よく読まれている記事

幕末維新 写真館

松前藩(館藩)/場所・アクセス・地図 松前家1万石:松前修広 正義隊の藩政掌握により新政府軍へ寝返った松前藩【幕末維新写真館】

松前藩(館藩)/松前家1万石:松前修広 正義隊の藩政掌握により新政府軍へ寝返った松前藩【幕末維新写真館】

【藩名】 松前藩(館藩) 【説明】 明治2年(1869年)6月、14代藩主「松前修広」は「版籍奉還」にて館藩知事に任じられた。明治4年(1871年)7月14日には「廃藩置県」で館藩は廃藩となり館県となる。政庁は完成前に旧幕府軍との間で「箱館戦争」が始まったため、移転前と同じ「福山城」にあった。 奥羽越戦争の時点では「奥...
上山藩/松平家3万石:松平信庸【幕末維新写真館】

上山藩/松平家3万石:松平信庸 奥羽越列藩同盟に与して久保田藩を攻めた上山藩【幕末維新写真館】

【藩名】 上山藩 【説明】 上山藩は慶応4年(1868年)、戊辰戦争が始まると「奥羽越列藩同盟」に参加し総督「山村求馬」率いる洋式軍隊を出羽久保田藩に派兵する。しかし、山村求馬は出羽新庄藩の裏切りにより戦死してしまう。その後は庄内藩と合流して久保田城へと進軍した。 また、飛び地であった七日市が長岡の近所であったため北越...
32 PV
新庄藩/戸沢家6万石:戸沢正実【幕末維新写真館】

新庄藩/戸沢家6万石:戸沢正実 戊辰戦争では庄内藩の攻撃で落城した新庄藩【幕末維新写真館】

【藩名】 新庄藩 【説明】 新庄藩は、慶応3年(1867年)の江戸薩摩藩邸焼討に庄内藩・上山藩・出羽松山藩と共に派兵したが、直接「薩摩藩」とは交戦せず、江戸市中の警備を担当した。翌慶応4年(1868年)に勃発した「戊辰戦争」では開戦当初に新政府軍の「奥羽鎮撫軍」が新庄に入ったため、新政府軍と共に庄内藩領内へ攻め込むが、...
本荘藩/場所・アクセス・地図 六郷家2万石:六郷政鑑 奥羽越列藩同盟からいち早く脱退し新政府軍に従った本庄藩【幕末維新写真館】

本荘藩/六郷家2万石:六郷政鑑 奥羽越列藩同盟からいち早く脱退し新政府軍に従った本庄藩【幕末維新写真館】

【藩名】 本荘藩 【説明】 六郷氏は戦国時代には出羽国山本郡六郷を支配する国人領主で、仙北七人衆の一に数えられていた。「六郷政乗」のとき豊臣秀吉の「小田原征伐(北条征伐)」に従軍し、慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」では東軍(徳川家康)に与して小野寺氏を攻撃した。戦後その功績により六郷4500石から、佐竹義宣が移...
久保田藩(秋田藩)/佐竹家20万石:佐竹義堯【幕末維新写真館】

久保田藩(秋田藩)/佐竹家20万石:佐竹義堯 戊辰戦争では新政府軍として奥羽越列藩同盟軍と徹底交戦した久...

【藩名】 久保田藩(秋田藩) 【説明】 明治維新では、当初「奥羽越列藩同盟」に参加していたが、平田篤胤の思想をなぞる尊攘派が形成されていたこともあり、仙台藩の使者を斬った上で途中から「新政府軍」に寝返った。尊攘派の中心は「吉川忠行」忠安親子であり、忠安は雷風義塾に学んでいた。 忠安は『開花策論』において尊皇思想を説き1...
七戸藩(盛岡藩支藩)/南部家1万1千石:南部信民【幕末維新写真館】

七戸藩(盛岡藩支藩)/南部家1万1千石:南部信民 南部藩宗家と共に戊辰戦争を闘ったため減封された七戸藩【...

