よく読まれている記事

幕末維新 写真館

飫肥藩/場所・アクセス・地図 伊東家5万1千石:伊東祐相 新政府軍に与して二条城や甲府城の守備を務めた飫肥藩【幕末維新写真館】

飫肥藩/伊東家5万1千石:伊東祐相 新政府軍に与して二条城や甲府城の守備を務めた飫肥藩【幕末維新写真館】

【藩名】 飫肥藩 【説明】 慶長5年(1600年)、「関ヶ原の戦い」では「伊東祐兵」が大坂で病を得ていた為、成り行きで西軍につくも、密かに「黒田如水」を通じて東軍に味方をし、嫡男「祐慶」を下向させて宮崎城を攻撃した。そして、元和3年(1617年)、2代将軍「徳川秀忠」より飫肥藩5万7千石の所領安堵の朱印状を受けた。 1...
佐土原藩(薩摩藩支藩)/場所・アクセス・地図 島津家2万7千石:島津忠寛 薩摩藩と共に上野戦争や会津戦争に参戦した佐土原藩【幕末維新写真館】

佐土原藩(薩摩藩支藩)/島津家2万7千石:島津忠寛 薩摩藩と共に上野戦争や会津戦争に参戦した佐土原藩【幕...

【藩名】 佐土原藩(薩摩藩支藩) 【説明】 慶長8年(1603年)、「島津貴久」の弟「忠将」の子である「島津以久」が日向国那珂郡・児湯郡内で3万石を与えられて佐土原城を拠点とした。元々は「島津家久」「島津豊久」親子の領地であったのが、「関ヶ原の戦い」で豊久が死去し無嗣断絶扱いになり改めて江戸幕府より「以久」に与えられた...
高鍋藩/場所・アクセス・地図 秋月家2万7千石:秋月種殷 幕末では特に大きな動きがなかった高鍋藩【幕末維新写真館】

高鍋藩/秋月家2万7千石:秋月種殷 幕末では特に大きな動きがなかった高鍋藩【幕末維新写真館】

【藩名】 高鍋藩 【説明】 秋月氏はもともと筑前国を領していたが、「豊臣秀吉」の「九州征伐」のとき、時の当主「秋月種実」が島津氏に与して抵抗し、のちに秀吉に恭順した。これにより36万石あった領地から日向国串間3万石に減封された。 江戸時代中期、6代藩主「種美」の次男は米沢藩(上杉氏)に養子として入り、名君で有名な上杉鷹...
延岡藩/場所・アクセス・地図 内藤家7万石:内藤政挙 鳥羽・伏見の戦いでは旧幕府軍に付いたため朝敵とされた延岡藩【幕末維新写真館】

延岡藩/内藤家7万石:内藤政挙 鳥羽・伏見の戦いでは旧幕府軍に付いたため朝敵とされた延岡藩【幕末維新写真...

【藩名】 延岡藩 【説明】 「豊臣秀吉」の「九州征伐」後の天正15年(1587年)に、豊前国香春(福岡県田川郡香春町)周辺の領主「高橋元種」が延岡南部の松尾城5万石に封ぜられた延岡藩が立藩された。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」において元種は、当初は西軍方であったが、九州南部の小領主である「秋月種長」「相良頼房...
人吉藩/場所・アクセス・地図 相良家2万2千石:相良頼基 軍制改革を行い薩摩藩と共に会津攻撃に加わった人吉藩【幕末維新写真館】

人吉藩/相良家2万2千石:相良頼基 軍制改革を行い薩摩藩と共に会津攻撃に加わった人吉藩【幕末維新写真館】

【藩名】 人吉藩 【説明】 天正15年(1587年)、「豊臣秀吉」の「九州征伐」の際、相良家老臣の「深水長智」は大友氏・島津氏の間に挟まれた小領主の苦悩を秀吉に訴えた。この長智の奔走により当主の「相良頼房(初代藩主・長毎)」は人吉の領土を安堵された。 江戸時期を通じて相良氏がこの地を統治し続けた。幕末の文久2年(186...
宇土藩(熊本藩支藩)/場所・アクセス・地図 細川家3万石:細川行真 高瀬藩と共に本藩に従い新政府軍として従軍した宇土藩【幕末維新写真館】

宇土藩(熊本藩支藩)/細川家3万石:細川行真 高瀬藩と共に本藩に従い新政府軍として従軍した宇土藩【幕末維...

