よく読まれている記事

支藩

Tagged
小諸藩(越後国長岡藩支藩)/場所・アクセス・地図 牧野家1万8千石:牧野康済 赤報隊と戦闘し新政府に罰せられた小諸藩【幕末維新写真館】

小諸藩(越後国長岡藩支藩)/牧野家1万5千石:牧野康済 赤報隊と戦闘し新政府に罰せられた小諸藩【幕末維新...

【藩名】 小諸藩(越後国長岡藩支藩) 【説明】 元禄15年(1702年)に越後国与板藩より「牧野康重」が1万5千石で入封する。慶応2年(1866年)、幕末最後の藩主となった「牧野康済」の時に「小諸騒動」が起こる。このときは本家長岡藩家老の「河井継之助」の調停によって解決している。 慶応4年(1868年)、康済は信濃追分...
敦賀藩(小浜藩支藩)/場所・アクセス・地図 酒井家1万石:酒井忠経 本家小浜藩と違い一貫して新政府軍に与した敦賀藩【幕末維新写真館】

敦賀藩(小浜藩支藩)/酒井家1万石:酒井忠経 本家小浜藩と違い一貫して新政府軍に与した敦賀藩【幕末維新写...

【藩名】 敦賀藩(小浜藩支藩) 【説明】 敦賀藩は天和2年(1682年)、小浜藩の第2代藩主「酒井忠直」の次男の「酒井忠稠」が父の遺領のうち越前敦賀郡・近江高島郡において1万石を分与されたことに始まる藩である。 幕末時の「戊辰戦争」においては、本家の小浜藩は当初旧幕府軍に属していたが、支藩である敦賀藩は一貫して新政府側...
富山藩(加賀藩支藩)/場所・アクセス・地図 前田家10万石:前田利同 加賀藩宗家から迎えられた最後の藩主前田利同【幕末維新写真館】

富山藩(加賀藩支藩)/前田家10万石:前田利同 加賀藩宗家から迎えられた最後の藩主前田利同【幕末維新写真...

【藩名】 富山藩(加賀藩支藩) 【説明】 寛永16年(1639年)、加賀藩第3代藩主「前田利常(前田利長の弟)」が隠居するとき、次男の「前田利次」に富山10万石を、三男の「前田利治」に大聖寺7万石の分与し、富山藩と大聖寺藩が立藩した。 江戸後期から幕末には財政問題と権力争い、御家騒動などが勃発し宗藩加賀藩の介入を招いた...
大聖寺藩(加賀藩支藩)/場所・アクセス・地図 前田家10万石:前田利鬯 鳥羽・伏見の戦い敗戦後佐幕一色から新政府軍に恭順した大聖寺藩【幕末維新写真館】

大聖寺藩(加賀藩支藩)/前田家10万石:前田利鬯 鳥羽・伏見の戦い敗戦後佐幕一色から新政府軍に恭順した大...

【藩名】 大聖寺藩(加賀藩支藩) 【説明】 寛永16年(1639年)、加賀藩の第3代藩主「前田利常」が隠居する際、次男の利次に富山10万石を、三男の利治に大聖寺7万石を分与して、富山藩と大聖寺藩が立藩された。3代藩主の「前田利直」は、弟の利昌に大聖寺新田1万石を割いて「大聖寺新田藩」を立藩させたが、利昌が将軍綱吉葬儀の...
七戸藩(盛岡藩支藩)/南部家1万1千石:南部信民【幕末維新写真館】

七戸藩(盛岡藩支藩)/南部家1万1千石:南部信民 南部藩宗家と共に戊辰戦争を闘ったため減封された七戸藩【...

