よく読まれている記事

人見勝太郎

Tagged
小田原藩/場所・アクセス・地図 大久保家11万3千石:大久保忠礼【幕末維新写真館】

小田原藩/大久保家11万3千石:大久保忠礼 人見勝太郎率いる遊撃隊の来援で一度は旧幕府軍に協力した小田原...

【藩名】 小田原藩 【説明】 貞享3年(1686年)に、下総佐倉藩主「大久保忠朝」が10万3千石で入封した。大久保忠朝は小田原藩最初の藩主「大久保忠世」の5代目にあたり、当時は幕府の老中であった。一度は本多一派の策略により失脚した大久保氏だが以後は幕末・明治初頭まで大久保氏の支配が10代続いた。 慶応4年(1868年)...
館山藩/場所・アクセス・地図 稲葉家1万石:稲葉正巳 幕府要職を歴任した名君【幕末維新写真館】

館山藩/稲葉家1万石:稲葉正巳 幕府要職を歴任した名君を排出した館山藩【幕末維新写真館】

【藩名】 館山藩 【説明】 寛政元年(1789年)7月、「稲葉正明」は隠居して嫡子の「稲葉正武」が後を継いだ。そして寛政3年(1791年)、城山の南麓に「館山陣屋」が建設されている。文化9年(1812年)3月には家督を嫡子「稲葉正盛」に譲ったが、正盛は文政2年(1819年)12月、大坂加番中に29歳の若さで死去し、翌年...
安房勝山藩/酒井家1万2千石:酒井忠美 戊辰戦争では一部の藩士が人見勝太郎の旧幕府軍遊撃隊に参加した安房勝山藩【幕末維新写真館】

安房勝山藩/酒井家1万2千石:酒井忠美 戊辰戦争では一部の藩士が人見勝太郎の旧幕府軍遊撃隊に参加した安房...

【藩名】 安房勝山藩 【説明】 安房勝山藩は現在の千葉県安房郡鋸南町勝山に藩庁を置いた藩である。いくつかの大名家を経て酒井氏(若狭小浜藩分家)が藩主となり、明治維新まで9代にわたって存続した。安房勝山藩の石高は1万2千石で、所領の一部は越前国や上野国にも存在した。 幕末の安房勝山藩は幼少の藩主のもとで藩内が「佐幕派」と...