【藩名】 七戸藩 【説明】 七戸藩は政庁を七戸城(青森県上北郡七戸町)とする盛岡藩の支藩大名である。別名を「盛岡新田藩」と呼ばれている。 「戊辰戦争」においては宗家盛岡藩とともに「奥羽越列藩同盟」に与したことより、明治元年(1868年)(明治元年)1,000石の削減と当時の藩主「南部信民」が隠居することになった。 明治...
常陸宍戸藩(水戸藩支藩)松平家1万:場所・アクセス・地図 松平頼徳 天狗党の乱鎮圧に失敗して切腹 改易された宍戸藩【幕末維新写真館】

常陸宍戸藩(水戸藩支藩)松平家1万石:松平頼徳 天狗党の乱鎮圧に失敗して切腹 改易された宍戸藩【幕末維新...

【藩名】 常陸宍戸藩 【説明】 元々は「秋田実季」が5万石で入封したが陸奥三春藩へ転封のため、水戸藩の支藩として宍戸藩が立藩された。8代藩主「松平頼位」は水戸藩主「徳川斉昭」に同調して、軍事改革などを積極的に行なっている。「天狗党の乱」では、9代藩主「松平頼徳」が幕命により鎮圧に当たったが失敗に終わり、且つ、天狗党に同...
笠間藩(越後国長岡藩支藩)/牧野家8万:場所・アクセス・地図 牧野貞寧 長岡藩とは別行動を取り会津藩攻撃にも加わった笠間藩【幕末維新写真館】

笠間藩(越後国長岡藩支藩)/牧野家8万:牧野貞寧 長岡藩とは別行動を取り会津藩攻撃にも加わった笠間藩【幕...

【藩名】 笠間藩(越後国長岡藩支藩) 【説明】 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの翌年「松平康重」が武蔵騎西藩から3万石で入封して笠間藩を立藩した。慶長13年(1608年)に康重が丹波篠山藩へ移封されると、「小笠原吉次」が下総佐倉藩から入封した。しかし小笠原家は徳川家から付属されている与力の直属家臣化を企てたとして...
勝浦藩/場所・アクセス・地図 大岡家2万石:大岡忠光 武蔵国岩槻藩へ加増転封のため飛地となり廃藩【幕末維新写真館】

勝浦藩/大岡家2万石:大岡忠光 武蔵国岩槻藩へ加増転封のため飛地となり廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 勝浦藩 【説明】 天和2年(1682年)4月、上総・安房・近江・丹波などに所領を持っていた「植村忠朝」は新たに2000石を加増されて1万1000石を領する大名となり、「勝浦藩」を立藩した。植村氏は「本多忠勝」の寄騎で里見氏(館山城)の牽制などで功績を挙げた譜代大名である。 元禄10年(1697年)2月、忠朝の...
百首藩(造海城)/場所・アクセス・地図 松平家1万500石:松平重則 下野皆川へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

百首藩(造海城)/松平家1万500石:松平重則 下野皆川へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 百首藩(別名:造海城) 【説明】 寛永10年(1633年)4月、「松平重則」が4000石を加増され1万500石を領する大名とし列すると「百首藩」を立藩した。しかし、寛永17年(1640年)、所領を下野国「皆川藩」に移封され「百首藩」は廃藩となった。 「松平定信」の「寛政の改革」では海防の整備が百首にて計画され...
新発田城/写真 奥羽越列藩同盟に加わるも途中で新政府軍へ寝返った新発田藩【お城 幕末写真館】

新発田城:奥羽越列藩同盟に加わるも途中で新政府軍へ寝返った溝口氏の新発田藩【お城 幕末写真館】

【城名】 新発田城 【新発田城の説明】 新発田城は溝口家が6万石(のちに10万石)で統治していた城である。幕末時の藩論は勤皇色が強かったが立地的立場から奥羽越列藩同盟に加盟するしかなかった。藩内ではこの加盟に不服のものも多く議論は右往左往した。 さらに城下には旧幕府軍の「衝鋒隊」「会津兵」や、市川三左衛門率いる水戸藩「...
彦根城/写真 長州征伐までは佐幕派を通したが鳥羽伏見の戦い以降新政府軍へ転じた彦根藩【お城 幕末写真館】

