よく読まれている記事

棚倉藩

Tagged
三春城:棚倉藩の落城後 河野広中の運動により新政府軍へと寝返った三春藩【お城 幕末写真館】

三春城:棚倉藩の落城後 河野広中の運動により新政府軍へと寝返った三春藩【お城 幕末写真館】

【城名】 三春城(舞鶴城) 【三春城(舞鶴城)の説明】 三春城は三春藩の藩庁があった城で、幕末時は「秋田氏」が5万5千石にて統治していた。幕末の戊辰戦争(奥羽戦争)では当初「奥羽越列藩同盟」に加わっていたが、隣藩の「棚倉藩(棚倉城)」が落城すると「河野広中」の尽力により奥羽越列藩同盟から脱退しひそかに「板垣退助」率いる...
江戸崎藩/丹羽家2万石:丹羽長重 陸奥棚倉藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

江戸崎藩/丹羽家2万石:丹羽長重 陸奥棚倉藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 江戸崎藩 【説明】 慶長8年(1603年)、本多正信や内藤清成らと並んで関東総奉行を務めた徳川氏譜代の家臣「青山忠成」が1万石で入ったことにより江戸崎藩が立藩する。なお、忠成の嫡子「青山忠俊」は父とは別に5,000石を領していたが、徳川家光の後見人となったため、慶長15年(1610年)に下野国都賀郡鹿沼におい...
棚倉藩/阿部家10万石:阿部正静【幕末維新写真館】

棚倉藩/阿部家10万石:阿部正静 奥羽越列藩同盟に加わり新政府軍の攻撃で落城した棚倉藩【幕末維新写真館】

【藩名】 棚倉藩 【説明】 戊辰戦争では、藩主「阿部正静」が藩兵を率いて「奥羽越列藩同盟」に参加、白河口において新政府軍と対峙した。慶応4年(1868年)6月24日、棚倉城は新政府軍の攻撃を受けて落城し正静は降伏した。維新後は4万石を減封された。 明治4年(1871年)、阿部正功の代のときの「廃藩置県」により棚倉藩は廃...