よく読まれている記事

人物

Tagged
岩崎弥太郎,写真,土佐藩,郷士,亀山社中,三菱財閥,実業家,人物,幕末,写真館

岩崎弥太郎:土佐藩の郷士にして亀山社中を経て三菱財閥を築いた実業家【人物 幕末写真館】

【人物】 岩崎弥太郎 【岩崎弥太郎説明】 岩崎弥太郎は土佐藩領安芸の貧しい地下浪人の出で藩の執政「吉田東洋」に師事した。東洋が暗殺されると、その後は同じ門下の「後藤象二郎」にその才能を見込まれて長崎にある亀山社中(海援隊)の会計係を務めた。 亀山社中は土佐藩を脱藩した「坂本龍馬」が脱藩浪士や商人らを集め結成した日本初の...
山岡鉄太郎/写真・銅像 江戸城無血開城の影の立役者 幕末の三舟の一人山岡鉄太郎(鉄舟)【人物・銅像 幕末写真館】

山岡鉄太郎:江戸城無血開城の影の立役者 幕末の三舟の一人山岡鉄太郎(鉄舟)【人物・銅像 幕末写真館】

【人物】 山岡鉄太郎 【山岡鉄太郎説明】 山岡鉄太郎(通称:鉄舟)は幕末の剣客にして禅・書も極めた人物として知られている。幼少期から武芸に励み北辰一刀流の門をたたく。その傍ら、庄内藩郷士「清河八郎」らとともに尊王攘夷を掲げる「虎尾の会」を結成。清河が発案し幕府が採用した浪士組結成に尽力しその世話役に任命される。 しかし...
関義臣/写真 福井藩士から坂本龍馬の亀山社中へ加盟後に新政府へ出仕し活躍した関義臣【人物 幕末写真館】

関義臣:福井藩士から坂本龍馬の亀山社中へ加盟後に新政府へ出仕し活躍した関義臣【人物 幕末写真館】

関 義臣 出身 越前藩 海援隊職名 関義臣は、越前福井藩出身の海援隊士で別名を山本龍二郎という。 1839年、福井藩士・山本五郎の三男に生まれる。藩校明道館に学び、幹事の橋本左内に認められて、文久2年(1862年)に昌平坂学問所に学んだ。1866年(慶応2年)、長崎の「坂本龍馬」を訪ねて亀山社中に加盟し、のちに海援隊に...
高松太郎:坂本龍馬の甥にして海援隊士として活躍した高松太郎(坂本直)【人物 幕末写真館】

坂本龍馬の甥にして海援隊士として活躍した高松太郎(坂本直)【人物 幕末写真館】

坂本直は土佐藩出身の海援隊隊士で幕末当時は「高松太郎」と名乗る。 坂本龍馬の甥であり、龍馬暗殺後は坂本家の家督を継いだ。天保13年に土佐藩の郷士、高松順蔵と母・千鶴(龍馬の実姉)の長男として生まれる。 19歳の時、九州に剣術修行の旅に出て旅先で武市半平太に出会ったことをきっかけに土佐勤王党に加盟し、尊皇攘夷運動に身を投...