【藩名】 宇土藩(熊本藩支藩) 【説明】 宇土藩は熊本藩の支藩で藩庁は宇土(宇土市)に陣屋が置かれた。 正保3年(1646年)熊本藩2代藩主「細川光尚」の従兄弟「行孝(初代忠利の弟・立孝の子)」が宇土郡・下益城郡に3万石を分与された。そして「本町筋南側(新小路町)」の一角に陣屋を構えた。 ※本丸跡 ※小西行長像 江戸期...
熊本藩(肥後藩)/場所・アクセス・地図 細川家54万石:細川護久 藩論が割れたが最後は新政府軍に加わり横井小楠を輩出した熊本藩【幕末維新写真館】

熊本藩(肥後藩)/細川家54万石:細川護久 藩論が割れたが最後は新政府軍に加わり横井小楠を輩出した熊本藩...

【藩名】 熊本藩(肥後藩) 【説明】 熊本藩2代藩主「加藤忠広」は、寛永9年(1632年)駿河大納言事件に連座したとされる罪で改易され出羽国庄内に配流となり、加藤家は断絶した。代わって同年豊前国小倉藩より、「細川忠利」が54万石で入封し、以後廃藩置県まで細川家が藩主として統治した。 忠利は晩年の「宮本武蔵」を迎え入れ、...
福江藩(五島藩)/場所・アクセス・地図 五島家1万5千石:五島盛徳 上洛要請により上京し新政府軍に従った五島藩【幕末維新写真館】

福江藩(五島藩)/五島家1万5千石:五島盛徳 上洛要請により上京し新政府軍に従った五島藩【幕末維新写真館...

【藩名】 福江藩(五島藩) 【説明】 江戸時代初期の慶長8年(1603年)に、初代藩主「五島玄雅(五島純玄の嗣子)」が「徳川家康」に謁し、1万5千余石の所領を認める朱印状を下賜されたことに福江藩が創設される。 嘉永2年(1849年)、幕府より築城の許可を富江藩主「五島盛貫」が受領し、第10代藩主「五島盛成」が着工した。...
島原藩/場所・アクセス・地図 松平家6万5千石:松平忠和 島原の乱を経て幕末には新政府軍に属し秋田や盛岡まで参戦した島原藩【幕末維新写真館】

島原藩/松平家6万5千石:松平忠和 島原の乱を経て幕末には新政府軍に属し秋田や盛岡まで参戦した島原藩【幕...

【藩名】 島原藩 【説明】 島原は戦国時代、有馬氏が治めていた領地である。キリシタン大名の「有馬晴信」は「関ヶ原の戦い」で「徳川家康」率いる東軍に与して本領を安堵された。しかし慶長17年(1612年)、「岡本大八事件(晴信が外国に土地を貸し与えていたことを密告した事件)」により甲斐国都留に幽閉の上、切腹に処された。 し...
佐賀藩/場所・アクセス・地図 鍋島家35万7千石:鍋島直正(閑叟)幕末当時最新鋭の洋式軍を保持し上野戦争や函館五稜郭の戦いに参戦した佐賀藩(肥前藩)【幕末維新写真館】

佐賀藩/鍋島家35万7千石:鍋島直正(閑叟)幕末当時最新鋭の洋式軍を保持し上野戦争や函館五稜郭の戦いに参...

【藩名】 佐賀藩 【説明】 幕末の藩主「鍋島直正」は精錬方という科学技術の研究機関を創設し、鉄鋼、加工技術、大砲、蒸気機関、電信、ガラスなどの研究・開発・生産を行い、佐賀藩(肥前藩)は幕末期における最も近代化された藩の一つとなった。 慶応元年(1865年)には日本最初の実用蒸気船「凌風丸」を進水させ有明海内の要人輸送に...
蓮池藩(佐賀藩支藩)/場所・アクセス・地図 鍋島家5万2千石:鍋島直紀 戊辰戦争では新政府軍に属して秋田戦争に参戦した蓮池藩【幕末維新写真館】

蓮池藩(佐賀藩支藩)/鍋島家5万2千石:鍋島直紀 戊辰戦争では新政府軍に属して秋田戦争に参戦した蓮池藩【...