彦根城:長州征伐までは佐幕派を通したが鳥羽伏見の戦い以降新政府軍へ転じた彦根藩【お城 幕末写真館】

【城名】 彦根城 【彦根城の説明】 彦根藩の幕末時の藩主はあまりにも有名な大老「井伊直弼」である。直弼は兄「直亮」の急死により藩主となり、幕府継嗣問題に積極的に関わり一橋派を排して紀州藩「徳川家茂」の将軍就任に貢献した。 安政5年(1858年)には「大老」に就き、勅許を得ず「日米修好通商条約」に調印し、さらに反開国派(...
郡上八幡城/写真 江戸藩邸の佐幕派が凌霜隊を結成し旧幕府軍として奮戦した郡上藩【お城 幕末写真館】

郡上八幡城:江戸藩邸の佐幕派が凌霜隊を結成し旧幕府軍として奮戦した郡上藩【お城 幕末写真館】

【お城名】 郡上八幡城 【郡上八幡城の説明】 幕末時の郡上藩は青山家が治める領地で2万4千石という小藩であった。戊辰戦争が勃発すると領内は尊皇へと傾き、一方江戸藩邸ではあくまで佐幕派と貫こうと言う一派があった。 ※白虎隊の悲劇 飯盛山に建立する凌霜隊を弔う石碑 江戸家老「朝比奈藤兵衛」は子息「朝比奈茂吉」に一隊を組織さ...
磐城平城/写真 老中安藤信正を排出し奥羽越列藩同盟へ加盟後は新政府軍へ徹底抗戦した平藩【お城 幕末写真館】

磐城平城:老中安藤信正を排出し奥羽越列藩同盟へ加盟後は新政府軍へ徹底抗戦した平藩【お城 幕末写真館】

【城名】 岩城平城 【岩城平城の説明】 磐城地方は戦国時代には「岩城常隆」が統治していた地域だが、豊臣秀吉の北条征伐に参戦しなかったためこの地域の多くの大名が改易となった。その後、徳川幕府は仙台伊達家への抑えとして磐城地方に譜代大名を配置した。 この中の一つが磐城平藩安藤家である。幕末の当主「安藤信正」は井伊直弼が斃れ...
水戸城/写真 徳川御三家の一つで幕末では天狗党の乱で混迷を極めた水戸藩【お城 幕末写真館】

水戸城:徳川御三家の一つで幕末では天狗党の乱で混迷を極めた水戸藩【お城 幕末写真館】

【城名】 水戸城 【水戸城の説明】 水戸城は現在の茨城県水戸市三の丸にあった徳川御三家の城である。戦国時代には馬場氏、江戸氏が治めていたが、関ヶ原の戦い後に「佐竹義重・義宣」親子がこの城を奪取した。それまで馬場城と呼ばれていたがこの時から「水戸城」へと変名された。 幕末になると水戸藩主「徳川斉昭」が幕政に乗り出し、尊皇...
泉藩陣屋(泉城)/写真 奥羽越列藩同盟へ加盟し新政府軍と干戈を交え降伏・開城した泉藩【お城 幕末写真館】

泉藩陣屋(泉城):奥羽越列藩同盟へ加盟し新政府軍と干戈を交え降伏・開城した泉藩【お城 幕末写真館】

【城名】 泉藩陣屋 【泉藩陣屋の説明】 泉藩陣屋(泉藩)は現在の福島県いわき市泉にあった陣屋跡である。幕末時の泉藩主は「本多忠紀」で徳川譜代大名であった。泉藩は「奥羽越列藩同盟」へ加わり「白河小峰城」の戦いを発端に各地へ兵を出した。 泉藩兵は旧式装備の上、小藩の悲しい定め、まわりの大藩に従うしか選択肢がなかった。白河小...
仙台城(青葉城)/写真 戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の盟主に担がれた仙台藩【お城 幕末写真館】

