よく読まれている記事

近藤家

Tagged
井伊谷藩/場所・アクセス・地図 近藤家1万5千石:近藤秀用 一族へ所領分与のため旗本となり廃藩【幕末維新写真館】

井伊谷藩/近藤家1万5千石:近藤秀用 一族へ所領分与のため旗本となり廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 井伊谷藩 【説明】 慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」後、「井伊直政」が戦傷が原因で死去すると、直政の家臣だった「近藤秀用」は「池田輝政」の仲介もあって「徳川家康」の直臣として召し出され、上野国において5000石を与えられた。 その後、「大坂の陣」でも戦功を挙げたため、秀用は慶長19年(1614年)に相...
近藤藩/近藤家1万石:近藤重直 近藤政成が死去し重直が跡を継ぐが幼少のため減封の上廃藩【幕末維新写真館】

近藤藩/近藤家1万石:近藤重直 近藤政成が死去し重直が跡を継ぐが幼少のため減封の上廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 近藤藩 【説明】 慶長15年(1610年)、「近藤政成」が信濃高井郡5千石、美濃国4郡において5千石の合わせて1万石を領したことから近藤藩が成立した。政成は「織田信長」に寵愛されたことで有名な「堀秀政」の四男で「堀秀治」の弟に当たるが、「近藤重勝」の養子となっていたため近藤姓を称していた。 政成は「大坂の陣」...
青柳藩/近藤家1万石:近藤秀用 幕末前に井伊谷藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

青柳藩/近藤家1万石:近藤秀用 幕末前に井伊谷藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 青柳藩 【説明】 慶長19年(1614年)、槍奉行であった「近藤秀用」は相模国内において新たに1万石を与えられ、従来の上野国邑楽郡青柳5千石と合わせて1万千石の大名として諸侯に列し青柳藩を立藩した。翌年、秀用は次男の「近藤用可」に5千石を分与した。元和5年(1619年)、所領を遠江国引佐・豊田・長上など五郡に...