【藩名】 蓮池藩(佐賀藩支藩) 【説明】 蓮池藩は立藩の時期は諸説ありはっきりしないが、江戸時代初期に初代佐賀藩主「鍋島勝茂」の五男「直澄」が佐賀藩領内の佐嘉郡・神埼郡・杵島郡・松浦郡・藤津郡において5万2000石を与えられたことに始まると伝わる。当初、佐賀城三の丸に政庁を構えたが、後に蓮池に陣屋を構えた。 安政元年(...
小城藩(佐賀藩支藩)/場所・アクセス・地図 鍋島家7万3千石:鍋島直虎 新政府軍に与して秋田戦争まで参戦した小城藩【幕末維新写真館】

小城藩(佐賀藩支藩)/鍋島家7万3千石:鍋島直虎 新政府軍に与して秋田戦争まで参戦した小城藩【幕末維新写...

【藩名】 小城藩 【説明】 小城藩は立藩の時期は諸説ありはっきりしないが、江戸時代初期に初代佐賀藩主「鍋島勝茂」の長男「元茂」が肥前藩領内の佐嘉郡・小城郡・松浦郡において7万3000石を与えられたことに始まると伝わる。元茂は長男であるが勝茂の後添えの正妻(徳川家康の養女・菊姫)の子で四男の忠直が佐賀藩の嫡子となった。し...
平戸藩/場所・アクセス・地図 松浦家6万1700石:松浦詮 鳥羽・伏見の戦い直後に新政府軍に加わった平戸藩【幕末維新写真館】

平戸藩/松浦家6万1700石:松浦詮 鳥羽・伏見の戦い直後に新政府軍に加わった平戸藩【幕末維新写真館】

【藩名】 平戸藩 【説明】 慶長5年(1600年)、「関ヶ原の戦い」で「徳川家康」率いる東軍に与した「松浦鎮信」は6万3千石の所領を安堵され平戸藩が確立した。江戸期を通じて平戸の地を統治し続け、12代「松浦詮」の時代に幕末を迎える。 第二次長州征伐で事実上幕府が敗北すると、藩論は倒幕に傾斜し、慶応4年(1868年)の「...
唐津藩/場所・アクセス・地図 小笠原家6万石:小笠原長行 老中や幕府要職を歴任し函館戦争まで戦った小笠原長行【幕末維新写真館】

唐津藩/小笠原家6万石:小笠原長行 老中や幕府要職を歴任し函館戦争まで戦った小笠原長行【幕末維新写真館】

【藩名】 唐津藩 【説明】 「寺沢広高」は「豊臣秀吉」に仕え、文禄元年(1592年)の文禄の役では肥前名護屋城の普請や後方兵站の責任者を務めて功績を挙げたことにより、秀吉から名護屋を含む上松浦郡一帯およそ8万3000石を与えられ、長崎奉行に任じられた。慶長の役には朝鮮に渡海して活躍している。慶長5年(1600年)の「関...
柳河藩/場所・アクセス・地図 立花家10万9千石:立花鑑寛 戊辰戦争では会津若松まで参戦した柳川藩【幕末維新写真館】

柳河藩/立花家10万9千石:立花鑑寛 戊辰戦争では会津若松まで参戦した柳川藩【幕末維新写真館】

【藩名】 柳河藩 【説明】 柳河を中心とする下筑後地方は、鎌倉時代から戦国時代末期まで蒲池氏の領地であり、戦国時代に入ると蒲池氏を滅ぼした龍造寺氏が支配するようになった。「豊臣秀吉」が九州を平定すると大友氏から独立した「立花宗茂」が柳川城主として13万2千石を領した。しかし、慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で宗...
久留米藩/場所・アクセス・地図 有馬家21万石:有馬頼咸 禁門の変で長州藩兵とともに戦った真木和泉を排出した久留米藩【幕末維新写真館】

久留米藩/有馬家21万石:有馬頼咸 禁門の変で長州藩兵とともに戦った真木和泉を排出した久留米藩【幕末維新...

