よく読まれている記事

1万石

Tagged
鹿野藩/場所・アクセス・地図 池田家1万石:池田政直 播磨国福本へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

鹿野藩/池田家1万石:池田政直 播磨国福本へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 鹿野藩 【説明】 天正10年(1582年)、尼子氏の遺臣「亀井茲矩」が「豊臣秀吉」に1万3500石を与えられ鹿野城主となりこの地を治めた。慶長5年(1600年)、茲矩は「関ヶ原の戦い」にて徳川家康率いる東軍についたため2万4500石を加増され、3万8000石を領する。2代藩主「政矩」はさらに5000石を加え、...
狭山藩/場所・アクセス・地図 北条家1万石:北条氏恭 天誅組の乱に出兵したが早々に新政府軍に従った北条早雲の末裔 狭山藩【幕末維新写真館】

狭山藩/北条家1万石:北条氏恭 天誅組の乱に出兵したが早々に新政府軍に従った北条早雲の末裔 狭山藩【幕末...

【藩名】 狭山藩 【説明】 第5代当主「北条氏直」は「徳川家康」の娘婿であり、北条氏規(北条氏康の五男)は「北条征伐」の和平に尽力し、豊臣秀吉とも会見していたという経緯から特別に許され、高野山での蟄居を命じられた。天正19年(1591年)、氏直は嗣子無くして30歳の若さで死去した。このため、北条氏の嫡流は断絶したが、氏...
柳生藩/場所・アクセス・地図 柳生家1万石:柳生俊益 初代柳生宗矩から将軍の剣術指南役を務め幕末を迎えた柳生藩【幕末維新写真館】

柳生藩/柳生家1万石:柳生俊益 初代柳生宗矩から将軍の剣術指南役を務め幕末を迎えた柳生藩【幕末維新写真館...

【藩名】 柳生藩 【説明】 柳生藩の初代藩主ある「柳生宗矩」の死後、1万2500石の所領は長男の「柳生三厳(十兵衛)」に8300石、三男の「柳生宗冬」に4000石、四男の六丸(列堂義仙)に200石、と分知されたため柳生家は大名から旗本となった。柳生十兵衛(三巌)の死後、柳生宗冬がその家督と遺領を引き継ぎ(4000石は幕...
興国寺藩/場所・アクセス・地図 天野家1万石:天野康景 藩内の軽卒をかばったため本多正信により改易され廃藩【幕末維新写真館】

興国寺藩/天野家1万石:天野康景 藩内の軽卒をかばったため本多正信により改易され廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 興国寺藩 【説明】 豊臣秀吉の北条征伐により、徳川家康が関東に移ると豊臣家三中老の「中村一氏」が駿府城主として駿河14万5000石を領し、興国寺城には家臣の「河毛宗左衛門」が入った。慶長5年(1600年)、「関ヶ原の戦い」直前に一氏は死去し、後を子の「中村一忠」が継いだ。一忠は東軍に与して戦功を挙げたため、戦...
敦賀藩(小浜藩支藩)/場所・アクセス・地図 酒井家1万石:酒井忠経 本家小浜藩と違い一貫して新政府軍に与した敦賀藩【幕末維新写真館】

敦賀藩(小浜藩支藩)/酒井家1万石:酒井忠経 本家小浜藩と違い一貫して新政府軍に与した敦賀藩【幕末維新写...

