よく読まれている記事

白虎隊

Tagged
会津若松城:戊辰戦争では新政府軍と戦火を交え白虎隊が悲劇の自刃 会津若松城【お城 幕末写真館】

会津若松城:戊辰戦争では新政府軍と戦火を交え白虎隊が悲劇の自刃 会津若松城【お城 幕末写真館】

【城名】 会津若松城 【会津若松城の説明】 加藤嘉明亡き後の加藤家ではお家騒動が絶えずついに転封が決まり、徳川二代将軍秀忠の庶子「保科正之」が会津23万石で入封し、幕末期までの長い時代を保科家(その後松平性に改名)が治めることになる。 幕末時には各地で新政府軍と旧幕府軍との間で戦が起こり、これを「戊辰戦争」と呼ぶ。鳥羽...
会津藩/松平家23万石:松平容保【幕末維新写真館】

会津藩/松平家23万石:松平容保 戊辰戦争最大の激戦地で白虎隊の悲劇が起こった会津藩【幕末維新写真館】

【藩名】 会津藩 【説明】 慶応4年(1868年)に鳥羽・伏見の戦い(戊辰戦争)が勃発する。会津藩は、桑名藩や幕府軍とともに新政府軍と戦ったが敗北した。この戦の結果、朝廷は会津藩を「朝敵」とした。その後の奥羽戦線において、会津藩は「奥羽越列藩同盟」の支援を受け、また、庄内藩と「会庄同盟」を結ぶなどして新政府軍に抵抗した...