よく読まれている記事

奥羽戦争

Tagged
越前高田城/写真 徳川譜代大名榊原氏の居城で上越戦争の官軍拠点となった高田藩【お城 幕末写真館】

越前高田城:徳川譜代大名榊原氏の居城で上越戦争の官軍拠点となった高田藩【お城 幕末写真館】

【城名】 越前高田城(高田藩) 【高田城越前高田城(高田藩)の説明】 越前高田の地には加賀前田家の抑えや、もと上杉領だった越後を安泰させる意味も込めて徳川一族の「松平忠輝」が城主に任命された。しかし、忠輝は徳川一門にもかかわらず所業不届き等により改易となる。 その後高田城主は次々と変わり、幕末の当主は徳川譜代大名の「榊...
松代藩(川中島藩)/場所・アクセス・地図 真田家10万石:真田幸民 早くから倒幕藩として北越戦争・奥羽戦争に参加した松代藩【幕末維新写真館】

松代藩(川中島藩)/真田家10万石:真田幸民 早くから倒幕藩として北越戦争・奥羽戦争に参加した松代藩【幕...

【藩名】 松代藩(川中島藩) 【説明】 元和8年(1622年)に信州上田藩より「真田信之」が13万石で入封した。明暦4年(1658年)に3代「真田幸道」の相続時に沼田領3万石を分与し、以後10万石として幕末までこの松代をは真田家が統治した。 幕末期には8代「真田幸貫」が老中として幕政に関与する。幸貫は「寛政の改革」を主...
下手渡藩/立花家1万石:立花種恭 奥羽戦争では新政府軍側で仙台藩と戦った下手度藩【幕末維新写真館】

下手渡藩/立花家1万石:立花種恭 奥羽戦争では新政府軍側で仙台藩と戦った下手度藩【幕末維新写真館】

【藩名】 下手渡藩 【説明】 幕末の藩主「立花種恭」は慶応4年(1866年)1月10日に老中格の会計総裁となったが、すでに「戊辰戦争」が始まっており、「鳥羽伏見の戦い」において敗北を喫した直後であった。この混乱の中で種恭はその職を辞す。 同年3月2日には「三池陣屋」の藩士の主張を入れて官軍側につくことにし、3月13日に...