よく読まれている記事

本多家( 2 )

Tagged
舟戸藩/本多家1万5千石:本多正永 沼田藩・駿河田中藩へ移封のため飛地となる【幕末維新写真館】

舟戸藩/本多家1万5千石:本多正永 沼田藩・駿河田中藩へ移封のため飛地となる【幕末維新写真館】

【藩名】 舟戸藩 【説明】 元禄元年(1688年)、本多正貫の孫の正永が寺社奉行になり1万石に加増されて大名となった。そして「舟戸藩」が立藩された。正永は元禄14年(1701年)に上総・下総国内において5000石を加増され、翌年、上野国沼田藩に移封となり舟戸は「沼田藩」の飛び地となった。 その後、本多氏は享保15年(1...
小山藩/場所・アクセス・地図 本多家5万3千石:本多正純 宇都宮藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

小山藩/本多家5万3千石:本多正純 宇都宮藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 小山藩 【説明】 「本多正純」は徳川家康の謀臣であった「本多正信」の嫡子で、正純も父に劣らず知略に優れていた。家康が大御所になり「征夷大将軍」を秀忠に譲ると正純は家康側近として権勢を大いに振るった。家康没後は「徳川秀忠」に仕え、元和2年(1616年)には2万石の加増を受けた。 元和5年(1619年)、正純は下...
榎本藩/場所・アクセス・地図 本多家2万8千石:本多犬千代 5歳にして夭折により改易廃藩【幕末維新写真館】

榎本藩/本多家2万8千石:本多犬千代 5歳にして夭折により改易廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 榎本藩 【説明】 寛永8年(1631年)12月、「本多忠純」は46歳で死去し、跡を養嗣子の「本多政遂」が継いだ。政遂は寛永15年(1638年)7月、26歳で早世するとその跡を本「多犬千代」が継いだが、犬千代は寛永17年(1640年)5月、5歳にして夭折した。 当然、嗣子がいるはずもなく本多家は無嗣断絶で改易と...
白井藩/本多家1万石:本多紀貞 幕末前に嗣子がなくお家は断絶し廃藩【幕末維新写真館】

白井藩/本多家1万石:本多紀貞 幕末前に嗣子がなくお家は断絶し廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 白井藩 【説明】 「西尾忠永」が2万石で白井藩へ入封する。しかし、元和4年(1618年)に常陸国土浦藩へ移封となった。その後を受けて「本多康重」の次男「本多紀貞」が1万石で入封する。元和9年(1623年)、紀貞は嗣子なくして死去したため、無嗣断絶の上白井藩は廃藩となった。ほどなく「白井城」は破却され、その所領...
石川藩/本多家1万石:本多忠利 三河国挙母藩への移封にて廃藩【幕末維新写真館】

石川藩/本多家1万石:本多忠利 三河国挙母藩への移封にて廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 石川藩 【説明】 石川藩は寛文2年(1662年)、「本多忠勝」の曾孫「本多忠平(白河藩主)」が襲封にあたり次弟の「本多忠利」に陸奥石川郡のうち16か村1万石を分与して成立した白河藩の支藩である。天和元年(1681年)9月に三河国挙母藩へ移封となったためわずか19年にして石川藩は廃藩となった。 【場所・アクセス...
大久保藩/本多家1万石:本多政利 藩政不届きにより幕末前に改易【幕末維新写真館】

大久保藩/本多家1万石:本多政利 藩政不届きにより幕末前に改易【幕末維新写真館】

【藩名】 大久保藩 【説明】 天和2年(1682年)2月、郡山藩で起こった九・六騒動の張本人の一人「本多政利」は幕府からその責を問われ、6万石の内3万石を返還した上で新たに3万石が加えられるという形で播磨国明石藩に移封された。 その地で過酷な政治を行い、また巡検視への対応も粗雑だったことを咎められ、6万石から大久保1万...
浅川藩/本多家1万石:本多忠晴 幕末前に三河国伊保藩への移封により廃藩【幕末維新写真館】

浅川藩/本多家1万石:本多忠晴 幕末前に三河国伊保藩への移封により廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 浅川藩 【説明】 浅川藩は寛文2年(1662年)11月、石川藩と同じく、白河藩主「本多忠義」の三男「本多忠以」が1万石を父から分与されたことで成立した藩である。忠以の後を継いだ弟「本多忠晴」が天和元年(1681年)9月、三河国伊保藩へ移封となり浅川藩は廃藩となった。 【場所・アクセス・地図】
泉藩/本多家2万石:本多忠紀【幕末維新写真館】

泉藩/本多家2万石:本多忠紀 奥羽越列藩同盟に加盟し新政府軍と交戦した泉藩【幕末維新写真館】

【藩名】 泉藩 【説明】 第6代藩主「本多忠紀」は幕末に寺社奉行・奏者番として参与する。そして「戊辰戦争」では旧幕府軍に与して新政府軍と戦ったため、官位剥奪の上、2000石を召し上げられて強制隠居を余儀なくされた。磐城の戦いでは平藩と湯長谷藩、仙台藩の援軍と共に平潟に上陸した新政府軍と交戦したが平城の落城後に恭順した。...
村山藩/本多家1万石:本多助芳 糸魚川藩への移封にて廃藩【幕末維新写真館】

村山藩/本多家1万石:本多助芳 糸魚川藩への移封にて廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 村山藩 【説明】 天和2年(1682年)2月22日、遠江国横須賀藩5万石の藩主であった「本多利長」は、播磨国明石藩6万石の藩主であった「本多政利」の改易に連座して改易された。その後、政利が陸奥国岩瀬藩1万石の藩主として復帰を許されると、利長も新たに1万石を与えられて「村山藩」を立藩した。 利長は元禄5年(16...
飯山藩/場所・アクセス・地図 本多家2万石:本多助寵 旧幕府軍の衝鋒隊に城下を席捲された飯山藩【幕末維新写真館】

飯山藩/本多家2万石:本多助寵 旧幕府軍の衝鋒隊に城下を席捲された飯山藩【幕末維新写真館】

【藩名】 飯山藩 【説明】 慶長8年(1603年)、「松平忠輝」が北信濃4郡を支配したとき、その付属大名である「皆川広照」が4万石で飯山に入ったことが、飯山藩の始まりである。享保2年(1717年)に「青山幸秀」が丹後宮津藩に移封され、代わって越後糸魚川藩より「本多助芳」が2万石で入封する。助芳は1万石の加増を受けて2万...