よく読まれている記事

鳥羽伏見の戦い

Tagged
大垣藩/場所・アクセス・地図 戸田家10万石:戸田氏共 鳥羽伏見の戦い後に恭順し戊辰戦争では新政府軍として参戦した大垣藩【幕末維新写真館】

大垣藩/戸田家10万石:戸田氏共 鳥羽伏見の戦い後に恭順し戊辰戦争では新政府軍として参戦した大垣藩【幕末...

【藩名】 大垣藩 【説明】 第11代藩主「戸田氏共」は第2次長州征伐に参加し、慶応2年(1866年)からは藩政改革を断行している。慶応4年(1868年)に勃発した「鳥羽・伏見の戦い」では大垣藩兵も旧幕府軍と共に新政府軍と戦い、朝敵に指定された。しかし新政府に出仕していた大垣藩士「小原鉄心」が直ちに大垣に帰国して先々代藩...
彦根城/写真 長州征伐までは佐幕派を通したが鳥羽伏見の戦い以降新政府軍へ転じた彦根藩【お城 幕末写真館】

彦根城:長州征伐までは佐幕派を通したが鳥羽伏見の戦い以降新政府軍へ転じた彦根藩【お城 幕末写真館】

【城名】 彦根城 【彦根城の説明】 彦根藩の幕末時の藩主はあまりにも有名な大老「井伊直弼」である。直弼は兄「直亮」の急死により藩主となり、幕府継嗣問題に積極的に関わり一橋派を排して紀州藩「徳川家茂」の将軍就任に貢献した。 安政5年(1858年)には「大老」に就き、勅許を得ず「日米修好通商条約」に調印し、さらに反開国派(...
淀城/写真 鳥羽伏見の戦いで敗れた幕府軍の入城を拒否した譜代大名稲葉家の淀藩【お城 幕末写真館】

淀城:鳥羽伏見の戦いで敗れた幕府軍の入城を拒否した譜代大名稲葉家の淀藩【お城 幕末写真館】

【城名】 淀城 【淀城の説明】 淀城は京都府京都市伏見区淀本町にあった徳川時代の城である。豊臣秀吉の時代の淀城は「淀古城」と呼ばれている。 享保8年(1723年)に「稲葉正知」が10万石で城主となってからは、幕末まで稲葉氏がこの地を治めた。幕末になると薩長と徳川幕府軍との間で「鳥羽伏見の戦い」が勃発し、徳川軍は敗れ譜代...
西大平藩/大岡家1万石:大岡忠敬 鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍が敗れると新政府軍に恭順した西大平藩【幕末維新写真館】

西大平藩/大岡家1万石:大岡忠敬 鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍が敗れると新政府軍に恭順した西大平藩【幕末維新...

【藩名】 西大平藩 【説明】 将軍「徳川吉宗」の信任を受け江戸南町奉行として「享保の改革」を実行した「大岡忠相」が寛延元年(1748年)、奏者番に就任し、それまでの功績により4000石の加増を受けて西大平藩1万石の大名となった。 忠相時代の所領は本貫地である相模国高座郡大曲村(現在の神奈川県高座郡寒川町大曲)のほか関東...
小浜藩/場所・アクセス・地図 酒井家10万3千石:酒井忠義 鳥羽・伏見の戦いの敗戦以降新政府軍に恭順した小浜藩【幕末維新写真館】

小浜藩/酒井家10万3千石:酒井忠義 鳥羽・伏見の戦いの敗戦以降新政府軍に恭順した小浜藩【幕末維新写真館...

【藩名】 小浜藩 【説明】 幕末期、最後の小浜藩主となった「酒井忠義」は京都所司代として活躍した。井伊直弼に協力して「安政の大獄」を積極的に推し進め、和宮降嫁や公武合体、武田耕雲斎(藤田小四郎)率いる「天狗党の乱」鎮圧などで活躍した。慶応4年(1868年)の「戊辰戦争」では、旧幕府軍に与して「鳥羽・伏見の戦い」を新政府...