よく読まれている記事

1万8千石

Tagged
丹波亀山藩/場所・アクセス・地図 松平家1万8千石:松平信正 戊辰戦争では新政府の山陰鎮撫使に降伏しその後新政府軍に従った亀山藩【幕末維新写真館】

丹波亀山藩/松平家1万8千石:松平信正 戊辰戦争では新政府の山陰鎮撫使に降伏しその後新政府軍に従った亀山...

【藩名】 丹波亀山藩 【説明】 慶長14年(1609年)、徳川氏譜代の家臣である「岡部長盛」が下総山崎藩から移封され丹波亀山藩が再度立藩された。長盛が亀山藩に入ったのは、大坂城の「豊臣秀頼」への抑えの役割もあった。岡部時代に亀山城下町の原型が出来上がったとされ、慶長15年(1610年)、徳川幕府は西国大名を総動員して亀...
小諸藩(越後国長岡藩支藩)/場所・アクセス・地図 牧野家1万8千石:牧野康済 赤報隊と戦闘し新政府に罰せられた小諸藩【幕末維新写真館】

小諸藩(越後国長岡藩支藩)/牧野家1万5千石:牧野康済 赤報隊と戦闘し新政府に罰せられた小諸藩【幕末維新...

【藩名】 小諸藩(越後国長岡藩支藩) 【説明】 元禄15年(1702年)に越後国与板藩より「牧野康重」が1万5千石で入封する。慶応2年(1866年)、幕末最後の藩主となった「牧野康済」の時に「小諸騒動」が起こる。このときは本家長岡藩家老の「河井継之助」の調停によって解決している。 慶応4年(1868年)、康済は信濃追分...
新見藩/関家1万8千石:関長克 岡山藩と共に備中松山藩征伐に赴いた新見藩【幕末維新写真館】

新見藩/関家1万8千石:関長克 岡山藩と共に備中松山藩征伐に赴いた新見藩【幕末維新写真館】

【藩名】 新見藩 【説明】 元禄10年(1697年)、宗家の美作津山藩森家の廃藩に伴い、親族である「関長治」が美作宮川藩より移り新見藩を立藩した。初代藩主「長治」は新見の地に陣屋を構えて町を整備し、石高は1万8000石だった。 第3代藩主「政富」はこの厳しい財政を克服するために財政改革に取り組み、ある程度の成果を収めた...
山崎藩/本多家1万8千石:本多忠鄰 第一次長州征伐では大きな戦果をあげた山崎藩【幕末維新写真館】

山崎藩/本多家1万8千石:本多忠鄰 第一次長州征伐では大きな戦果をあげた山崎藩【幕末維新写真館】

【藩名】 山崎藩 【説明】 寛永17年(1640年)和泉国岸和田藩より「松平康映」が5万石で入封するが、慶安2年(1649年)に石見国浜田藩へ転封となり、その後はいったん天領となった。しかし、3か月後には備前国児島藩より「池田恒元」が3万石で入封する。その後3代藩主「恒行」が延宝6年(1678年)に夭折し末期養子もなか...
丹波柏原藩/織田家1万8千石:織田信親 藩主自ら尊皇攘夷の考えから鳥羽・伏見の戦いで新政府軍に属した柏原藩【幕末維新写真館】

丹波柏原藩/織田家1万8千石:織田信親 藩主自ら尊皇攘夷の考えから鳥羽・伏見の戦いで新政府軍に属した柏原...

【藩名】 丹波柏原藩 【説明】 織田信長の弟「織田信包」は慶長3年(1598年)6月、伊勢国安濃津から柏原3万6000石に移封された。これが柏原藩の立藩である。信包は慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」では西軍に与したが、戦後は改易されず大坂城で豊臣秀頼に仕えた。慶長19年(1614年)、信包は「大坂冬の陣」の直前...
大和五条藩/松倉家1万8千石:松倉重政 大坂の陣で戦功をあげたため肥前島原へ移封となり廃藩【幕末維新写真館】

大和五条藩/松倉家1万8千石:松倉重政 大坂の陣で戦功をあげたため肥前島原へ移封となり廃藩【幕末維新写真...

【藩名】 大和五条藩 【説明】 「松倉重信(松倉右近)」は「筒井順慶」のもとで、「島清興(島左近)」と共に筒井家の片腕と呼ばれた名将であった。重信の死後、松倉家は子の「松倉重政」が継ぐが、順慶の後を継いだ「筒井定次」とそりが合わず浪人となる。関ヶ原の戦いで重政は「徳川家康」に味方して軍功を挙げたことから、大和五條1万石...
関藩/大島家1万8千石:大島光義 家督を継いだ光成が兄弟へ分与したため大名から旗本となり廃藩【幕末維新写真館】

関藩/大島家1万8千石:大島光義 家督を継いだ光成が兄弟へ分与したため大名から旗本となり廃藩【幕末維新写...

【藩名】 関藩 【説明】 関藩の藩祖は「大島光義」である。光義は織田信長・豊臣秀吉に仕え、慶長3年(1598年)に1万1200石を与えられて大名となった。 慶長5年(1600年)に勃発した「関ヶ原の戦い」では、西軍参謀「石田三成」に妻子を人質に取られたが、妻子を顧みずに東軍に与して戦功を挙げた。光義は戦後、1万8000...
長沼藩/佐久間家1万8千石:佐久間盛遠 仮病で出仕しなかった罪で改易された長沼藩【幕末維新写真館】

長沼藩/佐久間家1万8千石:佐久間盛遠 仮病で出仕しなかった罪で改易された長沼藩【幕末維新写真館】

【藩名】 長沼藩 【説明】 元和元年(1615年)、「大坂の陣」の戦功により「佐久間勝之」が1万8千石で入封する。 寛永11年(1634年)に勝之は死去し、その跡を次男の「佐久間勝友」が継いだ。このとき、勝友は長兄勝年の子「佐久間勝盛」に5千石を分与してた。勝友の死後は長男の「佐久間勝豊」が継ぎ、このとき3千石を弟の「...
谷村藩/秋元家1万8千石:秋元喬知 川越藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

谷村藩/秋元家1万8千石:秋元喬知 川越藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 谷村藩 【説明】 秋元氏が城主の時代には藩政機構が整備されていたが、宝永元年(1704年)12月に「秋元喬知」が武蔵国「川越藩」に移封され、川越藩主であった「柳沢吉保」が甲府城主となり「谷村藩」は廃藩となる。 郡内付近は天領となり、翌年2月には「谷村城」も破却される。武家屋敷も引き払われ、谷村の地は商業的要地...
東条藩(西郷氏館跡)/西郷家1万8千石:西郷寿員 下野上田藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

東条藩(西郷氏館跡)/西郷家1万8千石:西郷寿員 下野上田藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 東条藩 【説明】 元和6年(1620年)9月、下総国生実で5,000石を知行していた旗本「西郷正員」は、安房国への転封・加増を受けて1万石の大名となり、「東条藩」を立藩した。 東条藩の藩庁場所は現在の「西郷氏館跡」が有力とされておりほぼ間違いないという。 正員は寛永15年(1638年)11月14日に死去し、跡...