石で丹波亀山藩へ移封となった。以降、江戸期を通じて青山氏による篠山統治時代が幕末まで続いた。譜代大名である青山氏は文久3年(1863年)8月、二条城守備を務め、元治元年(1864年)5月には従四位下に昇叙され、7月の「禁門の変」にも出兵している。 最...
高取藩/植村家2万5千石:植村家壷 天誅組の乱の鎮圧にあたるが以降新政府に属した高取藩【幕末維新写真館】

高取藩/植村家2万5千石:植村家壷 天誅組の乱の鎮圧にあたるが以降新政府に属した高取藩【幕末維新写真館】

【藩名】 高取藩 【説明】 寛永17年(1640年)10月19日、大番頭であった「植村家政」が、9,000石から2万5,000石に加増されて大名となり高取藩が立藩された。第2代藩主「植村家貞」は万治元年(1658年)7月7日、弟の政春に3,000石を分与したため、石高は2万2,000石となる。さらに第3代藩主「植村家言...
田辺藩(紀州藩附家老)/場所・アクセス・地図 安藤家3万8千石:安藤直裕 幕末に新政府から独立した藩として認められた紀伊田辺藩【幕末維新写真館】

田辺藩(紀州藩附家老)/安藤家3万8千石:安藤直裕 幕末に新政府から独立した藩として認められた紀伊田辺藩...

【藩名】 田辺藩(紀州藩附家老) 【説明】 「浅野幸長」が紀伊を支配していた頃は、一族の「浅野知近」が田辺城を領していた。元和5年(1619年)7月、徳川家康の十男「徳川頼宣」が紀州藩主に封じられたとき、その付家老として遠江国掛川城主「安藤直次」が付けられた。直次は和歌山県田辺市に3万8,000石の所領と田辺城を与えら...
紀州藩(和歌山藩)/場所・アクセス・地図 徳川家55万5千石:徳川茂承 鳥羽・伏見の戦いの敗戦で旧幕軍を受け入れて新政府の攻撃対象とされかけた紀州藩【幕末維新写真館】

紀州藩(和歌山藩)/徳川家55万5千石:徳川茂承 鳥羽・伏見の戦いの敗戦で旧幕軍を受け入れて新政府の攻撃...

【藩名】 紀州藩(和歌山藩) 【説明】 紀伊国は慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」の後、甲斐国主であった「浅野幸長」に与えられ、外様の浅野家が治める紀州藩が成立した。元和5年(1619年)の「福島正則」の改易に伴い浅野家が安芸広島に移されると、それまで駿府藩主だった徳川家康の十男「徳川頼宣」が浅野の旧領に南伊勢を...
新宮藩(紀州藩附家老)/場所・アクセス・地図 水野家3万5千石:水野忠幹 第二次長州征伐では獅子奮迅の戦いを展開した新宮藩【幕末維新写真館】

新宮藩(紀州藩附家老)/水野家3万5千石:水野忠幹 第二次長州征伐では獅子奮迅の戦いを展開した新宮藩【幕...

【藩名】 新宮藩(紀州藩附家老) 【説明】 新宮の地は戦国時代、豊臣秀吉の家臣「堀内氏善」が領していたが、慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で石田三成率いる西軍に与したために没落する。その後、紀伊国に封じられた「浅野幸長」の家臣「浅野忠長」が新宮を領していたが、浅野氏が安芸広島藩へ移封されると、「徳川頼宣」の附家...
狭山藩/場所・アクセス・地図 北条家1万石:北条氏恭 天誅組の乱に出兵したが早々に新政府軍に従った北条早雲の末裔 狭山藩【幕末維新写真館】

狭山藩/北条家1万石:北条氏恭 天誅組の乱に出兵したが早々に新政府軍に従った北条早雲の末裔 狭山藩【幕末...

【藩名】 狭山藩 【説明】 第5代当主「北条氏直」は「徳川家康」の娘婿であり、北条氏規(北条氏康の五男)は「北条征伐」の和平に尽力し、豊臣秀吉とも会見していたという経緯から特別に許され、高野山での蟄居を命じられた。天正19年(1591年)、氏直は嗣子無くして30歳の若さで死去した。このため、北条氏の嫡流は断絶したが、氏...
岸和田藩/場所・アクセス・地図 岡部家5万3千石:岡部長職 幕末期は尊皇・佐幕両派に藩論が割れたが戊辰戦争では新政府軍に従った岸和田藩【幕末維新写真館】

岸和田藩/岡部家5万3千石:岡部長職 幕末期は尊皇・佐幕両派に藩論が割れたが戊辰戦争では新政府軍に従った...

