よく読まれている記事

丹羽家

Tagged
高柳藩(首城藩)/丹羽家1万石:丹羽薫氏 播磨三草藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

高柳藩(首城藩)/丹羽家1万石:丹羽薫氏 播磨三草藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 高柳藩(首城藩) 【説明】 高柳藩は、江戸時代中期に越後国に存在した藩で首城藩とも呼ばれている。美濃国岩村藩5代藩主「丹羽氏音」は、幕府よりお家騒動を咎められ、2万石から1万石に知行半減の上で元禄15年(1702年)に越後国頸城郡高柳(現在の新潟県妙高市高柳)に移封となった。 この時丹羽氏は城主大名から無城大...
江戸崎藩/丹羽家2万石:丹羽長重 陸奥棚倉藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

江戸崎藩/丹羽家2万石:丹羽長重 陸奥棚倉藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 江戸崎藩 【説明】 慶長8年(1603年)、本多正信や内藤清成らと並んで関東総奉行を務めた徳川氏譜代の家臣「青山忠成」が1万石で入ったことにより江戸崎藩が立藩する。なお、忠成の嫡子「青山忠俊」は父とは別に5,000石を領していたが、徳川家光の後見人となったため、慶長15年(1610年)に下野国都賀郡鹿沼におい...
常陸古渡藩/丹羽家1万石:丹羽長重 江戸崎藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

常陸古渡藩/丹羽家1万石:丹羽長重 江戸崎藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 常陸古渡藩 【説明】 「関ヶ原の戦い」の功により近江の一部を領していた「山岡景友」が初代古渡藩主として封じられたが、無嗣改易となった。その後、関ヶ原の戦いで中立を貫いて「前田利長」と争ったため、一時期改易されていた「丹羽長重」が、許されて慶長8年(1603年)に常陸国河内郡内に1万石を与えられて常陸古渡藩を立...
二本松藩/丹羽家10万7千石:丹羽長国【幕末維新写真館】

二本松藩/丹羽家10万7千石:丹羽長国 戊辰戦争では二本松少年隊の悲劇で知られる二本松藩【幕末維新写真館...

【藩名】 二本松藩 【説明】 幕末期、第10代二本松藩主「丹羽長国」は江戸湾警備、京都警衛、天狗党の乱鎮圧などで活躍した。戊辰戦争では奥羽越列藩同盟に参加して新政府軍と戦ったが、各地で敗戦を重ねて明治元年(1868年)7月28日に長国は米沢藩に逃亡し、翌日に二本松城は落城した。 この二本松城の攻防戦で特に有名なのが「二...