よく読まれている記事

5万石

Tagged
秋月藩(福岡藩支藩)/場所・アクセス・地図 黒田家5万石:黒田長徳 宗家福岡藩とともに新政府軍に加わった秋月藩【幕末維新写真館】

秋月藩(福岡藩支藩)/黒田家5万石:黒田長徳 宗家福岡藩とともに新政府軍に加わった秋月藩【幕末維新写真館...

【藩名】 秋月藩(福岡藩支藩) 【説明】 秋月藩は福岡藩の支藩で、元和9年(1623年)黒田長政の三男「黒田長興」が福岡藩より5万石を分与され立藩した。藩庁は秋月陣屋(福岡県朝倉市)である。無城大名ではあるが城主格が与えられていた。4代藩主長貞の息女「春姫」は高鍋藩秋月氏に嫁ぎ、その次男は名君として名高い米沢藩主「上杉...
臼杵藩/場所・アクセス・地図 稲葉家5万石:稲葉久通 豊後国中もっとも遅い上洛だったがいち早く版籍奉還を行った臼杵藩【幕末維新写真館】

臼杵藩/稲葉家5万石:稲葉久通 豊後国中もっとも遅い上洛だったがいち早く版籍奉還を行った臼杵藩【幕末維新...

【藩名】 臼杵藩 【説明】 臼杵には豊臣秀吉の家臣「太田一吉」が6万5000石で入封していた。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で石田三成との関係上西軍に与したために、改易された。その後、「稲葉貞通」が「関ヶ原の戦い」で西軍から東軍に寝返り関ヶ原の本戦にて武功を挙げたことで、美濃国郡上八幡4万石から臼杵5万石に加...
備中松山藩/場所・アクセス・地図 板倉家5万石:板倉勝静 老中主座を務めた藩主自ら函館五稜郭まで転戦した備中松山藩【幕末維新写真館】

備中松山藩/板倉家5万石:板倉勝静 老中主座を務めた藩主自ら函館五稜郭まで転戦した備中松山藩【幕末維新写...

【藩名】 備中松山藩 【説明】 元禄8年(1695年)、上野国高崎藩より「安藤重博」が6万5千石で入封する。子の信友は寺社奉行に任ぜられ、正徳元年(1711年)、美濃国加納藩に転封となった。同年、代わって山城国淀藩より「石川総慶」が6万石にて入封する。しかし、延享元年(1744年)、伊勢国亀山藩に転封となった。 同時に...
八上藩/場所・アクセス・地図 松平家5万石:松平康重 丹波篠山城へ拠点を移したため廃藩【幕末維新写真館】

八上藩/松平家5万石:松平康重 丹波篠山城へ拠点を移したため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 八上藩 【説明】 八上城は戦国期に織田家重臣「明智光秀」と「波多野秀治」率いる波多野一族との間で攻防戦があったことで有名である。豊臣秀吉の時代になると五奉行を務める「前田玄以」がこの地を拝領した。ほどなく嫡男である「前田茂勝」が当主を務めることになる。 「前田茂勝」は「織田信忠」に仕え、豊臣秀吉のもとで五奉行...
伏見藩/場所・アクセス・地図 内藤家5万石:内藤信正 内藤氏が大坂城代となったため廃城とされ廃藩【幕末維新写真館】

伏見藩/内藤家5万石:内藤信正 内藤氏が大坂城代となったため廃城とされ廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 伏見藩 【説明】 関ヶ原の戦いの後、徳川家康は豊臣秀頼への牽制と畿内支配の拠点から、焼失した伏見城の再建に乗り出した。そして慶長8年(1603年)、家康は伏見城にて将軍宣下を受け江戸幕府を開いた。その後、慶長12年(1607年)に駿府城を正式に居城とするまで、家康はこの伏見城を拠点としている。 家康が駿府に移...
丸岡藩/場所・アクセス・地図 有馬家5万石:有馬道純 いち早く新政府軍に恭順して家名を保った丸岡藩【幕末維新写真館】

丸岡藩/有馬家5万石:有馬道純 いち早く新政府軍に恭順して家名を保った丸岡藩【幕末維新写真館】

【藩名】 丸岡藩 【説明】 丸岡城は戦国時代には「織田信長」の武将「柴田勝家」の養子「柴田勝豊」が治めていた。元禄8年(1695年)に譜代大名の本多家が幕命により改易されると、代わって戦国時代にキリシタン大名で有名だった「有馬晴信」の曾孫「有馬清純」が越後糸魚川藩から5万石で入封する。 第2代藩主「有馬一準」の時代にな...
長府藩(長州藩支藩)/毛利家5万石:毛利元敏 下関戦争や戊辰戦争を本藩と共に戦った長府藩【幕末維新写真館】

長府藩(長州藩支藩)/毛利家5万石:毛利元敏 下関戦争や戊辰戦争を本藩と共に戦った長府藩【幕末維新写真館...

【藩名】 長府藩(長州藩支藩) 【説明】 「関ヶ原の戦い」の後に「毛利輝元」が112万石から周防・長門の2か国29万8千石に減封された際に、輝元は東の守りとして岩国に「吉川広家」を置き、西の守りとして改めて長門国豊浦郡(山口県下関市)に毛利秀元を配置し長府藩5万石を立藩した。 幕末には本家長州藩が、下関を直轄領にしよう...
三次藩(広島藩支藩)/浅野家5万石:浅野長寔 幼年で没したため継嗣断絶し廃藩【幕末維新写真館】

三次藩(広島藩支藩)/浅野家5万石:浅野長寔 幼年で没したため継嗣断絶し廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 三次藩(広島藩支藩) 【説明】 三次藩は、江戸時代中期まで備後北部を領有した藩である。藩庁として三次に「三次城」が置かれ、知行高は5万石。寛永9年(1632年)、初代広島藩主「浅野長晟」の庶子で長男の「長治」が三次郡・恵蘇郡を与えられ立藩した。 享保4年(1719年)4月、4代「長経」が13歳で没したため広島...
黒坂藩/関家5万石:関一政 家中の内紛により改易・廃藩【幕末維新写真館】

黒坂藩/関家5万石:関一政 家中の内紛により改易・廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 黒坂藩 【説明】 慶長14年(1609年)に「中村一忠」が死去して中村氏が改易されると、伯耆国には諸大名が分散されて配置されることになる。そして翌年、伊勢亀山藩から「関一政」が2万石加増の上の5万石で黒坂藩に入り黒坂藩が立藩された。 一政は築城や城下町建設で尽力し藩政の確立に努め、大坂の陣においても戦功を挙げ...
朝日山藩/場所・アクセス・地図 水野家5万石:水野忠弘 奥羽越列藩同盟で敗れた山形藩が移封されて立藩した朝日山藩【幕末維新写真館】

朝日山藩/水野家5万石:水野忠弘 奥羽越列藩同盟で敗れた山形藩が移封されて立藩した朝日山藩【幕末維新写真...

【藩名】 朝日山藩 【説明】 朝日山藩は現在の滋賀県長浜市に存在した藩である。明治3年7月17日(1870年8月13日)から明治4年7月14日(1871年8月29日)の「廃藩置県」までの約1年間存在した。奥羽越列藩同盟に与して新政府軍に敗れた山形藩主「水野忠弘」が同じ5万石をもってここに移封された。 朝日山藩は明治4年...