よく読まれている記事

水戸藩

Tagged
常陸宍戸藩(水戸藩支藩)松平家1万:場所・アクセス・地図 松平頼徳 天狗党の乱鎮圧に失敗して切腹 改易された宍戸藩【幕末維新写真館】

常陸宍戸藩(水戸藩支藩)松平家1万石:松平頼徳 天狗党の乱鎮圧に失敗して切腹 改易された宍戸藩【幕末維新...

【藩名】 常陸宍戸藩 【説明】 元々は「秋田実季」が5万石で入封したが陸奥三春藩へ転封のため、水戸藩の支藩として宍戸藩が立藩された。8代藩主「松平頼位」は水戸藩主「徳川斉昭」に同調して、軍事改革などを積極的に行なっている。「天狗党の乱」では、9代藩主「松平頼徳」が幕命により鎮圧に当たったが失敗に終わり、且つ、天狗党に同...
水戸城/写真 徳川御三家の一つで幕末では天狗党の乱で混迷を極めた水戸藩【お城 幕末写真館】

水戸城:徳川御三家の一つで幕末では天狗党の乱で混迷を極めた水戸藩【お城 幕末写真館】

【城名】 水戸城 【水戸城の説明】 水戸城は現在の茨城県水戸市三の丸にあった徳川御三家の城である。戦国時代には馬場氏、江戸氏が治めていたが、関ヶ原の戦い後に「佐竹義重・義宣」親子がこの城を奪取した。それまで馬場城と呼ばれていたがこの時から「水戸城」へと変名された。 幕末になると水戸藩主「徳川斉昭」が幕政に乗り出し、尊皇...
常陸府中藩(水戸藩支藩)/松平家2万石:松平頼策 幕末時は目立った動きもなかった常陸府中藩【幕末維新写真館】

常陸府中藩(水戸藩支藩)/松平家2万石:松平頼策 幕末時は目立った動きもなかった常陸府中藩【幕末維新写真...

【藩名】 常陸府中藩(水戸藩支藩) 【説明】 元禄13年(1700年)、「徳川頼房」の五男「松平頼隆(保内藩主)」が幕府から新たに常陸・陸奥国内において2万石を加増されたため、府中に陣屋を築き府中藩を立藩する。この時、保内2万石は水戸藩に返還した。 しかし藩の所領の大半が陸奥国にあったため陸奥長沼にも陣屋(長沼陣屋)を...
常陸松岡藩(水戸藩支藩)中山家2万5千石:中山信徴 幕末時は水戸藩宗家より独立した松岡藩【幕末維新写真館】

常陸松岡藩(水戸藩支藩)中山家2万5千石:中山信徴 幕末時は水戸藩宗家より独立した松岡藩【幕末維新写真館...

【藩名】 常陸松岡藩 【説明】 江戸時代初期に戸沢氏が常陸松岡に4万石で入封し、約20年間統治した。戸沢氏が転封になると松岡周辺は水戸領となり、水戸藩附家老中山家が居館を築いた。第10代藩主「中山信敬」は水戸藩主「徳川治保」の弟だったため水戸藩宗家一門に列し中山氏の地位向上に努めた。 同時に城下町の整備なども行なわれた...
守山藩(水戸藩支藩)/松平家2万石:松平頼升 戊辰戦争では戦うことなく恭順した守山藩【幕末維新写真館】

守山藩(水戸藩支藩)/松平家2万石:松平頼升 戊辰戦争では戦うことなく恭順した守山藩【幕末維新写真館】

【藩名】 守山藩(水戸藩支藩) 【説明】 幕末期の元治元年(1864年)、「武田耕雲斎」「藤田小四郎」らの「天狗党の乱」が勃発し、守山藩でもこの乱に加わった者が多数いたため、多くの藩士が処罰された。戊辰戦争が勃発すると、白河小峰城が「新政府軍」に突破され形勢が不利になった際、戦う事無くして降伏した。 明治2年(1869...