よく読まれている記事

2万5千石

Tagged
金山藩/場所・アクセス・地図 松平家2万5千石:松平忠頼 遠州浜松藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

金山藩/松平家2万5千石:松平忠頼 遠州浜松藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 金山藩 【説明】 天正10年(1582年)3月の「甲州討伐」で武功を挙げたため、「鬼武蔵」と称された「森長可」は金山と北信濃4郡、あわせて20万9700石を与えられた。同年6月、信長が「本能寺の変」にて明智光秀により討たれると上杉氏や武田氏遺臣による反乱を恐れて北信濃を放棄し金山に戻り、以後は「羽柴秀吉」の家...
横須賀藩 /場所・アクセス・地図 西尾家2万5千石:西尾忠篤 譜代大名として佐幕派・尊皇派に分裂したが戊辰戦争時は尊皇で統一した横須賀藩【幕末維新写真館】

横須賀藩 /西尾家2万5千石:西尾忠篤 譜代大名として佐幕派・尊皇派に分裂したが戊辰戦争時は尊皇で統一し...

【藩名】 横須賀藩 【説明】 天和2年(1682年)、「本多利長」は江戸城にて罪状を読み上げられた上で横須賀藩を改易された。利長が改易されると信濃小諸藩より「西尾忠成」が2万5000石で入封した。幕末になると西尾氏は譜代の名門大名であることから佐幕派と尊皇派に分裂して抗争が続いた。 戊辰戦争が始まると尾張藩の説得を受け...
木本藩/松平家2万5千石:松平直良 越前勝山藩へ加増転封となったため廃藩【幕末維新写真館】

木本藩/松平家2万5千石:松平直良 越前勝山藩へ加増転封となったため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 木本藩 【説明】 元和9年(1623年)に越前福井藩主「松平忠直(結城秀康の子)」が改易された翌年、その弟である「松平忠昌」が福井藩主となる。このとき、忠直の弟たちに所領が分与されて「勝山藩」「大野藩」「丸岡藩」が成立した。木本藩も同じ時期に立藩され、忠直の弟「松平直良」が2万5千石を分与されて成立した藩であ...
吉江藩/松平家2万5千石:松平昌明 昌明が福井藩本家を継ぐことで廃藩【幕末維新写真館】

吉江藩/松平家2万5千石:松平昌明 昌明が福井藩本家を継ぐことで廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 吉江藩 【説明】 正保2年(1645年)、結城秀康の子で第3代福井藩主の「松平忠昌」が死去し「松平光通」が跡を継いだ。このとき、光通は異母兄の「松平昌勝」に松岡藩5万石を分与し、同じく異母弟の「松平昌親」に吉江藩2万5千石を分与した。 延宝2年(1674年)に福井藩主であった兄「松平光通」が死去すると、その遺...
玉縄藩/場所・アクセス・地図松平家2万5千石:松平正久 上総国大多喜藩へ転封のため廃藩【幕末維新写真館】

玉縄藩/松平家2万5千石:松平正久 上総国大多喜藩へ転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 玉縄藩 【説明】 玉縄城は小田原北条氏の支城であったが、天正18年(1590年)の豊臣秀吉の「小田原征伐」で落城する。 「徳川家康」が関東に入封し、家康の参謀「本多正信」の所領となったが、正信は家康の側近中の側近であるにもかかわらず、石高はわずか1万石に過ぎなかったと言われている。 側近中の側近であるゆえに低...
常陸松岡藩(水戸藩支藩)中山家2万5千石:中山信徴 幕末時は水戸藩宗家より独立した松岡藩【幕末維新写真館】

常陸松岡藩(水戸藩支藩)中山家2万5千石:中山信徴 幕末時は水戸藩宗家より独立した松岡藩【幕末維新写真館...

【藩名】 常陸松岡藩 【説明】 江戸時代初期に戸沢氏が常陸松岡に4万石で入封し、約20年間統治した。戸沢氏が転封になると松岡周辺は水戸領となり、水戸藩附家老中山家が居館を築いた。第10代藩主「中山信敬」は水戸藩主「徳川治保」の弟だったため水戸藩宗家一門に列し中山氏の地位向上に努めた。 同時に城下町の整備なども行なわれた...
出羽松山藩(庄内藩支藩)/酒井家2万5千石:酒井忠良【幕末維新写真館】

出羽松山藩(庄内藩支藩)/酒井家2万5千石:酒井忠良【幕末維新写真館】

【藩名】 出羽松山藩(庄内藩支藩) 【説明】 庄内藩初代藩主・酒井忠勝の三男・忠恒が、正保4年(1647年)庄内藩領のうち新田など2万石を分与されたことに始まる。3代・忠休は奏者番を経て若年寄に累進した。このため5,000石を加増され、更に城を構えることを許され、以後、藩庁は松山城となった。しかしながら、幕閣に参与した...