【藩名】 久留米藩 【説明】 元和6年(1620年)、丹波国福知山藩8万石の大名であった「有馬豊氏」は、13万石の加増を受け久留米21万石の領主として入封した。大幅な加増は「大坂の陣」の功績とされている。久留米は江戸期を通じて有馬氏が統治し続けた。 第11代藩主「有馬頼咸(慶頼)」のもとで久留米藩は幕末期を迎える。藩政...
秋月藩(福岡藩支藩)/場所・アクセス・地図 黒田家5万石:黒田長徳 宗家福岡藩とともに新政府軍に加わった秋月藩【幕末維新写真館】

秋月藩(福岡藩支藩)/黒田家5万石:黒田長徳 宗家福岡藩とともに新政府軍に加わった秋月藩【幕末維新写真館...

【藩名】 秋月藩(福岡藩支藩) 【説明】 秋月藩は福岡藩の支藩で、元和9年(1623年)黒田長政の三男「黒田長興」が福岡藩より5万石を分与され立藩した。藩庁は秋月陣屋(福岡県朝倉市)である。無城大名ではあるが城主格が与えられていた。4代藩主長貞の息女「春姫」は高鍋藩秋月氏に嫁ぎ、その次男は名君として名高い米沢藩主「上杉...
福岡藩/場所・アクセス・地図 黒田家43万3千石:黒田長知 幕末時は親長州藩の立場で早くから新政府側についた福岡藩【幕末維新写真館】

福岡藩/黒田家43万3千石:黒田長知 幕末時は親長州藩の立場で早くから新政府側についた福岡藩【幕末維新写...

【藩名】 福岡藩 【説明】 慶長5年(1600年)、「関ヶ原の戦い」の功により、筑前の一部を領有していた「小早川秀秋」が備前国岡山藩に移封となった。代わって豊前国中津藩主「黒田長政」が同じく関ヶ原の戦功により筑前一国52万3千余石の大封を与えられ福岡藩が成立した。 江戸期を通じて黒田家がこの地を統治し続けた。幕末に入る...
岡藩/場所・アクセス・地図 中川家7万石:中川久昭 駿府城への派兵の遅れより謹慎を命じられた岡藩【幕末維新写真館】

岡藩/中川家7万石:中川久昭 駿府城への派兵の遅れより謹慎を命じられた岡藩【幕末維新写真館】

【藩名】 岡藩 【説明】 織田信長、豊臣秀吉に仕えた「中川清秀」の子で、播磨国三木城主4万石だった「中川秀成」が、文禄3年(594年)に6万6000石で岡城に入封した。その後の慶長3年(1598年)の検地によって大野郡約3万9千石、直入郡約3万石、大分郡の約350石を合わせて約7万石が岡藩の表高となった。秀成は、慶長5...
臼杵藩/場所・アクセス・地図 稲葉家5万石:稲葉久通 豊後国中もっとも遅い上洛だったがいち早く版籍奉還を行った臼杵藩【幕末維新写真館】

臼杵藩/稲葉家5万石:稲葉久通 豊後国中もっとも遅い上洛だったがいち早く版籍奉還を行った臼杵藩【幕末維新...

【藩名】 臼杵藩 【説明】 臼杵には豊臣秀吉の家臣「太田一吉」が6万5000石で入封していた。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で石田三成との関係上西軍に与したために、改易された。その後、「稲葉貞通」が「関ヶ原の戦い」で西軍から東軍に寝返り関ヶ原の本戦にて武功を挙げたことで、美濃国郡上八幡4万石から臼杵5万石に加...
府内藩/場所・アクセス・地図 松平家2万2200石:松平近説 幕府要職にあったため新政府から謹慎を命じられた豊後府内藩【幕末維新写真館】

府内藩/松平家2万2200石:松平近説 幕府要職にあったため新政府から謹慎を命じられた豊後府内藩【幕末維...

【藩名】 府内藩 【説明】 豊後府内は大友氏の居城であったが、「大友吉統」は「文禄の役」で卑怯なる振る舞いをしたとされ、「豊臣秀吉」の怒りを買って改易された。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で豊後高田領主の「竹中重利」は西軍に与して田辺城の戦いに参加したが、後に東軍に寝返ったため「徳川家康」から高田1万石から豊...
高田藩/場所・アクセス・地図 松平家3万2千石:松平英親 杵築藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

高田藩/松平家3万2千石:松平英親 杵築藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 高田藩 【説明】 高田藩は寛永9年(1632年)、「松平重直」が摂津国三田藩より3万7千石にて豊前国竜王(大分県宇佐市安心院町)の竜王城跡地に竜王陣屋を構え入封したことに始まる。当初は竜王藩と称していたが、寛永16年(1639年)高田城に藩庁を移したことにより高田藩となった。 2代「英親」は弟の「重長」に3千...
杵築藩/場所・アクセス・地図 松平家3万2千石:松平親貴 親子で藩論が割れたが新政府軍に従い会津戦争にも加わった杵築藩【幕末維新写真館】

杵築藩/松平家3万2千石:松平親貴 親子で藩論が割れたが新政府軍に従い会津戦争にも加わった杵築藩【幕末維...