仙台城(青葉城):戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の盟主に担がれた仙台藩【お城 幕末写真館】

【城名】 仙台城(青葉城) 【仙台城(青葉城)の説明】 幕末の仙台藩は江戸時代の長い泰平に慣れてしまっていた感があり、情報の収集や諜報機関などがあまり機能していなかった。「鳥羽伏見の戦い」が勃発しても徳川幕府の勝利を疑わず特に何の反応も示さなかった。 大藩だけに貧しい下級武士の台頭もなく、長年のしきたり通り大身の重臣ら...
越前高田城/写真 徳川譜代大名榊原氏の居城で上越戦争の官軍拠点となった高田藩【お城 幕末写真館】

越前高田城:徳川譜代大名榊原氏の居城で上越戦争の官軍拠点となった高田藩【お城 幕末写真館】

【城名】 越前高田城(高田藩) 【高田城越前高田城(高田藩)の説明】 越前高田の地には加賀前田家の抑えや、もと上杉領だった越後を安泰させる意味も込めて徳川一族の「松平忠輝」が城主に任命された。しかし、忠輝は徳川一門にもかかわらず所業不届き等により改易となる。 その後高田城主は次々と変わり、幕末の当主は徳川譜代大名の「榊...
久保田城/写真 佐竹氏の居城で幕末では奥羽越列藩同盟からいち早く脱退し新政府軍へ寝返った秋田藩【お城 幕末写真館】

久保田城:佐竹氏の居城で幕末では奥羽越列藩同盟からいち早く脱退し新政府軍へ寝返った秋田藩【お城 幕末写真...

【城名】 久保田城 【久保田城の説明】 秋田藩は関ヶ原の戦いの2年後に「佐竹義宣」が徳川家康から突如国替え(常陸国より)を命じられたことに始まる。義宣の父「佐竹義重」は徳川家康とは昵懇の仲であったが、嫡男で当主の義宣に采配の一切を任せた。 幕末の秋田藩では「平田篤胤」の勤皇思想(尊皇思想)が根付いており、この思想の系統...
三春城:棚倉藩の落城後 河野広中の運動により新政府軍へと寝返った三春藩【お城 幕末写真館】

三春城:棚倉藩の落城後 河野広中の運動により新政府軍へと寝返った三春藩【お城 幕末写真館】

【城名】 三春城(舞鶴城) 【三春城(舞鶴城)の説明】 三春城は三春藩の藩庁があった城で、幕末時は「秋田氏」が5万5千石にて統治していた。幕末の戊辰戦争(奥羽戦争)では当初「奥羽越列藩同盟」に加わっていたが、隣藩の「棚倉藩(棚倉城)」が落城すると「河野広中」の尽力により奥羽越列藩同盟から脱退しひそかに「板垣退助」率いる...
請西藩陣屋(真武根陣屋):藩主の林忠崇自ら遊撃隊として戊辰戦争に参加した請西藩陣屋跡【史跡 幕末写真館】

請西藩陣屋(真武根陣屋):藩主の林忠崇自ら遊撃隊として戊辰戦争に参加した請西藩陣屋跡【史跡 幕末写真館】

【史跡名】 請西藩陣屋(真武根陣屋) 【史跡の説明】 請西藩陣屋(真武根陣屋)真武根陣屋は現在の千葉県木更津市にあった1万石(林家)の陣屋跡である。林家は「徳川家斉」が11代将軍に就任した時に、時の当主「林忠英」が小姓として出仕したことに発する家である。忠英は将軍の寵臣となり「側用人」や「若年寄」などを歴任し徐々に立身...
天童城(天童藩陣屋)/写真 いち早く新政府軍に従ったことで不運を招いた吉田大八【お城 幕末写真館】

