よく読まれている記事

新政府軍

Tagged
飫肥藩/場所・アクセス・地図 伊東家5万1千石:伊東祐相 新政府軍に与して二条城や甲府城の守備を務めた飫肥藩【幕末維新写真館】

飫肥藩/伊東家5万1千石:伊東祐相 新政府軍に与して二条城や甲府城の守備を務めた飫肥藩【幕末維新写真館】

【藩名】 飫肥藩 【説明】 慶長5年(1600年)、「関ヶ原の戦い」では「伊東祐兵」が大坂で病を得ていた為、成り行きで西軍につくも、密かに「黒田如水」を通じて東軍に味方をし、嫡男「祐慶」を下向させて宮崎城を攻撃した。そして、元和3年(1617年)、2代将軍「徳川秀忠」より飫肥藩5万7千石の所領安堵の朱印状を受けた。 1...
宇土藩(熊本藩支藩)/場所・アクセス・地図 細川家3万石:細川行真 高瀬藩と共に本藩に従い新政府軍として従軍した宇土藩【幕末維新写真館】

宇土藩(熊本藩支藩)/細川家3万石:細川行真 高瀬藩と共に本藩に従い新政府軍として従軍した宇土藩【幕末維...

【藩名】 宇土藩(熊本藩支藩) 【説明】 宇土藩は熊本藩の支藩で藩庁は宇土(宇土市)に陣屋が置かれた。 正保3年(1646年)熊本藩2代藩主「細川光尚」の従兄弟「行孝(初代忠利の弟・立孝の子)」が宇土郡・下益城郡に3万石を分与された。そして「本町筋南側(新小路町)」の一角に陣屋を構えた。 ※本丸跡 ※小西行長像 江戸期...
福江藩(五島藩)/場所・アクセス・地図 五島家1万5千石:五島盛徳 上洛要請により上京し新政府軍に従った五島藩【幕末維新写真館】

福江藩(五島藩)/五島家1万5千石:五島盛徳 上洛要請により上京し新政府軍に従った五島藩【幕末維新写真館...

【藩名】 福江藩(五島藩) 【説明】 江戸時代初期の慶長8年(1603年)に、初代藩主「五島玄雅(五島純玄の嗣子)」が「徳川家康」に謁し、1万5千余石の所領を認める朱印状を下賜されたことに福江藩が創設される。 嘉永2年(1849年)、幕府より築城の許可を富江藩主「五島盛貫」が受領し、第10代藩主「五島盛成」が着工した。...
島原藩/場所・アクセス・地図 松平家6万5千石:松平忠和 島原の乱を経て幕末には新政府軍に属し秋田や盛岡まで参戦した島原藩【幕末維新写真館】

島原藩/松平家6万5千石:松平忠和 島原の乱を経て幕末には新政府軍に属し秋田や盛岡まで参戦した島原藩【幕...

【藩名】 島原藩 【説明】 島原は戦国時代、有馬氏が治めていた領地である。キリシタン大名の「有馬晴信」は「関ヶ原の戦い」で「徳川家康」率いる東軍に与して本領を安堵された。しかし慶長17年(1612年)、「岡本大八事件(晴信が外国に土地を貸し与えていたことを密告した事件)」により甲斐国都留に幽閉の上、切腹に処された。 し...
蓮池藩(佐賀藩支藩)/場所・アクセス・地図 鍋島家5万2千石:鍋島直紀 戊辰戦争では新政府軍に属して秋田戦争に参戦した蓮池藩【幕末維新写真館】

蓮池藩(佐賀藩支藩)/鍋島家5万2千石:鍋島直紀 戊辰戦争では新政府軍に属して秋田戦争に参戦した蓮池藩【...

【藩名】 蓮池藩(佐賀藩支藩) 【説明】 蓮池藩は立藩の時期は諸説ありはっきりしないが、江戸時代初期に初代佐賀藩主「鍋島勝茂」の五男「直澄」が佐賀藩領内の佐嘉郡・神埼郡・杵島郡・松浦郡・藤津郡において5万2000石を与えられたことに始まると伝わる。当初、佐賀城三の丸に政庁を構えたが、後に蓮池に陣屋を構えた。 安政元年(...
小城藩(佐賀藩支藩)/場所・アクセス・地図 鍋島家7万3千石:鍋島直虎 新政府軍に与して秋田戦争まで参戦した小城藩【幕末維新写真館】

小城藩(佐賀藩支藩)/鍋島家7万3千石:鍋島直虎 新政府軍に与して秋田戦争まで参戦した小城藩【幕末維新写...

