よく読まれている記事

奥羽越列藩同盟

Tagged
上山藩/松平家3万石:松平信庸【幕末維新写真館】

上山藩/松平家3万石:松平信庸 奥羽越列藩同盟に与して久保田藩を攻めた上山藩【幕末維新写真館】

【藩名】 上山藩 【説明】 上山藩は慶応4年(1868年)、戊辰戦争が始まると「奥羽越列藩同盟」に参加し総督「山村求馬」率いる洋式軍隊を出羽久保田藩に派兵する。しかし、山村求馬は出羽新庄藩の裏切りにより戦死してしまう。その後は庄内藩と合流して久保田城へと進軍した。 また、飛び地であった七日市が長岡の近所であったため北越...
146 PV
本荘藩/場所・アクセス・地図 六郷家2万石:六郷政鑑 奥羽越列藩同盟からいち早く脱退し新政府軍に従った本庄藩【幕末維新写真館】

本荘藩/六郷家2万石:六郷政鑑 奥羽越列藩同盟からいち早く脱退し新政府軍に従った本庄藩【幕末維新写真館】

【藩名】 本荘藩 【説明】 六郷氏は戦国時代には出羽国山本郡六郷を支配する国人領主で、仙北七人衆の一に数えられていた。「六郷政乗」のとき豊臣秀吉の「小田原征伐(北条征伐)」に従軍し、慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」では東軍(徳川家康)に与して小野寺氏を攻撃した。戦後その功績により六郷4500石から、佐竹義宣が移...
新発田城/写真 奥羽越列藩同盟に加わるも途中で新政府軍へ寝返った新発田藩【お城 幕末写真館】

新発田城:奥羽越列藩同盟に加わるも途中で新政府軍へ寝返った溝口氏の新発田藩【お城 幕末写真館】

【城名】 新発田城 【新発田城の説明】 新発田城は溝口家が6万石(のちに10万石)で統治していた城である。幕末時の藩論は勤皇色が強かったが立地的立場から奥羽越列藩同盟に加盟するしかなかった。藩内ではこの加盟に不服のものも多く議論は右往左往した。 さらに城下には旧幕府軍の「衝鋒隊」「会津兵」や、市川三左衛門率いる水戸藩「...
磐城平城/写真 老中安藤信正を排出し奥羽越列藩同盟へ加盟後は新政府軍へ徹底抗戦した平藩【お城 幕末写真館】

磐城平城:老中安藤信正を排出し奥羽越列藩同盟へ加盟後は新政府軍へ徹底抗戦した平藩【お城 幕末写真館】

【城名】 岩城平城 【岩城平城の説明】 磐城地方は戦国時代には「岩城常隆」が統治していた地域だが、豊臣秀吉の北条征伐に参戦しなかったためこの地域の多くの大名が改易となった。その後、徳川幕府は仙台伊達家への抑えとして磐城地方に譜代大名を配置した。 この中の一つが磐城平藩安藤家である。幕末の当主「安藤信正」は井伊直弼が斃れ...
泉藩陣屋(泉城)/写真 奥羽越列藩同盟へ加盟し新政府軍と干戈を交え降伏・開城した泉藩【お城 幕末写真館】

泉藩陣屋(泉城):奥羽越列藩同盟へ加盟し新政府軍と干戈を交え降伏・開城した泉藩【お城 幕末写真館】

【城名】 泉藩陣屋 【泉藩陣屋の説明】 泉藩陣屋(泉藩)は現在の福島県いわき市泉にあった陣屋跡である。幕末時の泉藩主は「本多忠紀」で徳川譜代大名であった。泉藩は「奥羽越列藩同盟」へ加わり「白河小峰城」の戦いを発端に各地へ兵を出した。 泉藩兵は旧式装備の上、小藩の悲しい定め、まわりの大藩に従うしか選択肢がなかった。白河小...
仙台城(青葉城)/写真 戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の盟主に担がれた仙台藩【お城 幕末写真館】

仙台城(青葉城):戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の盟主に担がれた仙台藩【お城 幕末写真館】

【城名】 仙台城(青葉城) 【仙台城(青葉城)の説明】 幕末の仙台藩は江戸時代の長い泰平に慣れてしまっていた感があり、情報の収集や諜報機関などがあまり機能していなかった。「鳥羽伏見の戦い」が勃発しても徳川幕府の勝利を疑わず特に何の反応も示さなかった。 大藩だけに貧しい下級武士の台頭もなく、長年のしきたり通り大身の重臣ら...
久保田城/写真 佐竹氏の居城で幕末では奥羽越列藩同盟からいち早く脱退し新政府軍へ寝返った秋田藩【お城 幕末写真館】

久保田城:佐竹氏の居城で幕末では奥羽越列藩同盟からいち早く脱退し新政府軍へ寝返った秋田藩【お城 幕末写真...

【城名】 久保田城 【久保田城の説明】 秋田藩は関ヶ原の戦いの2年後に「佐竹義宣」が徳川家康から突如国替え(常陸国より)を命じられたことに始まる。義宣の父「佐竹義重」は徳川家康とは昵懇の仲であったが、嫡男で当主の義宣に采配の一切を任せた。 幕末の秋田藩では「平田篤胤」の勤皇思想(尊皇思想)が根付いており、この思想の系統...
盛岡城:幕末時は奥羽越列藩同盟に加盟し新政府軍と戦火を交えた藩祖南部信直の盛岡城【お城 幕末写真館】

盛岡城:幕末時は奥羽越列藩同盟に加盟し新政府軍と戦火を交えた藩祖南部信直の盛岡城【お城 幕末写真館】

【城名】 盛岡城 【城の説明】 盛岡城は岩手県盛岡市にあった南部藩の居城である。関東・東北地方では珍しい総石垣の城であり、天守台は建造されたものの天守自体は幕府への遠慮から造られなかった。城の位置は北上川と中津川の合流地点の小丘に築かれ、盛り上がる岡(盛大な岡)との意味をこめて盛岡城と命名されたと言われている。 城は本...
三池藩/立花家1万石:立花種恭 下手渡領は奥羽越列藩同盟に加盟し三池領は新政府に帰順した三池藩【幕末維新写真館】

三池藩/立花家1万石:立花種恭 下手渡領は奥羽越列藩同盟に加盟し三池領は新政府に帰順した三池藩【幕末維新...

【藩名】 三池藩 【説明】 「立花宗茂」の弟「高橋直次」は慶長19年(1614年)、常陸国筑波郡に5千石を与えられ旗本となった。その長男「立花種次」は元和7年(1621年)、旧領地であった筑後国三池郡に5000石を加増の上で1万石となり三池に移り三池藩が立藩された。第4代藩主「立花貫長」の時代、元文3年(1738年)に...
朝日山藩/場所・アクセス・地図 水野家5万石:水野忠弘 奥羽越列藩同盟で敗れた山形藩が移封されて立藩した朝日山藩【幕末維新写真館】

朝日山藩/水野家5万石:水野忠弘 奥羽越列藩同盟で敗れた山形藩が移封されて立藩した朝日山藩【幕末維新写真...

【藩名】 朝日山藩 【説明】 朝日山藩は現在の滋賀県長浜市に存在した藩である。明治3年7月17日(1870年8月13日)から明治4年7月14日(1871年8月29日)の「廃藩置県」までの約1年間存在した。奥羽越列藩同盟に与して新政府軍に敗れた山形藩主「水野忠弘」が同じ5万石をもってここに移封された。 朝日山藩は明治4年...