よく読まれている記事

自刃

Tagged
会津若松城:戊辰戦争では新政府軍と戦火を交え白虎隊が悲劇の自刃 会津若松城【お城 幕末写真館】

会津若松城:戊辰戦争では新政府軍と戦火を交え白虎隊が悲劇の自刃 会津若松城【お城 幕末写真館】

【城名】 会津若松城 【会津若松城の説明】 加藤嘉明亡き後の加藤家ではお家騒動が絶えずついに転封が決まり、徳川二代将軍秀忠の庶子「保科正之」が会津23万石で入封し、幕末期までの長い時代を保科家(その後松平性に改名)が治めることになる。 幕末時には各地で新政府軍と旧幕府軍との間で戦が起こり、これを「戊辰戦争」と呼ぶ。鳥羽...
徳美藩/伊丹家3万5千石:伊丹勝守 藩主自刃のため領地没収の上改易・廃藩【幕末維新写真館】

徳美藩/伊丹家3万5千石:伊丹勝守 藩主自刃のため領地没収の上改易・廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 徳美藩 【説明】 寛永10年(1633年)2月、武田遺臣でもある幕臣「伊丹康勝」は下総国相馬郡の内にあった9,000石の所領から甲斐山梨郡3,000石を加増されて1万2,000石を領する大名となり、甲府城番を兼ねた。康勝の所領である山梨郡栗原筋三日市場村の十組屋敷(山梨県甲州市塩山三日市場)に陣屋が設置されて...