よく読まれている記事

転封

Tagged
山城長岡藩/永井家3万6千石:永井直清 摂津高槻藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

山城長岡藩/永井家3万6千石:永井直清 摂津高槻藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 山城長岡藩 【説明】 山城長岡藩は江戸時代初期、現在の京都府長岡京市を領有した藩で、この地に長岡陣屋が築かれた。寛永10年(1633年)、書院番で上総国・下総国内に8000石を領する旗本の「永井直清」が、旧領地に加え山城国、紀伊国、摂津国内に領地を得て1万2,000石の大名に昇格した。 当初は長岡勝竜寺城に藩...
伊勢上野藩/場所・アクセス・地図 分部家2万石:分部光信 近江大溝藩へ加増転封のため紀州藩領になり廃藩【幕末維新写真館】

伊勢上野藩/分部家2万石:分部光信 近江大溝藩へ加増転封のため紀州藩領になり廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 伊勢上野藩 【説明】 分部氏は戦国時代、伊勢国中部を領していた「長野豊藤」の五男「分部祐成」から始まる一族である。分部光嘉のとき、尾張の「織田信長」による伊勢侵攻が始まり光嘉は信長に恭順したため分部氏の存続を許した。主家である長野氏は信長の弟「織田信包」を養子に迎えたため家名存続を許された。 光嘉は「織田信包...
矢橋藩/市橋家2万1300石:市橋長勝 越後三条藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

矢橋藩/市橋家2万1300石:市橋長勝 越後三条藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 矢橋藩 【説明】 「中村一忠」が伯耆米子藩に入封したとき、八橋には一族の「中村一栄」が入部した。しかし慶長14年(1609年)に「中村一忠」が死去して中村氏が改易されると、伯耆国には諸大名が分散配置されることとなり、矢橋には「市橋長勝」が美濃今尾藩から2万1300石で入封し矢橋藩が立藩された。 「大坂の陣」で...
米子藩/加藤家6万石:加藤貞泰 伊予大洲藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

米子藩/加藤家6万石:加藤貞泰 伊予大洲藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 米子藩 【説明】 慶長14年(1609年)5月11日、「中村一忠」は20歳の若さで急死した。一忠には3人の子供がいたが領国の継承は認められず中村氏は改易となった。慶長15年(1610年)7月19日、美濃黒野藩主「加藤貞泰」が2万石の加増を受け6万石で米子に入封する。貞泰は「大坂の陣」において戦功を挙げたことか...
92 PV
西代藩/本多家1万石:本多忠統 伊勢国神戸藩に転封となり廃藩【幕末維新写真館】

西代藩/本多家1万石:本多忠統 伊勢国神戸藩に転封となり廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 西代藩 【説明】 延宝7年(1679年)、近江国膳所藩第2代藩主「本多康将」の次男「本多忠恒」は、河内国錦部郡・近江国高島郡・甲賀郡において1万石を分与され、西代藩が立藩した。第2代藩主「本多忠統」は正徳元年(1711年)、西代に陣屋を構えた。忠統は大番頭・寺社奉行と昇進し、享保10年(1725年)には若年寄...
興留藩/松平家1万石:松平信通 本家の家督相続の上備中庭瀬藩へ転封となり廃藩【幕末維新写真館】

興留藩/松平家1万石:松平信通 本家の家督相続の上備中庭瀬藩へ転封となり廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 興留藩 【説明】 延宝7年(1679年)、「松平信之」は大和郡山藩主となり8万石の所領を得た。貞享2年(1685年)に信之は老中に栄進したことから1万石加増の上で下総国古河藩へ移されたが翌年に死去した。信之の死後、貞享3年(1686年)8月、家督と所領9万石の内の8万石は長男の「松平忠之」が継ぎ、残りの1万石...
近江高島藩(大溝陣屋)/場所・アクセス・地図 佐久間家2万石:佐久間安政 関ヶ原や大坂の陣の戦功で信濃飯山へ加増転封となり廃藩【幕末維新写真館】

近江高島藩(大溝陣屋)/佐久間家2万石:佐久間安政 関ヶ原や大坂の陣の戦功で信濃飯山へ加増転封となり廃藩...

【藩名】 近江高島藩(大溝陣屋) 【説明】 佐久間安政は、織田信長のもとで「鬼玄蕃」の異名をとった武将「佐久間盛政」の弟である。盛政は柴田勝家に従い「賤ヶ岳の戦い」で羽柴秀吉に捕えられ首をはねられた。安政は信長や柴田勝家、そして兄の盛政死後、「豊臣秀吉」の家臣となり近江国内において7000石を領していた。慶長5年(16...
伊勢岩手藩/場所・アクセス・地図 稲葉家4万5千700石:稲葉道通 関ヶ原の戦いの功により田丸藩へ加増転封となり廃藩【幕末維新写真館】

伊勢岩手藩/稲葉家4万5千700石:稲葉道通 関ヶ原の戦いの功により田丸藩へ加増転封となり廃藩【幕末維新...

【藩名】 伊勢岩手藩 【説明】 「豊臣秀吉」の家臣で、斎藤道三や織田信長に仕えた西美濃三人衆の一人「稲葉良通(稲葉一鉄)」の孫で、一族の「牧村政倫」の養子となった「牧村利貞」は、小田原征伐後に2万石の所領を与えられて岩出に入封した。その後、利貞は文禄2年(1593年)に朝鮮の役の最中にて陣没した。 利貞の息子「牧村牛之...
曽根藩/場所・アクセス・地図 西尾家2万石:西尾光教 美濃揖斐藩に加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

曽根藩/西尾家2万石:西尾光教 美濃揖斐藩に加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 曽根藩 【説明】 戦国時代、曽根城は斎藤道三、織田信長に仕えた西美濃三人衆の一人「稲葉良通(一鉄)」が治めていた。しかし良通の孫「稲葉典通」は天正15年(1587年)の九州征伐において不手際があったことから、豊臣秀吉の怒りをかって蟄居させられた。 代わって天正16年(1588年)、曽根城には「西尾光教」が2万...
十七条藩/稲葉家1万石:稲葉正成 下野真岡藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

十七条藩/稲葉家1万石:稲葉正成 下野真岡藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 十七条藩 【説明】 「小早川秀秋」の家老「稲葉正成」は「関ヶ原の戦い」で「平岡頼勝」とともに秀秋の東軍裏切り工作を行なった人物として有名であるが、秀秋没後に浪人する。やがて「徳川家康」に召し出され、慶長12年(1607年)、美濃国内に1万石を与えられて十七条藩を立藩した。 元和4年(1618年)2月、正成は「...