よく読まれている記事

1万1千石

Tagged
七戸藩(盛岡藩支藩)/南部家1万1千石:南部信民【幕末維新写真館】

七戸藩(盛岡藩支藩)/南部家1万1千石:南部信民 南部藩宗家と共に戊辰戦争を闘ったため減封された七戸藩【...

【藩名】 七戸藩 【説明】 七戸藩は政庁を七戸城(青森県上北郡七戸町)とする盛岡藩の支藩大名である。別名を「盛岡新田藩」と呼ばれている。 「戊辰戦争」においては宗家盛岡藩とともに「奥羽越列藩同盟」に与したことより、明治元年(1868年)(明治元年)1,000石の削減と当時の藩主「南部信民」が隠居することになった。 明治...
村岡藩/山名家1万1千石:山名義路 当主自ら尊王論者で新政府軍に従属した村岡藩【幕末維新写真館】

村岡藩/山名家1万1千石:山名義路 当主自ら尊王論者で新政府軍に従属した村岡藩【幕末維新写真館】

【藩名】 村岡藩 【説明】 「山名豊国」は秀吉に仕えて御伽衆となり、秀吉の死後は「徳川家康」に接近した。「関ヶ原の戦い」では東軍に参加し戦功があり家康からの「但馬国で一郡を領し給え」との言葉を賜り但馬国七美郡6700石を与えられ、兎束村に陣屋を築いて地名を福岡と改めた。知行は1万石に達しなかったが、名門であるため旗本で...
小泉藩/片桐家1万1千石:片桐貞篤 鳥羽・伏見の戦いでは新政府軍に京都守護を命じられた小泉藩【幕末維新写真館】

小泉藩/片桐家1万1千石:片桐貞篤 鳥羽・伏見の戦いでは新政府軍に京都守護を命じられた小泉藩【幕末維新写...

【藩名】 小泉藩 【説明】 小泉藩の藩祖は、「賤ヶ岳の七本槍」の一人として名を馳せた「片桐且元」の弟「片桐貞隆」である。貞隆は兄とともに「豊臣秀吉」に仕えて「小田原征伐」や「文禄の役」で武功を挙げ、播磨国内で1万石の所領を与えられた。貞隆は、豊臣秀頼の傅役となった兄「且元」とともに、秀吉没後の「豊臣秀頼」を支えた。慶長...
三根山藩(長岡藩支藩)/牧野家1万1千石:牧野忠泰 宗家長岡藩の落城により恭順【幕末維新写真館】

三根山藩(長岡藩支藩)/牧野家1万1千石:牧野忠泰 宗家長岡藩の落城により恭順【幕末維新写真館】

【藩名】 三根山藩(長岡藩支藩) 【説明】 幕末の1863年(文久2年)、三根山藩主「牧野忠泰」は開墾した新田分5千石を新たに打ち出し、高直しにより11,000石となり「三根山藩」を立藩した。三根山藩は「参勤交代」を行わない定府大名(常に江戸屋敷で政務をとること)となった。藩庁は「三根山陣屋」に置かれた。また、藩校入徳...
石戸藩/牧野家1万1千石:牧野信成 下総国関宿藩に加増移封のため廃藩【幕末維新写真館】

石戸藩/牧野家1万1千石:牧野信成 下総国関宿藩に加増移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 石戸藩 【説明】 石戸藩は、現在の埼玉県上尾市北西部から鴻巣市南西部にかけてを統治した藩である。領内の川田谷(現在の桶川市川田谷)に陣屋を設置した。 石戸藩祖は「牧野信成」である。牧野氏には同姓同名の人物が同時代にいるために混乱を生じやすいが、この信成は天正6年(1578年)、「牧野康成」の子として生まれ、慶...
久喜藩/米津家1万1千石:米津通政 出羽長瀞藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

久喜藩/米津家1万1千石:米津通政 出羽長瀞藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 久喜藩 【説明】 譜代大名の「米津政武」が武蔵国久喜に領地を与えられ陣屋を設置し久喜藩が立藩される。 寛政10年(1798年)7月、5代藩主「米津通政」が武蔵国内の所領6400石を出羽国村山郡内に移されたとき、久喜陣屋を廃して「長瀞陣屋」を築いたため、米津氏は「長瀞藩主」として存続した。 【場所・アクセス・地...
龍ヶ崎藩/米津家1万1千石:米津政敏 出羽長瀞藩から大網藩・龍ヶ崎藩へと移封した米津家【幕末維新写真館】

龍ヶ崎藩/米津家1万1千石:米津政敏 出羽長瀞藩から大網藩・龍ヶ崎藩へと移封した米津家【幕末維新写真館】

【藩名】 龍ヶ崎藩 【説明】 龍ヶ崎藩の前身は長瀞藩で出羽国に本拠を置いたため、後の戊辰戦争(奥羽戦争)では戦場となり、戦火によって「長瀞陣屋」と町を失った。明治2年(1869年)に版籍を奉還して長瀞藩知事に就任した前長瀞藩主「米津政敏」は、領地に飛び地が多かったため、長瀞から上総国の大網村へ移って大網藩を立藩した。 ...
足利藩/場所・アクセス・地図 戸田家1万1千石:戸田忠行【幕末維新写真館】

足利藩/戸田家1万1千石:戸田忠行 大政奉還後は新政府軍に恭順した足利藩【幕末維新写真館】

【藩名】 足利藩 【説明】 宝永2年(1705年)1月、将軍世子である「徳川家宣」の御側役を務めていた「戸田忠時」が1万1000石を領することとなったため、大名に列して足利藩を立藩した。歴代藩主は藩政改革を行ない大坂定番や奏者番などを務めた。 明治2年(1869年)6月の「版籍奉還」で最後の藩主「戸田忠行」は足利藩知事...
大田原藩/場所・アクセス・地図 大田原家1万1千石:大田原一清【幕末維新写真館】

大田原藩/大田原家1万1千石:大田原一清 新政府軍についたため会津藩や旧幕府軍から攻撃を受けた大田原藩【...

【藩名】 大田原藩 【説明】 第3代大田原藩主「大田原高清」は弟の「為清」に1000石を分知し、表高は1万1000石となった。大田原氏は小藩ながら外様大名として江戸期・幕末・明治時代まで存続した。幕末の嘉永3年(1850年)、第12代藩主「大田原広清」は藩校「時習館」を開くなど開明的であった。 最後の藩主「大田原一清」...
長瀞藩/米津家1万1千石:米津政敏【幕末維新写真館】

長瀞藩/米津家1万1千石:米津政敏【幕末維新写真館】

【藩名】 長瀞藩 【説明】 跡を継いだ政明のとき、藩内で攘夷討幕を叫ぶ声が高まり始める。政明は農民30余名を兵として取り立てて農兵を組織し、軍事改革を進めるなど、それなりの手腕を見せていたが、藩内をまとめるだけの力が無く、慶応元年(1865年)12月11日に子の米津政敏に家督を譲って隠居してしまった。 政敏が跡を継いだ...