よく読まれている記事

旧幕府軍

Tagged
鳥羽藩/場所・アクセス・地図 稲垣家3万石:稲垣長行 鳥羽・伏見の戦いでは旧幕府軍として戦うもほどなく新政府に恭順した鳥羽藩【幕末維新写真館】

鳥羽藩/稲垣家3万石:稲垣長行 鳥羽・伏見の戦いでは旧幕府軍として戦うもほどなく新政府に恭順した鳥羽藩【...

【藩名】 鳥羽藩 【説明】 鳥羽藩は織田水軍の将「九鬼嘉隆」を藩祖とする藩である。慶長5年(1600年)に勃発した「関ヶ原の戦い」で嘉隆は西軍に、子の「九鬼守隆」は東軍に与して戦った。父子対立というよりはどちらが勝利しても九鬼家が存続できるように図ったものと言われている。しかし戦後守隆は父の助命を「徳川家康」に嘆願して...
津藩(安濃津藩)/場所・アクセス・地図 藤堂家27万950石:藤堂高潔 鳥羽・伏見の戦いでは形勢不利となった旧幕府軍を突如攻撃した津藩【幕末維新写真館】

津藩(安濃津藩)/藤堂家27万950石:藤堂高潔 鳥羽・伏見の戦いでは形勢不利となった旧幕府軍を突如攻撃...

【藩名】 津藩(安濃津藩) 【説明】 慶長13年(1608年)8月24日、「富田信高」は伊予宇和島藩に移封され、翌日の8月25日には伊予今治藩10万石から藤「堂高虎」が22万石に加増された上で入封した。(伊予越智郡今治2万石、伊賀国内10万石、伊勢安濃郡、一志郡内10万石で計22万石) 慶応4年(1868年)1月の「鳥...
郡上八幡城/写真 江戸藩邸の佐幕派が凌霜隊を結成し旧幕府軍として奮戦した郡上藩【お城 幕末写真館】

郡上八幡城:江戸藩邸の佐幕派が凌霜隊を結成し旧幕府軍として奮戦した郡上藩【お城 幕末写真館】

【お城名】 郡上八幡城 【郡上八幡城の説明】 幕末時の郡上藩は青山家が治める領地で2万4千石という小藩であった。戊辰戦争が勃発すると領内は尊皇へと傾き、一方江戸藩邸ではあくまで佐幕派と貫こうと言う一派があった。 ※白虎隊の悲劇 飯盛山に建立する凌霜隊を弔う石碑 江戸家老「朝比奈藤兵衛」は子息「朝比奈茂吉」に一隊を組織さ...
館城/写真 松前藩により築城されて旧幕府軍によって攻略された館城【お城 幕末写真館】

館城:松前藩により築城され旧幕府軍によって攻略された館城【お城 幕末写真館】

【城名】 館城 【館城の説明】 館城は明治元年(1968年)に旧幕府軍の襲来に備えるため、松前藩が築いた城である。従来の本城である松前城(福山城)は海から近く、軍艦からの攻撃にさらされる危険が大きいこと、内陸部を開拓して海に依存しない藩政を目論んだとも言われている。 同年、五稜郭を攻略した旧幕府軍は蝦夷地を制圧するため...
宇都宮城:大鳥圭介・土方歳三率いる旧幕府軍と新政府軍激戦の地宇都宮城【お城 幕末写真館】

宇都宮城:大鳥圭介・土方歳三率いる旧幕府軍と新政府軍激戦の地宇都宮城【お城 幕末写真館】

【城名】 宇都宮城 【宇都宮城の説明】 宇都宮城は栃木県宇都宮市にあった城で関東七名城の一つに数えられている。幕末維新の時代にはこの宇都宮城で大きな戦が2回勃発している。 慶応4年(1868年)、宇都宮藩兵をはじめ野州世直しを鎮圧するために宇都宮に派兵された「東山道総督府軍」と、日光へ向かおうとしていた大鳥圭介の伝習隊...
松前城(福山城)/写真 土方歳三率いる旧幕府軍との攻防戦の末に落城した松前城【お城 幕末写真館】

松前城(福山城):土方歳三率いる旧幕府軍との攻防戦の末に落城した松前城【お城 幕末写真館】

【城名】 松前城(福山城) 【松前城の説明】 松前城は日本における最後期の日本式城郭である。ロシア艦隊などが来航すると幕府は、1849年(嘉永2年)に北方警備を目的に、松前崇広に福山館改築(松前築城)を命じた。築城の際に地形的にも守りやすい函館山に城を移すという案もあったが財政面や函館商人達の反対もあり実現しなかった。...
弁天台場跡:新政府軍からの函館湾防衛に構築された旧幕府軍の弁天台場【史跡 幕末写真館】

弁天台場跡:新政府軍からの函館湾防衛に構築された旧幕府軍の弁天台場【史跡 幕末写真館】

【史跡名】 弁天台場跡 【弁天台場跡説明】 弁天台場は箱館港の防衛拠点として1863年(文久3年)に完成した砲台である。洋式城郭五稜郭を手掛けた「武田斐三郎」の設計により、徳川幕府が約8年の歳月をかけて建造した。 箱館戦争時、旧幕府軍の重要拠点だったが、新政府軍の攻撃で五稜郭降伏前に降伏。 台場は1896年(明治29)...
四稜郭:五稜郭の後方防衛により築城された旧幕府軍の四稜郭【お城 幕末写真館】

四稜郭:五稜郭の後方防衛により築城された旧幕府軍の四稜郭【お城 幕末写真館】

【城名】 四稜郭 【四稜郭の説明】 四稜郭は箱館戦争の際に蝦夷共和国(旧幕府軍)が、明治2年(1869年)に北海道函館市陣川町に築城した堡塁である。空堀に囲まれ、規模は東西約100メートル、南北約70メートル程あり、まわりには土塁が巡らされ、土塁の周辺には空濠が掘られている。 四隅には砲座が配置されている。南西側に門口...
五稜郭:榎本武揚や旧幕府軍最後の抵抗 日本初の西洋城郭五稜郭【お城 幕末写真館】

五稜郭:榎本武揚や旧幕府軍最後の抵抗 日本初の西洋城郭五稜郭【お城 幕末写真館】

【城名】 五稜郭 【五稜郭の説明】 北海道函館市にある五稜郭は日本初の西洋式陵堡である。江戸時代の幕末期に北方からの外国の脅威に対抗するため「武田斐三郎」の設計のもと築城された。函館五稜郭の特徴としては5つの星型の城郭で、それぞれ5つの先端には砲座が置かれ各方面への砲撃が可能であった。 幕末の動乱の中、幕府は函館奉行所...
西大平藩/大岡家1万石:大岡忠敬 鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍が敗れると新政府軍に恭順した西大平藩【幕末維新写真館】

西大平藩/大岡家1万石:大岡忠敬 鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍が敗れると新政府軍に恭順した西大平藩【幕末維新...

【藩名】 西大平藩 【説明】 将軍「徳川吉宗」の信任を受け江戸南町奉行として「享保の改革」を実行した「大岡忠相」が寛延元年(1748年)、奏者番に就任し、それまでの功績により4000石の加増を受けて西大平藩1万石の大名となった。 忠相時代の所領は本貫地である相模国高座郡大曲村(現在の神奈川県高座郡寒川町大曲)のほか関東...