よく読まれている記事

函館戦争

Tagged
桑名藩/場所・アクセス・地図 松平家11万3千石:松平定敬 函館戦争まで新政府軍に抵抗した桑名藩主松平定敬【幕末維新写真館】

桑名藩/松平家11万3千石:松平定敬 函館戦争まで新政府軍に抵抗した桑名藩主松平定敬【幕末維新写真館】

【藩名】 桑名藩 【説明】 幕末の藩主「松平定敬」は将軍「徳川家茂」から厚い信任を受けていたという。元治元年(1864年)には「京都所司代」に任命され、実の兄の会津藩主「松平容保」がと共に京都の治安維持に努めた。 将軍「徳川慶喜」が「大政奉還」をしたが薩摩藩・長州藩はあくまで徳川家を武力討伐することを掲げており、徳川家...
一本木関門/写真 元新撰組副長にして蝦夷共和国では陸軍奉行並 土方歳三最後の地碑【史跡 幕末写真館】

一本木関門:元新撰組副長にして蝦夷共和国では陸軍奉行並 土方歳三最後の地碑【史跡 幕末写真館】

【史跡名】 一本木関門 【一本木関門の説明】 明治2年(1869年)4月、新政府軍が蝦夷地へ上陸し各地から函館を目指して進軍。土方歳三は「二股口」の守備につき、打ち寄せる敵軍をことごとく撃退し死守していた。しかし、木古内での敗戦が伝えられると退路を断たれる恐れから二俣口を撤退し、五稜郭へと退いた。 新政府軍は海岸線から...
中島三郎助親子(恒太郎・英次郎)

千代ヶ岡陣屋(千代ヶ岡台場):函館戦争末期最後まで降伏しなかった中島三郎助親子最後の地【史跡 幕末写真館...

【陣屋名】 千代ヶ岡陣屋(千代ヶ岡台場) 【千代ヶ岡陣屋(千代ヶ岡台場)の説明】 千代ヶ岡陣屋(千代ヶ岡台場)は函館市の千代台公園にあった幕末時の陣屋(砲台)跡である。元々徳川幕府が北方警備強化のために築いたものを榎本脱走艦隊(蝦夷共和国)が整備し五稜郭防衛のために整備した。 明治2年(1869年)、新政府軍が津軽海峡...
甲鉄艦(ストーンウォール・ジャクソン号):函館戦争で回天丸・蟠竜丸と海戦した新政府軍の甲鉄艦(別名:東艦)【軍艦 幕末写真館】

甲鉄艦(ストーンウォール・ジャクソン号):函館戦争で回天丸・蟠竜丸と海戦した新政府軍の甲鉄艦(別名:東艦...

甲鉄艦(東艦:ストーンウォール・ジャクソン号) 藩名 新政府 藩主 明治天皇 船種 バーク級装甲衝角艦 機関 帆走 備砲 0門 材質 木製 馬力 0馬力 写真 有 慶応3年(1867年)に「小野友五郎」を代表とする江戸幕府の訪米使節がアメリカに「ストーンウォール号」の買取を約束したが、翌慶応4年(1868年)に「戊辰戦...