よく読まれている記事

2万8千石

Tagged
川之江藩/場所・アクセス・地図 一柳家2万8千石:一柳直家 病死のため末期養子を届けるも所領を没収された川之江藩【幕末維新写真館】

川之江藩/一柳家2万8千石:一柳直家 病死のため末期養子を届けるも所領を没収された川之江藩【幕末維新写真...

【藩名】 川之江藩 【説明】 寛永13年(1636年)、伊勢国神戸藩主「一柳直盛」は伊予国西条藩6万8千石に加増転封を受けた。しかし、采地に赴く途中、大坂で没してしまう。直盛の遺領は三人の男子によって分割され、西条藩は長男「直重」が3万石で継ぎ、三男の「直頼」は伊予国小松で1万石を分与された。 次男の直家は、既に領して...
鶴田藩/松平家2万8千石:松平武聰 旧浜田藩主松平武聰が長州藩に追われ飛地まで撤退して立藩【幕末維新写真館】

鶴田藩/松平家2万8千石:松平武聰 旧浜田藩主松平武聰が長州藩に追われ飛地まで撤退して立藩【幕末維新写真...

【藩名】 鶴田藩 【説明】 鶴田藩は幕末から明治初頭まで存在した藩で藩庁は鶴田陣屋に置かれた。慶応2年(1866年)の第二次長州征伐の際、長州藩の「大村益次郎」引きいる南園隊を中心とした長州軍に完敗して松江城に逃れた浜田藩主「松平武聰」は、浜田藩の飛び地であった美作国久米北条郡鶴田まで落ち延び、幕府より蔵米2万石を支給...
宇陀松山藩/織田家2万8千石:織田信休 丹波柏原藩へ減移封のため廃藩【幕末維新写真館】

宇陀松山藩/織田家2万8千石:織田信休 丹波柏原藩へ減移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 宇陀松山藩 【説明】 宇陀松山藩は「関ヶ原の戦い」の功績により「福島高晴」が3万石余で伊勢国長島から加増転封されて立藩した。高晴は「大坂夏の陣」で豊臣氏に内通した嫌疑をかけられて改易され、その後「織田信雄」が大和国と上野国にて5万石を与えられて入封した。その際「織田信長」の家系という理由で国主格を与えられた。...
重原藩/板倉家2万8千石:板倉勝達 奥羽越列藩同盟に加盟したため減封の上三河国へ移封となり重原藩を立藩【幕末維新写真館】

重原藩/板倉家2万8千石:板倉勝達 奥羽越列藩同盟に加盟したため減封の上三河国へ移封となり重原藩を立藩【...

【藩名】 重原藩 【説明】 重原藩領は元々刈谷藩の領内だったが、寛政2年(1790年)、刈谷藩第3代藩主「土井利制」の時代に「寛政一揆」が発生した。この責任を取らされて1万3000石を陸奥福島藩との間で領地替えという珍しい処罰を課せられた。 福島藩主「板倉勝尚」は「戊辰戦争」で「奥羽越列藩同盟」に加盟し新政府に反抗した...
榎本藩/場所・アクセス・地図 本多家2万8千石:本多犬千代 5歳にして夭折により改易廃藩【幕末維新写真館】

榎本藩/本多家2万8千石:本多犬千代 5歳にして夭折により改易廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 榎本藩 【説明】 寛永8年(1631年)12月、「本多忠純」は46歳で死去し、跡を養嗣子の「本多政遂」が継いだ。政遂は寛永15年(1638年)7月、26歳で早世するとその跡を本「多犬千代」が継いだが、犬千代は寛永17年(1640年)5月、5歳にして夭折した。 当然、嗣子がいるはずもなく本多家は無嗣断絶で改易と...