【藩名】 敦賀藩(小浜藩支藩) 【説明】 敦賀藩は天和2年(1682年)、小浜藩の第2代藩主「酒井忠直」の次男の「酒井忠稠」が父の遺領のうち越前敦賀郡・近江高島郡において1万石を分与されたことに始まる藩である。 幕末時の「戊辰戦争」においては、本家の小浜藩は当初旧幕府軍に属していたが、支藩である敦賀藩は一貫して新政府側...
松前藩(館藩)/場所・アクセス・地図 松前家1万石:松前修広 正義隊の藩政掌握により新政府軍へ寝返った松前藩【幕末維新写真館】

松前藩(館藩)/松前家1万石:松前修広 正義隊の藩政掌握により新政府軍へ寝返った松前藩【幕末維新写真館】

【藩名】 松前藩(館藩) 【説明】 明治2年(1869年)6月、14代藩主「松前修広」は「版籍奉還」にて館藩知事に任じられた。明治4年(1871年)7月14日には「廃藩置県」で館藩は廃藩となり館県となる。政庁は完成前に旧幕府軍との間で「箱館戦争」が始まったため、移転前と同じ「福山城」にあった。 奥羽越戦争の時点では「奥...
常陸宍戸藩(水戸藩支藩)松平家1万:場所・アクセス・地図 松平頼徳 天狗党の乱鎮圧に失敗して切腹 改易された宍戸藩【幕末維新写真館】

常陸宍戸藩(水戸藩支藩)松平家1万石:松平頼徳 天狗党の乱鎮圧に失敗して切腹 改易された宍戸藩【幕末維新...

【藩名】 常陸宍戸藩 【説明】 元々は「秋田実季」が5万石で入封したが陸奥三春藩へ転封のため、水戸藩の支藩として宍戸藩が立藩された。8代藩主「松平頼位」は水戸藩主「徳川斉昭」に同調して、軍事改革などを積極的に行なっている。「天狗党の乱」では、9代藩主「松平頼徳」が幕命により鎮圧に当たったが失敗に終わり、且つ、天狗党に同...
三池藩/立花家1万石:立花種恭 下手渡領は奥羽越列藩同盟に加盟し三池領は新政府に帰順した三池藩【幕末維新写真館】

三池藩/立花家1万石:立花種恭 下手渡領は奥羽越列藩同盟に加盟し三池領は新政府に帰順した三池藩【幕末維新...

【藩名】 三池藩 【説明】 「立花宗茂」の弟「高橋直次」は慶長19年(1614年)、常陸国筑波郡に5千石を与えられ旗本となった。その長男「立花種次」は元和7年(1621年)、旧領地であった筑後国三池郡に5000石を加増の上で1万石となり三池に移り三池藩が立藩された。第4代藩主「立花貫長」の時代、元文3年(1738年)に...
松崎藩(久留米藩支藩)/有馬家1万石:有馬豊祐 親族の窪田藩主土方雄隆継嗣問題に巻き込まれて廃藩【幕末維新写真館】

松崎藩(久留米藩支藩)/有馬家1万石:有馬豊祐 親族の窪田藩主土方雄隆継嗣問題に巻き込まれて廃藩【幕末維...

【藩名】 松崎藩(久留米藩支藩) 【説明】 松崎藩は江戸時代前期に存在した久留米藩の支藩である。藩庁は筑後国御原郡松崎(福岡県小郡市松崎)の松崎陣屋に置かれていた。寛文8年(1668年)、久留米藩第3代藩主「有馬頼利」の遺領から、有馬豊祐(久留米藩第2代藩主忠頼の養子)に御原郡内1万石が分与されて立藩した。 豊祐は松崎...
千束藩(小倉藩支藩)/小笠原家1万石:小笠原貞正 小倉藩宗家とともに長州藩と戦うも惨敗し熊本藩領まで逃れた千束藩【幕末維新写真館】

千束藩(小倉藩支藩)/小笠原家1万石:小笠原貞正 小倉藩宗家とともに長州藩と戦うも惨敗し熊本藩領まで逃れ...

【藩名】 千束藩(小倉藩支藩) 【説明】 千束藩は小倉藩の支藩で当初は小倉新田藩と称した。寛文7年(1667年)、小倉藩2代藩主「小笠原忠雄」の藩主就任時、弟の真方が1万石を領内に分与されて立藩した。藩主は参勤交代を行わない江戸定府の大名であった。明治2年(1869年)に陣屋を千束(豊前市)へ構え千束藩と改称した。 文...