【藩名】 岸和田藩 【説明】 岸和田藩は「松平康映」の妻の父である「岡部宣勝」が摂津国高槻藩より6万石で入封し、明治維新まで岡部氏の所領となった。歴代藩主は財政再建のため様々な藩政改革を行ったが、目立った効果もなく幕末に至った。天保8年(1837年)には「大塩平八郎の乱」が起こり、岸和田藩は大坂城の守備に当たった。 第...
郡山藩/場所・アクセス・地図 柳沢家15万1千石:柳沢保申 幕府の享保の改革によって甲府藩より移封された柳沢家【幕末維新写真館】

郡山藩/柳沢家15万1千石:柳沢保申 幕府の享保の改革によって甲府藩より移封された柳沢家【幕末維新写真館...

【藩名】 郡山藩 【説明】 享保9年(1724年)、将軍「徳川吉宗期」の時代に幕府直轄領の拡大を目論み実施された「享保の改革」にて、甲斐国甲府藩から「柳沢吉里」が15万1000石で入封する。以降明治維新まで柳沢氏が6代に渡り郡山の支配を行う。 2代藩主「柳生信鴻」や3代藩主「柳生保光」は治世の安定、文武の興隆、殖産事業...
柳生藩/場所・アクセス・地図 柳生家1万石:柳生俊益 初代柳生宗矩から将軍の剣術指南役を務め幕末を迎えた柳生藩【幕末維新写真館】

柳生藩/柳生家1万石:柳生俊益 初代柳生宗矩から将軍の剣術指南役を務め幕末を迎えた柳生藩【幕末維新写真館...

【藩名】 柳生藩 【説明】 柳生藩の初代藩主ある「柳生宗矩」の死後、1万2500石の所領は長男の「柳生三厳(十兵衛)」に8300石、三男の「柳生宗冬」に4000石、四男の六丸(列堂義仙)に200石、と分知されたため柳生家は大名から旗本となった。柳生十兵衛(三巌)の死後、柳生宗冬がその家督と遺領を引き継ぎ(4000石は幕...
山城長岡藩/永井家3万6千石:永井直清 摂津高槻藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

山城長岡藩/永井家3万6千石:永井直清 摂津高槻藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 山城長岡藩 【説明】 山城長岡藩は江戸時代初期、現在の京都府長岡京市を領有した藩で、この地に長岡陣屋が築かれた。寛永10年(1633年)、書院番で上総国・下総国内に8000石を領する旗本の「永井直清」が、旧領地に加え山城国、紀伊国、摂津国内に領地を得て1万2,000石の大名に昇格した。 当初は長岡勝竜寺城に藩...
高槻藩/場所・アクセス・地図 永井家3万6千石:永井直諒 戊辰戦争で新政府が優勢になるとこれに従った高槻藩【幕末維新写真館】

高槻藩/永井家3万6千石:永井直諒 戊辰戦争で新政府が優勢になるとこれに従った高槻藩【幕末維新写真館】

【藩名】 高槻藩 【説明】 高槻城は「織田信長」や「豊臣秀吉」に仕えた「高山右近」が城主だった。、右近はキリシタン大名として有名で、秀吉の宣教師追放令で大名の地位を追われた。右近の後は「新庄直頼」が3万石で高槻に入封したが、慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で改易され身柄は「蒲生秀行」に預けられた。 元和元年(1...
伏見藩/場所・アクセス・地図 内藤家5万石:内藤信正 内藤氏が大坂城代となったため廃城とされ廃藩【幕末維新写真館】

伏見藩/内藤家5万石:内藤信正 内藤氏が大坂城代となったため廃城とされ廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 伏見藩 【説明】 関ヶ原の戦いの後、徳川家康は豊臣秀頼への牽制と畿内支配の拠点から、焼失した伏見城の再建に乗り出した。そして慶長8年(1603年)、家康は伏見城にて将軍宣下を受け江戸幕府を開いた。その後、慶長12年(1607年)に駿府城を正式に居城とするまで、家康はこの伏見城を拠点としている。 家康が駿府に移...
佐和山藩/場所・アクセス・地図 井伊家18万石:井伊直継 家康による彦根城築城と移転により廃藩【幕末維新写真館】

佐和山藩/井伊家18万石:井伊直継 家康による彦根城築城と移転により廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 佐和山藩 【説明】 佐和山城は「織田信長」の時代から要衝と見なされ、特に信任の厚かった重臣「丹羽長秀」を城主とした。文禄4年(1595年)に「豊臣秀吉」のもとで五奉行の一人だった「石田三成」が近江水口から移封されて19万4000石で入封した。 三成の治世は善政にて民は豊かになり、「三成に過ぎたるものがふたつあ...