よく読まれている記事

転封

Tagged
伊勢上野藩/分部家2万石:分部光信 近江大溝藩へ加増転封のため紀州藩領になり廃藩【幕末維新写真館】

伊勢上野藩/分部家2万石:分部光信 近江大溝藩へ加増転封のため紀州藩領になり廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 伊勢上野藩 【説明】 分部氏は戦国時代、伊勢国中部を領していた「長野豊藤」の五男「分部祐成」から始まる一族である。分部光嘉のとき、尾張の「織田信長」による伊勢侵攻が始まり光嘉は信長に恭順したため分部氏の存続を許した。主家である長野氏は信長の弟「織田信包」を養子に迎えたため家名存続を許された。 光嘉は「織田信包...
伊勢岩手藩/稲葉家4万5千700石:稲葉道通 関ヶ原の戦いの功により田丸藩へ加増転封となり廃藩【幕末維新写真館】

伊勢岩手藩/稲葉家4万5千700石:稲葉道通 関ヶ原の戦いの功により田丸藩へ加増転封となり廃藩【幕末維新...

【藩名】 伊勢岩手藩 【説明】 「豊臣秀吉」の家臣で、斎藤道三や織田信長に仕えた西美濃三人衆の一人「稲葉良通(稲葉一鉄)」の孫で、一族の「牧村政倫」の養子となった「牧村利貞」は、小田原征伐後に2万石の所領を与えられて岩出に入封した。その後、利貞は文禄2年(1593年)に朝鮮の役の最中にて陣没した。 利貞の息子「牧村牛之...
曽根藩/西尾家2万石:西尾光教 美濃揖斐藩に加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

曽根藩/西尾家2万石:西尾光教 美濃揖斐藩に加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 曽根藩 【説明】 戦国時代、曽根城は斎藤道三、織田信長に仕えた西美濃三人衆の一人「稲葉良通(一鉄)」が治めていた。しかし良通の孫「稲葉典通」は天正15年(1587年)の九州征伐において不手際があったことから、豊臣秀吉の怒りをかって蟄居させられた。 代わって天正16年(1588年)、曽根城には「西尾光教」が2万...
十七条藩/稲葉家1万石:稲葉正成 下野真岡藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

十七条藩/稲葉家1万石:稲葉正成 下野真岡藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 十七条藩 【説明】 「小早川秀秋」の家老「稲葉正成」は「関ヶ原の戦い」で「平岡頼勝」とともに秀秋の東軍裏切り工作を行なった人物として有名であるが、秀秋没後に浪人する。やがて「徳川家康」に召し出され、慶長12年(1607年)、美濃国内に1万石を与えられて十七条藩を立藩した。 元和4年(1618年)2月、正成は「...
形原藩/松平家1万石:松平家信 摂津高槻藩へ加増転封となり廃藩【幕末維新写真館】

形原藩/松平家1万石:松平家信 摂津高槻藩へ加増転封となり廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 形原藩 【説明】 「松平家信」は徳川家康に仕えて度々功を挙げたことから、三河形原に5000石を与えられた。元和4年(1618年)9月に安房国内において5000石を加増されて1万石の大名となり、形原藩を立藩した。しかし藩政においては家信はほとんど何もせず、嫡男「松平康信」が執行していたと言われている。 元和5年...
掛川藩/場所・アクセス・地図 太田家5万石:太田資美 徳川家達の駿府70万石移封にて替地上総国柴山藩へ転封の上廃藩【幕末維新写真館】

掛川藩/太田家5万石:太田資美 徳川家達の駿府70万石移封にて替地上総国柴山藩へ転封の上廃藩【幕末維新写...

【藩名】 掛川藩 【説明】 慶安元年(1648年)、「松平忠晴」が駿河国田中藩より3万石で入封したが、同年正月には丹波亀山藩に移された。代わって田中藩より北条氏重が3万石で入封したが、万治元年(1658年)に氏重は死去し嗣子がなかったため北条氏は改易となってしまう。 翌年正月28日、三河国西尾藩より「井伊直好」が3万5...
信濃中村藩/岩城家2万石:岩城吉隆 出羽亀田藩に加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

信濃中村藩/岩城家2万石:岩城吉隆 出羽亀田藩に加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 信濃中村藩 【説明】 慶長19年(1614年)の「大坂の陣」で、「岩城貞隆」は本多正信の軍に属して功績を挙げたことから、元和2年(1616年)7月、「松平忠輝」が改易された後、その旧領のうちから1万石を与えられて信濃中村藩を立藩した。 元和6年(1620年)10月に貞隆は死去し、後を長男の「岩城吉隆」が継いだ...
木本藩/松平家2万5千石:松平直良 越前勝山藩へ加増転封となったため廃藩【幕末維新写真館】

木本藩/松平家2万5千石:松平直良 越前勝山藩へ加増転封となったため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 木本藩 【説明】 元和9年(1623年)に越前福井藩主「松平忠直(結城秀康の子)」が改易された翌年、その弟である「松平忠昌」が福井藩主となる。このとき、忠直の弟たちに所領が分与されて「勝山藩」「大野藩」「丸岡藩」が成立した。木本藩も同じ時期に立藩され、忠直の弟「松平直良」が2万5千石を分与されて成立した藩であ...
能登下村藩/鳥居家1万石:鳥居忠英 近江水口藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

能登下村藩/鳥居家1万石:鳥居忠英 近江水口藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 【説明】 元禄2年(1689年)6月、信濃国高遠藩主「鳥居忠則」の家臣「高坂権兵衛」は江戸城の馬場先門の守衛を務めていた際に、他の幕臣との間で不手際を犯し捕縛された。藩士の監督不届きを理由に主家である鳥居家は改易となる。 しかし、鳥居家は「鳥居元忠」以来の三河の名族であるという理由で、特別の計らいとして「鳥居...
長峰藩/牧野家5万石:牧野忠成 長岡藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

長峰藩/牧野家5万石:牧野忠成 長岡藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 長峰藩 【説明】 越後を治めていた「松平忠輝」が改易された後を受けて「牧野忠成」が元和2年(1616年)7月、長峰藩へ5万石で入封した。忠成はそれまで上野国「大胡藩」2万石を統治していたが「大坂の陣」で武功を挙げたため長峰に加増移封されたのである。 しかし長峰藩へ移る直前の元和4年(1618年)、忠成は越後「...