よく読まれている記事

幕末維新写真館

Tagged
新発田城/写真 奥羽越列藩同盟に加わるも途中で新政府軍へ寝返った新発田藩【お城 幕末写真館】

新発田城:奥羽越列藩同盟に加わるも途中で新政府軍へ寝返った溝口氏の新発田藩【お城 幕末写真館】

【城名】 新発田城 【新発田城の説明】 新発田城は溝口家が6万石(のちに10万石)で統治していた城である。幕末時の藩論は勤皇色が強かったが立地的立場から奥羽越列藩同盟に加盟するしかなかった。藩内ではこの加盟に不服のものも多く議論は右往左往した。 さらに城下には旧幕府軍の「衝鋒隊」「会津兵」や、市川三左衛門率いる水戸藩「...
水戸城/写真 徳川御三家の一つで幕末では天狗党の乱で混迷を極めた水戸藩【お城 幕末写真館】

水戸城:徳川御三家の一つで幕末では天狗党の乱で混迷を極めた水戸藩【お城 幕末写真館】

【城名】 水戸城 【水戸城の説明】 水戸城は現在の茨城県水戸市三の丸にあった徳川御三家の城である。戦国時代には馬場氏、江戸氏が治めていたが、関ヶ原の戦い後に「佐竹義重・義宣」親子がこの城を奪取した。それまで馬場城と呼ばれていたがこの時から「水戸城」へと変名された。 幕末になると水戸藩主「徳川斉昭」が幕政に乗り出し、尊皇...
泉藩陣屋(泉城)/写真 奥羽越列藩同盟へ加盟し新政府軍と干戈を交え降伏・開城した泉藩【お城 幕末写真館】

泉藩陣屋(泉城):奥羽越列藩同盟へ加盟し新政府軍と干戈を交え降伏・開城した泉藩【お城 幕末写真館】

【城名】 泉藩陣屋 【泉藩陣屋の説明】 泉藩陣屋(泉藩)は現在の福島県いわき市泉にあった陣屋跡である。幕末時の泉藩主は「本多忠紀」で徳川譜代大名であった。泉藩は「奥羽越列藩同盟」へ加わり「白河小峰城」の戦いを発端に各地へ兵を出した。 泉藩兵は旧式装備の上、小藩の悲しい定め、まわりの大藩に従うしか選択肢がなかった。白河小...
仙台城(青葉城)/写真 戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の盟主に担がれた仙台藩【お城 幕末写真館】

仙台城(青葉城):戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の盟主に担がれた仙台藩【お城 幕末写真館】

【城名】 仙台城(青葉城) 【仙台城(青葉城)の説明】 幕末の仙台藩は江戸時代の長い泰平に慣れてしまっていた感があり、情報の収集や諜報機関などがあまり機能していなかった。「鳥羽伏見の戦い」が勃発しても徳川幕府の勝利を疑わず特に何の反応も示さなかった。 大藩だけに貧しい下級武士の台頭もなく、長年のしきたり通り大身の重臣ら...
天童城(天童藩陣屋)/写真 いち早く新政府軍に従ったことで不運を招いた吉田大八【お城 幕末写真館】

天童城(天童藩陣屋):いち早く新政府軍に従ったことで不運を招いた吉田大八【お城 幕末写真館】

【城名】 天童城(天童藩陣屋) 【天童城(天童藩陣屋)の説明】 天童城は戦国時代の初頭に最上氏の一族「里見氏」が初代とされており、今の天童市に拠点を構えた。以降、天童氏を名乗ることになった。「最上義光」が本家の当主になると天童城は攻撃にさらされ、ついに落城し最上領に組み込まれた。 落城後は廃城となっていたが、天保元年(...
関義臣/写真 福井藩士から坂本龍馬の亀山社中へ加盟後に新政府へ出仕し活躍した関義臣【人物 幕末写真館】

関義臣:福井藩士から坂本龍馬の亀山社中へ加盟後に新政府へ出仕し活躍した関義臣【人物 幕末写真館】

関 義臣 出身 越前藩 海援隊職名 関義臣は、越前福井藩出身の海援隊士で別名を山本龍二郎という。 1839年、福井藩士・山本五郎の三男に生まれる。藩校明道館に学び、幹事の橋本左内に認められて、文久2年(1862年)に昌平坂学問所に学んだ。1866年(慶応2年)、長崎の「坂本龍馬」を訪ねて亀山社中に加盟し、のちに海援隊に...
猪苗代城:戊辰戦争中は戦うことなく焼失した会津藩の猪苗代城【お城 幕末写真館】

猪苗代城:戊辰戦争中は戦うことなく焼失した会津藩の猪苗代城【お城 幕末写真館】

【城名】 猪苗代城 【猪苗代城の説明】 猪苗代城は福島県耶麻郡猪苗代町にあった平山城で別名「亀ヶ城」と呼ばれている。 寛永20年(1643年)に「保科正之」が会津藩主になると城代を配置するようになった。 慶応4年(1868年)の戊辰戦争の際は「母成峠の戦い」で新政府軍(薩摩藩・長州藩など)が会津藩や「新撰組」などを破っ...
岩沼藩(仙台藩支藩)/田村家2万石:田村建顕 一関藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

岩沼藩(仙台藩支藩)/田村家2万石:田村建顕 一関藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 岩沼藩(仙台藩支藩) 【説明】 伊達政宗の正室「愛姫」の実家である田村家は、天正18年(1590年)の豊臣秀吉による「小田原征伐」に参陣しなかったため改易に処せられた。愛姫の実子である「伊達忠宗」は母の遺言により承応2年(1653年)、忠宗の三男「伊達宗良」に田村家を再興させ「田村宗良」と名乗らせ、栗原郡岩ヶ...