【藩名】 小城藩 【説明】 小城藩は立藩の時期は諸説ありはっきりしないが、江戸時代初期に初代佐賀藩主「鍋島勝茂」の長男「元茂」が肥前藩領内の佐嘉郡・小城郡・松浦郡において7万3000石を与えられたことに始まると伝わる。元茂は長男であるが勝茂の後添えの正妻(徳川家康の養女・菊姫)の子で四男の忠直が佐賀藩の嫡子となった。し...
平戸藩/場所・アクセス・地図 松浦家6万1700石:松浦詮 鳥羽・伏見の戦い直後に新政府軍に加わった平戸藩【幕末維新写真館】

平戸藩/松浦家6万1700石:松浦詮 鳥羽・伏見の戦い直後に新政府軍に加わった平戸藩【幕末維新写真館】

【藩名】 平戸藩 【説明】 慶長5年(1600年)、「関ヶ原の戦い」で「徳川家康」率いる東軍に与した「松浦鎮信」は6万3千石の所領を安堵され平戸藩が確立した。江戸期を通じて平戸の地を統治し続け、12代「松浦詮」の時代に幕末を迎える。 第二次長州征伐で事実上幕府が敗北すると、藩論は倒幕に傾斜し、慶応4年(1868年)の「...
秋月藩(福岡藩支藩)/場所・アクセス・地図 黒田家5万石:黒田長徳 宗家福岡藩とともに新政府軍に加わった秋月藩【幕末維新写真館】

秋月藩(福岡藩支藩)/黒田家5万石:黒田長徳 宗家福岡藩とともに新政府軍に加わった秋月藩【幕末維新写真館...

【藩名】 秋月藩(福岡藩支藩) 【説明】 秋月藩は福岡藩の支藩で、元和9年(1623年)黒田長政の三男「黒田長興」が福岡藩より5万石を分与され立藩した。藩庁は秋月陣屋(福岡県朝倉市)である。無城大名ではあるが城主格が与えられていた。4代藩主長貞の息女「春姫」は高鍋藩秋月氏に嫁ぎ、その次男は名君として名高い米沢藩主「上杉...
杵築藩/場所・アクセス・地図 松平家3万2千石:松平親貴 親子で藩論が割れたが新政府軍に従い会津戦争にも加わった杵築藩【幕末維新写真館】

杵築藩/松平家3万2千石:松平親貴 親子で藩論が割れたが新政府軍に従い会津戦争にも加わった杵築藩【幕末維...

【藩名】 杵築藩 【説明】 文禄2年(1593年)、「大友義統」が「豊臣秀吉」の勘気に触れ除封になると杵築城の木付氏も同時に滅びた。後に、杉原長房、早川長政が入封し、次いで「細川忠興」が慶長4年(1599年)、丹後国宮津12万石に加えこの地を領有し、「松井康之」「有吉立行」などを杵築城代として統治させた。 慶長5年(1...
西条藩(紀州藩支藩)/場所・アクセス・地図 松平家3万石:松平頼英 御親藩支藩にも関わらず早くから新政府軍に属し戊辰戦争に参戦した西条藩【幕末維新写真館】

西条藩(紀州藩支藩)/松平家3万石:松平頼英 御親藩支藩にも関わらず早くから新政府軍に属し戊辰戦争に参戦...

【藩名】 西条藩(紀州藩支藩) 【説明】 寛文5年(1665年)、「一柳直興」は職務怠慢や失政などを理由に改易処分を受け西条藩は一時天領となった。寛文10年(1670年)、紀伊国紀州藩初代藩主「徳川頼宣」の三男「松平頼純」が紀州藩の支藩として3万石で入封する。支藩を作ることにより、紀州徳川家(紀州藩主家)の家系が絶えた...