よく読まれている記事

長岡藩

Tagged
小諸藩(越後国長岡藩支藩)/場所・アクセス・地図 牧野家1万8千石:牧野康済 赤報隊と戦闘し新政府に罰せられた小諸藩【幕末維新写真館】

小諸藩(越後国長岡藩支藩)/牧野家1万5千石:牧野康済 赤報隊と戦闘し新政府に罰せられた小諸藩【幕末維新...

【藩名】 小諸藩(越後国長岡藩支藩) 【説明】 元禄15年(1702年)に越後国与板藩より「牧野康重」が1万5千石で入封する。慶応2年(1866年)、幕末最後の藩主となった「牧野康済」の時に「小諸騒動」が起こる。このときは本家長岡藩家老の「河井継之助」の調停によって解決している。 慶応4年(1868年)、康済は信濃追分...
笠間藩(越後国長岡藩支藩)/牧野家8万:場所・アクセス・地図 牧野貞寧 長岡藩とは別行動を取り会津藩攻撃にも加わった笠間藩【幕末維新写真館】

笠間藩(越後国長岡藩支藩)/牧野家8万:牧野貞寧 長岡藩とは別行動を取り会津藩攻撃にも加わった笠間藩【幕...

【藩名】 笠間藩(越後国長岡藩支藩) 【説明】 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの翌年「松平康重」が武蔵騎西藩から3万石で入封して笠間藩を立藩した。慶長13年(1608年)に康重が丹波篠山藩へ移封されると、「小笠原吉次」が下総佐倉藩から入封した。しかし小笠原家は徳川家から付属されている与力の直属家臣化を企てたとして...
長岡城:河井継之助率いる長岡藩が新政府軍と死闘を繰り広げた牧野家7万4千石 長岡城【お城 幕末写真館】

長岡城:河井継之助率いる長岡藩が新政府軍と死闘を繰り広げた牧野家7万4千石 長岡城【お城 幕末写真館】

【城名】 長岡城 【長岡城の説明】 長岡城は新潟県長岡市にあった平城である。 1618年に「堀直寄」が越後村上に転封され、かわって譜代大名「牧野忠成」が6万千石にて城主に任命される。 牧野氏は越後国にて徳川家譜代大名として重要な役割が与えられ、その後加増され7万4千石となる。明治維新まで牧野氏が代々この地を治めることに...
長峰藩/牧野家5万石:牧野忠成 長岡藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

長峰藩/牧野家5万石:牧野忠成 長岡藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 長峰藩 【説明】 越後を治めていた「松平忠輝」が改易された後を受けて「牧野忠成」が元和2年(1616年)7月、長峰藩へ5万石で入封した。忠成はそれまで上野国「大胡藩」2万石を統治していたが「大坂の陣」で武功を挙げたため長峰に加増移封されたのである。 しかし長峰藩へ移る直前の元和4年(1618年)、忠成は越後「...
蔵王堂藩/堀家8万石:堀直寄 長岡藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

蔵王堂藩/堀家8万石:堀直寄 長岡藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 蔵王堂藩 【説明】 慶長3年(1598年)に「上杉景勝」が会津に移封すると、かわって越後に入封した「堀秀治」の弟「堀親良」が4万石を与えられて「蔵王堂城主」となった。堀氏は慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で東軍に味方し旧領を安堵された。ここに「蔵王堂藩」が成立した。 元和2年(1616年)「松平忠輝」...
585 PV
三根山藩(長岡藩支藩)/牧野家1万1千石:牧野忠泰 宗家長岡藩の落城により恭順【幕末維新写真館】

三根山藩(長岡藩支藩)/牧野家1万1千石:牧野忠泰 宗家長岡藩の落城により恭順【幕末維新写真館】

【藩名】 三根山藩(長岡藩支藩) 【説明】 幕末の1863年(文久2年)、三根山藩主「牧野忠泰」は開墾した新田分5千石を新たに打ち出し、高直しにより11,000石となり「三根山藩」を立藩した。三根山藩は「参勤交代」を行わない定府大名(常に江戸屋敷で政務をとること)となった。藩庁は「三根山陣屋」に置かれた。また、藩校入徳...
長岡藩/場所・アクセス・地図 牧野家7万4千石:牧野忠訓 河井継之助が新政府軍に徹底抗戦した長岡藩【幕末維新写真館】

長岡藩/牧野家7万4千石:牧野忠訓 河井継之助が新政府軍に徹底抗戦した長岡藩【幕末維新写真館】

【藩名】 長岡藩 【説明】 幕末時に長岡藩筆頭家老に就任した「河井継之助」は最期まで中立の立場で武装講和を望んでいた。しかし、新政府軍参謀の「岩村精一郎(土佐藩)」との間で「小千谷会談」にて河井の提案は一蹴されてしまう。年若い岩村では河井の心境を推し量れなかったと言われている。 ここにきて河井は藩論を戦守と定め、「奥羽...