よく読まれている記事

落城

Tagged
岐阜藩/場所・アクセス・地図 織田家13万3千石:織田秀信 織田信長の嫡孫であり関ヶ原の前哨戦で西軍に与したため落城・廃藩【幕末維新写真館】

岐阜藩/織田家13万3千石:織田秀信 織田信長の嫡孫であり関ヶ原の前哨戦で西軍に与したため落城・廃藩【幕...

【藩名】 岐阜藩 【説明】 天正20年(1592年)に「織田信長」の嫡孫「織田秀信」が「豊臣秀吉」の計らいによって13万石で岐阜城へ入封した。岐阜の地は信長の時代から天下布武の重要な拠点であったが、本拠地を安土に移すとその重要性も薄れていった。しかし、安土移転後も信長の嫡男「織田信忠」が城主を務めるなど依然織田氏の重要...
新庄藩/戸沢家6万石:戸沢正実【幕末維新写真館】

新庄藩/戸沢家6万石:戸沢正実 戊辰戦争では庄内藩の攻撃で落城した新庄藩【幕末維新写真館】

【藩名】 新庄藩 【説明】 新庄藩は、慶応3年(1867年)の江戸薩摩藩邸焼討に庄内藩・上山藩・出羽松山藩と共に派兵したが、直接「薩摩藩」とは交戦せず、江戸市中の警備を担当した。翌慶応4年(1868年)に勃発した「戊辰戦争」では開戦当初に新政府軍の「奥羽鎮撫軍」が新庄に入ったため、新政府軍と共に庄内藩領内へ攻め込むが、...
三春城:棚倉藩の落城後 河野広中の運動により新政府軍へと寝返った三春藩【お城 幕末写真館】

三春城:棚倉藩の落城後 河野広中の運動により新政府軍へと寝返った三春藩【お城 幕末写真館】

【城名】 三春城(舞鶴城) 【三春城(舞鶴城)の説明】 三春城は三春藩の藩庁があった城で、幕末時は「秋田氏」が5万5千石にて統治していた。幕末の戊辰戦争(奥羽戦争)では当初「奥羽越列藩同盟」に加わっていたが、隣藩の「棚倉藩(棚倉城)」が落城すると「河野広中」の尽力により奥羽越列藩同盟から脱退しひそかに「板垣退助」率いる...
小倉城/写真 高杉晋作率いる奇兵隊の猛攻により落城した譜代大名小笠原家の小倉城【お城 幕末写真館】

小倉城:高杉晋作率いる奇兵隊の猛攻により落城した譜代大名小笠原家の小倉城【お城 幕末写真館】

【城名】 小倉城 【小倉城の説明】 小倉城と言えば、幕末に「高杉晋作」率いる奇兵隊と小倉城を拠点とする幕府軍との間で戦いがあったことで有名な城です。 江戸時代、細川家が小倉から熊本へ転封になると徳川譜代大名の小笠原家が小倉へ入城した。徳川幕府は九州の玄関口でもあり「要」とも言える小倉に、信頼のおける譜代大名の小笠原家を...
松前城(福山城)/写真 土方歳三率いる旧幕府軍との攻防戦の末に落城した松前城【お城 幕末写真館】

松前城(福山城):土方歳三率いる旧幕府軍との攻防戦の末に落城した松前城【お城 幕末写真館】

【城名】 松前城(福山城) 【松前城の説明】 松前城は日本における最後期の日本式城郭である。ロシア艦隊などが来航すると幕府は、1849年(嘉永2年)に北方警備を目的に、松前崇広に福山館改築(松前築城)を命じた。築城の際に地形的にも守りやすい函館山に城を移すという案もあったが財政面や函館商人達の反対もあり実現しなかった。...
三根山藩(長岡藩支藩)/牧野家1万1千石:牧野忠泰 宗家長岡藩の落城により恭順【幕末維新写真館】

三根山藩(長岡藩支藩)/牧野家1万1千石:牧野忠泰 宗家長岡藩の落城により恭順【幕末維新写真館】

【藩名】 三根山藩(長岡藩支藩) 【説明】 幕末の1863年(文久2年)、三根山藩主「牧野忠泰」は開墾した新田分5千石を新たに打ち出し、高直しにより11,000石となり「三根山藩」を立藩した。三根山藩は「参勤交代」を行わない定府大名(常に江戸屋敷で政務をとること)となった。藩庁は「三根山陣屋」に置かれた。また、藩校入徳...
湯長谷藩/内藤家1万5千石:内藤政養 奥羽越列藩同盟に加盟各地に転戦したため新政府軍に攻められ落城した湯長谷藩【幕末維新写真館】

湯長谷藩/内藤家1万5千石:内藤政養 奥羽越列藩同盟に加盟各地に転戦したため新政府軍に攻められ落城した湯...

【藩名】 湯長谷藩 【説明】 本藩にあたる「磐城平藩」内藤家は、延享4年(1747年)に「日向延岡」に転封されるが、湯長谷藩の内藤家はそのまま領地を保ち、幕末まで存続する。歴代藩主はほとんどが養子を迎えていた。 10代藩主「内藤政民」が藩校「致道館」を創設して自ら四書五経を講じたとされるほかは、幕末期まで特筆するような...
棚倉藩/阿部家10万石:阿部正静【幕末維新写真館】

棚倉藩/阿部家10万石:阿部正静 奥羽越列藩同盟に加わり新政府軍の攻撃で落城した棚倉藩【幕末維新写真館】

【藩名】 棚倉藩 【説明】 戊辰戦争では、藩主「阿部正静」が藩兵を率いて「奥羽越列藩同盟」に参加、白河口において新政府軍と対峙した。慶応4年(1868年)6月24日、棚倉城は新政府軍の攻撃を受けて落城し正静は降伏した。維新後は4万石を減封された。 明治4年(1871年)、阿部正功の代のときの「廃藩置県」により棚倉藩は廃...