よく読まれている記事

稲葉家

Tagged
淀城/写真 鳥羽伏見の戦いで敗れた幕府軍の入城を拒否した譜代大名稲葉家の淀藩【お城 幕末写真館】

淀城:鳥羽伏見の戦いで敗れた幕府軍の入城を拒否した譜代大名稲葉家の淀藩【お城 幕末写真館】

【城名】 淀城 【淀城の説明】 淀城は京都府京都市伏見区淀本町にあった徳川時代の城である。豊臣秀吉の時代の淀城は「淀古城」と呼ばれている。 享保8年(1723年)に「稲葉正知」が10万石で城主となってからは、幕末まで稲葉氏がこの地を治めた。幕末になると薩長と徳川幕府軍との間で「鳥羽伏見の戦い」が勃発し、徳川軍は敗れ譜代...
伊勢岩手藩/稲葉家4万5千700石:稲葉道通 関ヶ原の戦いの功により田丸藩へ加増転封となり廃藩【幕末維新写真館】

伊勢岩手藩/稲葉家4万5千700石:稲葉道通 関ヶ原の戦いの功により田丸藩へ加増転封となり廃藩【幕末維新...

【藩名】 伊勢岩手藩 【説明】 「豊臣秀吉」の家臣で、斎藤道三や織田信長に仕えた西美濃三人衆の一人「稲葉良通(稲葉一鉄)」の孫で、一族の「牧村政倫」の養子となった「牧村利貞」は、小田原征伐後に2万石の所領を与えられて岩出に入封した。その後、利貞は文禄2年(1593年)に朝鮮の役の最中にて陣没した。 利貞の息子「牧村牛之...
清水藩/稲葉家1万2千石:稲葉通重 京都祇園で乱行のため改易となり廃藩【幕末維新写真館】

清水藩/稲葉家1万2千石:稲葉通重 京都祇園で乱行のため改易となり廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 清水藩 【説明】 「斎藤道三」や「織田信長」に仕えた西美濃三人衆の一人「稲葉良通(一鉄)」は、嫡男の「稲葉貞通」に家督を譲っていた。貞通の庶兄に「稲葉重通」がいたが、父一鉄の死後、清水を中心に1万2000石の所領を領した。重通は慶長3年(1598年)10月3日に死去し、その後を子の「稲葉通重」が継ぐ。通重は「...
十七条藩/稲葉家1万石:稲葉正成 下野真岡藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

十七条藩/稲葉家1万石:稲葉正成 下野真岡藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 十七条藩 【説明】 「小早川秀秋」の家老「稲葉正成」は「関ヶ原の戦い」で「平岡頼勝」とともに秀秋の東軍裏切り工作を行なった人物として有名であるが、秀秋没後に浪人する。やがて「徳川家康」に召し出され、慶長12年(1607年)、美濃国内に1万石を与えられて十七条藩を立藩した。 元和4年(1618年)2月、正成は「...
青野藩/稲葉家1万2千石:稲葉正休 江戸城内で大老堀田正俊を刺殺したため改易の上で廃藩【幕末維新写真館】

青野藩/稲葉家1万2千石:稲葉正休 江戸城内で大老堀田正俊を刺殺したため改易の上で廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 青野藩 【説明】 元和4年(1618年)、「稲葉正成」の子「稲葉正次」が幕府に仕えて5000石を与えられた。寛永5年(1628年)5月に正次は死去し、嗣子の稲葉正能は幼少のため、弟の「稲葉正吉」が後を継いだ。明暦2年(1656年)12月に正吉の後を継いだ「稲葉正休」は、天和元年(1681年)7月に2000石を...
館山藩/場所・アクセス・地図 稲葉家1万石:稲葉正巳 幕府要職を歴任した名君【幕末維新写真館】

館山藩/稲葉家1万石:稲葉正巳 幕府要職を歴任した名君を排出した館山藩【幕末維新写真館】

【藩名】 館山藩 【説明】 寛政元年(1789年)7月、「稲葉正明」は隠居して嫡子の「稲葉正武」が後を継いだ。そして寛政3年(1791年)、城山の南麓に「館山陣屋」が建設されている。文化9年(1812年)3月には家督を嫡子「稲葉正盛」に譲ったが、正盛は文政2年(1819年)12月、大坂加番中に29歳の若さで死去し、翌年...
柿岡藩/稲葉家1万石:稲葉正勝 真岡藩に吸収されたため廃藩【幕末維新写真館】

柿岡藩/稲葉家1万石:稲葉正勝 真岡藩に吸収されたため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 柿岡藩 【説明】 寛永元年(1624年)、常陸国新治郡柿岡をはじめ、上野国や下野国において5000石の知行を領していた「稲葉正勝」は、常陸国真壁郡にも5000石を加増されて1万石の大名となり、柿岡藩が立藩した。正勝の父は「小早川秀秋」に仕えた家老「稲葉正成」である。正勝は将軍「徳川家光」に仕えていたことから次...
真岡藩/稲葉家4万石:稲葉正勝 小田原へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

真岡藩/稲葉家4万石:稲葉正勝 小田原へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 真岡藩 【説明】 寛永4年(1627年)、「堀親良」が下野烏山藩に加増移封された後、「稲葉正成」が2万石で入封した。正成は「小早川秀秋」の家老だったが、秀秋没後は徳川家の家臣となって福井藩主「松平忠昌」付家老を経て大名となった。しかしその翌年に正成は58歳で死去し、跡を正成の子「稲葉正勝」が継ぎ自分が領してい...