天童城(天童藩陣屋):いち早く新政府軍に従ったことで不運を招いた吉田大八【お城 幕末写真館】

【城名】 天童城(天童藩陣屋) 【天童城(天童藩陣屋)の説明】 天童城は戦国時代の初頭に最上氏の一族「里見氏」が初代とされており、今の天童市に拠点を構えた。以降、天童氏を名乗ることになった。「最上義光」が本家の当主になると天童城は攻撃にさらされ、ついに落城し最上領に組み込まれた。 落城後は廃城となっていたが、天保元年(...
館城/写真 松前藩により築城されて旧幕府軍によって攻略された館城【お城 幕末写真館】

館城:松前藩により築城され旧幕府軍によって攻略された館城【お城 幕末写真館】

【城名】 館城 【館城の説明】 館城は明治元年(1968年)に旧幕府軍の襲来に備えるため、松前藩が築いた城である。従来の本城である松前城(福山城)は海から近く、軍艦からの攻撃にさらされる危険が大きいこと、内陸部を開拓して海に依存しない藩政を目論んだとも言われている。 同年、五稜郭を攻略した旧幕府軍は蝦夷地を制圧するため...
岩崎弥太郎,写真,土佐藩,郷士,亀山社中,三菱財閥,実業家,人物,幕末,写真館

岩崎弥太郎:土佐藩の郷士にして亀山社中を経て三菱財閥を築いた実業家【人物 幕末写真館】

【人物】 岩崎弥太郎 【岩崎弥太郎説明】 岩崎弥太郎は土佐藩領安芸の貧しい地下浪人の出で藩の執政「吉田東洋」に師事した。東洋が暗殺されると、その後は同じ門下の「後藤象二郎」にその才能を見込まれて長崎にある亀山社中(海援隊)の会計係を務めた。 亀山社中は土佐藩を脱藩した「坂本龍馬」が脱藩浪士や商人らを集め結成した日本初の...
練兵館跡/写真 江戸三大道場の一つ神道無念流 斎藤弥九郎の練兵館【史跡 幕末維新写真館】

練兵館跡:江戸三大道場の一つ神道無念流 斎藤弥九郎の練兵館【史跡 幕末維新写真館】

【史跡名】 練兵館跡 【練兵館跡の説明】 幕末の江戸三大道場の一つ「練兵館(れんぺいかん)」は、「玄武館」「士学館」と並んで最も栄えた剣術道場であった。創始者は「神道無念流」を完成させた「斎藤弥九郎」という。 ちなみに、江戸の三大道場と言えば、「技の千葉」「位の桃井」「力の斎藤」と称され、それぞれ内訳は以下の通りである...
白河小峰城/写真 新政府軍と奥羽越列藩同盟軍で激しい戦闘が行われた白河小峰城【お城 幕末写真館】

白河小峰城:新政府軍と奥羽越列藩同盟軍で激しい戦闘が行われた白河小峰城【お城 幕末写真館】

【城名】 白河小峰城 【白河小峰城の説明】 幕末時の「白河小峰城」は天領となっており、二本松藩が城を管理し預かっていた。慶応4年(1868年)6月、新政府軍は奥羽の関門と言われた白河口を突破しようと軍を進めた。 一方、これを迎え撃つ「奥羽越列藩同盟軍」は白河城に「仙台藩」「会津藩」「旧幕府歩兵隊」「米沢藩」「棚倉藩」な...
宮古湾海戦の碑/写真 旧幕府海軍の回天丸が甲鉄艦を奪取しようと挑んだアボルダージュ作戦【史跡 幕末写真館】

宮古湾海戦の碑:旧幕府海軍の回天丸が甲鉄艦を奪取しようと挑んだアボルダージュ作戦【史跡 幕末写真館】

【史跡名】 宮古湾海戦の碑 【宮古湾海戦の碑の説明】 宮古湾海戦は、箱館戦争における海戦のひとつで現在の岩手県宮古市の宮古湾沖で発生した。開陽丸を江差沖の座礁で失った旧幕府軍は、明治2年(1869年)5月6日、劣っている海軍力の回復のため宮古湾に停泊している新政府軍最強の軍艦「甲鉄艦」を奪取するため、斬り込み攻撃を実行...