【藩名】 杵築藩 【説明】 文禄2年(1593年)、「大友義統」が「豊臣秀吉」の勘気に触れ除封になると杵築城の木付氏も同時に滅びた。後に、杉原長房、早川長政が入封し、次いで「細川忠興」が慶長4年(1599年)、丹後国宮津12万石に加えこの地を領有し、「松井康之」「有吉立行」などを杵築城代として統治させた。 慶長5年(1...
中津藩/場所・アクセス・地図 奥平家10万石:奥平昌邁 福沢諭吉や西南戦争で西郷軍に加わった増田宋太郎を排出した中津藩【幕末維新写真館】

中津藩/奥平家10万石:奥平昌邁 福沢諭吉や西南戦争で西郷軍に加わった増田宋太郎を排出した中津藩【幕末維...

【藩名】 中津藩 【説明】 天正15年(1587年)の「豊臣秀吉」による九州征伐の論功行賞で播磨宍粟山崎から「黒田孝高」が入封し、12万3000石を領有した。その後、「関ヶ原の戦い」で戦功のあった嫡男「長政」が慶長5年(1600年)筑前福岡藩に52万3100石で加増移封された。 黒田長政が福岡へ移封したあとを受けて、同...
86 PV
対馬府中藩(厳原藩)/場所・アクセス・地図 宗家2万石:宗義達 藩内では佐幕・尊皇で混乱を極めたが戊辰戦争では大坂まで兵を進めた対馬藩【幕末維新写真館】

対馬府中藩(厳原藩)/宗家2万石:宗義達 藩内では佐幕・尊皇で混乱を極めたが戊辰戦争では大坂まで兵を進め...

【藩名】 対馬府中藩(厳原藩) 【説明】 天正15年(1587年)、豊臣秀吉の九州平定に際して宗氏は豊臣政権への臣従を決め、本領安堵された。天正18年(1590年)には、当主「宗義智」が従四位下侍従・対馬守に任ぜられている。 江戸時代後期に入ると、周辺海域に欧米の船が出没するようになり、安政5年(1858年)には沿岸の...
中村藩(土佐藩支藩)/場所・アクセス・地図 山内家3万石:山内豊明 病気による若年寄辞職で将軍徳川綱吉の怒りを買い廃藩【幕末維新写真館】

中村藩(土佐藩支藩)/山内家3万石:山内豊明 病気による若年寄辞職で将軍徳川綱吉の怒りを買い廃藩【幕末維...

【藩名】 中村藩(土佐藩支藩) 【説明】 江戸時代初期から中期にかけて3代33年間存在した藩で、明暦2年(1656年)土佐藩2代藩主「山内忠義」の二男「山内忠直」が幡多郡中村(四万十市)3万石を与えられ立藩した。元禄2年(1689年)3代「山内豊明」は若年寄に累進したが病気を理由に辞職。 これが時の将軍「徳川綱吉」の怒...
土佐藩(高知藩)/場所・アクセス・地図 山内家20万2600石:山内豊信(容堂)鳥羽・伏見の戦いから会津戦争など戊辰戦争を戦い抜いた土佐藩【幕末維新写真館】

土佐藩(高知藩)/山内家20万2600石:山内豊信(容堂)鳥羽・伏見の戦いから会津戦争など戊辰戦争を戦い...

【藩名】 土佐藩(高知藩) 【説明】 土佐藩は戦国時代の末期、掛川城主「山内一豊」が「関ヶ原の戦い」の功績により徳川家康から土佐一国を与えられた。前領主だった「長宗我部盛親」は改易とされた。特に藩内の身分が厳しく、旧長宗我部家臣団は郷士扱いとされ、掛川より率いてきた家臣団は上士扱いとされた。郷士は基本的には藩主にお目見...