【藩名】 七戸藩 【説明】 七戸藩は政庁を七戸城(青森県上北郡七戸町)とする盛岡藩の支藩大名である。別名を「盛岡新田藩」と呼ばれている。 「戊辰戦争」においては宗家盛岡藩とともに「奥羽越列藩同盟」に与したことより、明治元年(1868年)(明治元年)1,000石の削減と当時の藩主「南部信民」が隠居することになった。 明治...
常陸宍戸藩(水戸藩支藩)松平家1万:場所・アクセス・地図 松平頼徳 天狗党の乱鎮圧に失敗して切腹 改易された宍戸藩【幕末維新写真館】

常陸宍戸藩(水戸藩支藩)松平家1万石:松平頼徳 天狗党の乱鎮圧に失敗して切腹 改易された宍戸藩【幕末維新...

【藩名】 常陸宍戸藩 【説明】 元々は「秋田実季」が5万石で入封したが陸奥三春藩へ転封のため、水戸藩の支藩として宍戸藩が立藩された。8代藩主「松平頼位」は水戸藩主「徳川斉昭」に同調して、軍事改革などを積極的に行なっている。「天狗党の乱」では、9代藩主「松平頼徳」が幕命により鎮圧に当たったが失敗に終わり、且つ、天狗党に同...
笠間藩(越後国長岡藩支藩)/牧野家8万:場所・アクセス・地図 牧野貞寧 長岡藩とは別行動を取り会津藩攻撃にも加わった笠間藩【幕末維新写真館】

笠間藩(越後国長岡藩支藩)/牧野家8万:牧野貞寧 長岡藩とは別行動を取り会津藩攻撃にも加わった笠間藩【幕...

【藩名】 笠間藩(越後国長岡藩支藩) 【説明】 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの翌年「松平康重」が武蔵騎西藩から3万石で入封して笠間藩を立藩した。慶長13年(1608年)に康重が丹波篠山藩へ移封されると、「小笠原吉次」が下総佐倉藩から入封した。しかし小笠原家は徳川家から付属されている与力の直属家臣化を企てたとして...
彦根新田藩(彦根藩支藩)/井伊家1万石:井伊直定 井伊彦根藩宗家を継いだため廃藩【幕末維新写真館】

彦根新田藩(彦根藩支藩)/井伊家1万石:井伊直定 井伊彦根藩宗家を継いだため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 彦根新田藩(彦根藩支藩) 【説明】 彦根新田藩は江戸時代中期の正徳4年(1714年)より享保19年(1734年)まで存した藩である。井伊直興の14男「井伊直定」が1万石を分与され立藩された。享保17年(1732年)、直定は奏者番に就任したが享保19年(1734年)、兄で8代藩主「井伊直惟」の養嗣子となったため...
37 PV
久居藩(津藩支藩)/藤堂家5万8千700石:藤堂高邦 本藩に従い新政府軍に恭順した久居藩【幕末維新写真館】

久居藩(津藩支藩)/藤堂家5万8千700石:藤堂高邦 本藩に従い新政府軍に恭順した久居藩【幕末維新写真館...

【藩名】 久居藩(津藩支藩) 【説明】 寛文9年(1669年)、津藩の第2代藩主「藤堂高次」が隠居して家督を子の「藤堂高久」に譲ったとき、次男の「藤堂高通」に5万石を分与して津藩の支藩である久居藩を立藩した。築城は幕府より許可されず久居陣屋と城下町を建設するに留まった。 幕末期は本家の津藩と共に天誅組討伐に参加した。そ...
39 PV
大垣新田藩(大垣藩支藩)/戸田家1万石:戸田氏良 戊辰戦争では新政府軍に恭順し北越戦争に従軍した別名野村藩【幕末維新写真館】

大垣新田藩(大垣藩支藩)/戸田家1万石:戸田氏良 戊辰戦争では新政府軍に恭順し北越戦争に従軍した別名野村...

【藩名】 大垣新田藩(大垣藩支藩) 【説明】 明暦元年(1655年)、戸田氏鉄の次男「戸田氏経」は兄の「戸田氏信」から美濃国大野郡内の新田4,000石を加増されて6,200石の知行を得た。その後、「戸田氏利」が後を継ぎ、元禄元年(1688年)7月、さらに氏利の後を継いだ「戸田氏成」が、兄の戸田氏定から美濃国内の新田3,...