よく読まれている記事

戊辰戦争

Tagged
大垣藩/場所・アクセス・地図 戸田家10万石:戸田氏共 鳥羽伏見の戦い後に恭順し戊辰戦争では新政府軍として参戦した大垣藩【幕末維新写真館】

大垣藩/戸田家10万石:戸田氏共 鳥羽伏見の戦い後に恭順し戊辰戦争では新政府軍として参戦した大垣藩【幕末...

【藩名】 大垣藩 【説明】 第11代藩主「戸田氏共」は第2次長州征伐に参加し、慶応2年(1866年)からは藩政改革を断行している。慶応4年(1868年)に勃発した「鳥羽・伏見の戦い」では大垣藩兵も旧幕府軍と共に新政府軍と戦い、朝敵に指定された。しかし新政府に出仕していた大垣藩士「小原鉄心」が直ちに大垣に帰国して先々代藩...
加納藩/場所・アクセス・地図 永井家3万2千石:永井尚服 戊辰戦争では東山道鎮撫総督府軍「岩倉具定」に帰順した加納藩【幕末維新写真館】

加納藩/永井家3万2千石:永井尚服 戊辰戦争では東山道鎮撫総督府軍「岩倉具定」に帰順した加納藩【幕末維新...

【藩名】 加納藩 【説明】 宝暦6年(1756年)、陸奥磐城平藩へ移された「安藤信成」に代わって武蔵岩槻藩主「永井直陳」が3万2,000石で入封する。第4代藩主「永井尚佐」は若年寄に昇進し、第5代藩主「永井尚典」は武家諸法度に倣って「条々」・「定」・「覚」から成る家中制度を制定し、家臣団統制を強めた。幕末最後の藩主「永...
新庄藩/戸沢家6万石:戸沢正実【幕末維新写真館】

新庄藩/戸沢家6万石:戸沢正実 戊辰戦争では庄内藩の攻撃で落城した新庄藩【幕末維新写真館】

【藩名】 新庄藩 【説明】 新庄藩は、慶応3年(1867年)の江戸薩摩藩邸焼討に庄内藩・上山藩・出羽松山藩と共に派兵したが、直接「薩摩藩」とは交戦せず、江戸市中の警備を担当した。翌慶応4年(1868年)に勃発した「戊辰戦争」では開戦当初に新政府軍の「奥羽鎮撫軍」が新庄に入ったため、新政府軍と共に庄内藩領内へ攻め込むが、...
久保田藩(秋田藩)/佐竹家20万石:佐竹義堯【幕末維新写真館】

久保田藩(秋田藩)/佐竹家20万石:佐竹義堯 戊辰戦争では新政府軍として奥羽越列藩同盟軍と徹底交戦した久...

【藩名】 久保田藩(秋田藩) 【説明】 明治維新では、当初「奥羽越列藩同盟」に参加していたが、平田篤胤の思想をなぞる尊攘派が形成されていたこともあり、仙台藩の使者を斬った上で途中から「新政府軍」に寝返った。尊攘派の中心は「吉川忠行」忠安親子であり、忠安は雷風義塾に学んでいた。 忠安は『開花策論』において尊皇思想を説き1...
仙台城(青葉城)/写真 戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の盟主に担がれた仙台藩【お城 幕末写真館】

仙台城(青葉城):戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の盟主に担がれた仙台藩【お城 幕末写真館】

【城名】 仙台城(青葉城) 【仙台城(青葉城)の説明】 幕末の仙台藩は江戸時代の長い泰平に慣れてしまっていた感があり、情報の収集や諜報機関などがあまり機能していなかった。「鳥羽伏見の戦い」が勃発しても徳川幕府の勝利を疑わず特に何の反応も示さなかった。 大藩だけに貧しい下級武士の台頭もなく、長年のしきたり通り大身の重臣ら...
請西藩陣屋(真武根陣屋):藩主の林忠崇自ら遊撃隊として戊辰戦争に参加した請西藩陣屋跡【史跡 幕末写真館】

請西藩陣屋(真武根陣屋):藩主の林忠崇自ら遊撃隊として戊辰戦争に参加した請西藩陣屋跡【史跡 幕末写真館】

【史跡名】 請西藩陣屋(真武根陣屋) 【史跡の説明】 請西藩陣屋(真武根陣屋)真武根陣屋は現在の千葉県木更津市にあった1万石(林家)の陣屋跡である。林家は「徳川家斉」が11代将軍に就任した時に、時の当主「林忠英」が小姓として出仕したことに発する家である。忠英は将軍の寵臣となり「側用人」や「若年寄」などを歴任し徐々に立身...
二本松城:戊辰戦争中二本松少年隊の悲劇で知られる二本松城【お城 幕末写真館】

二本松城:戊辰戦争中二本松少年隊の悲劇で知られる二本松城【お城 幕末写真館】

【城名】 二本松城 【二本松城の説明】 寛永20年(1643年)、加藤嘉明の子「明成」が改易となり、本家と同様に明利の子「明勝」も二本松を改易となった。代わって白河小峰城より丹羽長秀の孫「光重」が10万700石で二本松に入城した。光重は二本松藩の藩庁としての偉容を備えるため城の大改修を行った。 この際に、本丸に石垣が積...
鶴ヶ岡城(大宝寺城)/写真 戊辰戦争では連戦連勝の庄内藩酒井家の居城 鶴ヶ岡城【お城 幕末写真館】

鶴ヶ岡城(大宝寺城):戊辰戦争では連戦連勝の庄内藩酒井家の居城 鶴ヶ岡城【お城 幕末写真館】

【城名】 鶴ヶ岡城(大宝寺城) 【鶴ヶ岡城(大宝寺城)の説明】 鶴ヶ岡城は山形県鶴岡市馬場町にあった庄内藩17万石の城である。鎌倉時代に鶴ヶ岡城の前進となる大宝寺城が武藤氏(大宝寺氏)によって築かれた。 元和8年(1622年)、「最上義俊」の代にお家騒動(最上騒動)が起こり最上家は改易されてしまう。以降、最上領は分領さ...
会津若松城:戊辰戦争では新政府軍と戦火を交え白虎隊が悲劇の自刃 会津若松城【お城 幕末写真館】

会津若松城:戊辰戦争では新政府軍と戦火を交え白虎隊が悲劇の自刃 会津若松城【お城 幕末写真館】

【城名】 会津若松城 【会津若松城の説明】 加藤嘉明亡き後の加藤家ではお家騒動が絶えずついに転封が決まり、徳川二代将軍秀忠の庶子「保科正之」が会津23万石で入封し、幕末期までの長い時代を保科家(その後松平性に改名)が治めることになる。 幕末時には各地で新政府軍と旧幕府軍との間で戦が起こり、これを「戊辰戦争」と呼ぶ。鳥羽...
猪苗代城:戊辰戦争中は戦うことなく焼失した会津藩の猪苗代城【お城 幕末写真館】

猪苗代城:戊辰戦争中は戦うことなく焼失した会津藩の猪苗代城【お城 幕末写真館】

【城名】 猪苗代城 【猪苗代城の説明】 猪苗代城は福島県耶麻郡猪苗代町にあった平山城で別名「亀ヶ城」と呼ばれている。 寛永20年(1643年)に「保科正之」が会津藩主になると城代を配置するようになった。 慶応4年(1868年)の戊辰戦争の際は「母成峠の戦い」で新政府軍(薩摩藩・長州藩など)が会津藩や「新撰組」などを破っ...