よく読まれている記事

井上家

Tagged
浜松藩/場所・アクセス・地図 井上家6万石:井上正直 徳川家達が駿府70万石で移封となり上総鶴舞藩へ替地を賜った浜松藩【幕末維新写真館】

浜松藩/井上家6万石:井上正直 徳川家達が駿府70万石で移封となり上総鶴舞藩へ替地を賜った浜松藩【幕末維...

【藩名】 浜松藩 【説明】 天保5年(1834年)、「水野忠邦」は老中となったことから1万石の加増を受けて浜松7万石の大名となる。しかし、「天保の改革」に失敗したことから弘化2年(1845年)9月に2万石を減封され、家督を子の「水野忠精」に譲り隠居の上、さらに蟄居に処された。そして、11月には出羽山形藩に移封となる。 ...
高岡藩/井上家1万石:井上正順 新政府に恭順し家名を保った高岡藩【幕末維新写真館】

高岡藩/井上家1万石:井上正順 新政府に恭順し家名を保った高岡藩【幕末維新写真館】

【藩名】 高岡藩 【説明】 慶応4年(1868年)の「戊辰戦争」では新政府に従い、藩主「井上正順」は従五位下・宮内少輔に叙位任官する。その後、「版籍奉還」により高岡藩知事になり、廃藩置県で藩知事を免職となった。明治8年(1875年)には警視庁15等を拝命し、翌9年(1876年)には警部補に昇進した。 高岡藩主の井上家は...
鶴舞藩/井上家6万石:井上正直【幕末維新写真館】

鶴舞藩/井上家6万石:井上正直【幕末維新写真館】

【藩名】 鶴舞藩 【説明】 明治維新により徳川幕府が敗れ新政府が樹立されると、徳川家は駿河・遠江70万石を安堵された。これのより駿河・遠江の大名は上総に移封され、浜松藩は上総鶴舞に移されて鶴舞藩を立藩した。明治4年(1871年)、藩主「井上正直」が鶴舞藩知事として「廃藩置県」を迎え、鶴舞藩は廃藩となった。 【場所・アク...
下妻藩/場所・アクセス・地図 井上家1万石:井上正巳 一部藩士が会津戦争へ参戦し改易の危機に瀕した下妻藩【幕末維新写真館】

下妻藩/井上家1万石:井上正巳 一部藩士が会津戦争へ参戦し改易の危機に瀕した下妻藩【幕末維新写真館】

【藩名】 下妻藩 【説明】 正徳2年(1712年)「井上正長」が1万石で下妻へ入封し下妻藩が立藩する。正長は美濃郡上藩主「井上正任」の三男であったが、父から3000石を分与されて交代寄合となり、「徳川家宣」が甲府藩主の時代からその家老を務め、家宣が将軍後継者となると御側衆となり3000石を加増された。 その後も順調に加...