よく読まれている記事

下野

Tagged
百首藩(造海城)/場所・アクセス・地図 松平家1万500石:松平重則 下野皆川へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

百首藩(造海城)/松平家1万500石:松平重則 下野皆川へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 百首藩(別名:造海城) 【説明】 寛永10年(1633年)4月、「松平重則」が4000石を加増され1万500石を領する大名とし列すると「百首藩」を立藩した。しかし、寛永17年(1640年)、所領を下野国「皆川藩」に移封され「百首藩」は廃藩となった。 「松平定信」の「寛政の改革」では海防の整備が百首にて計画され...
堅田藩/堀田家1万3千石:堀田正敦 藩政や城下町の整備に力を注いだが下野佐野へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

堅田藩/堀田家1万3千石:堀田正敦 藩政や城下町の整備に力を注いだが下野佐野へ移封のため廃藩【幕末維新写...

【藩名】 堅田藩 【説明】 戦国時代、堅田は堅田水軍と呼ばれる水軍衆が存在し、安土城を本拠とする織田信長にとって堅田は重要な拠点だった。徳川家康が天下を統一すると、元禄11年(1698年)3月7日、下野国佐野藩主であった「堀田正高」が1万石で堅田に移封され堅田藩が立藩した。 藩政の基礎は初代藩主「正高」から第3代藩主「...
十七条藩/稲葉家1万石:稲葉正成 下野真岡藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

十七条藩/稲葉家1万石:稲葉正成 下野真岡藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 十七条藩 【説明】 「小早川秀秋」の家老「稲葉正成」は「関ヶ原の戦い」で「平岡頼勝」とともに秀秋の東軍裏切り工作を行なった人物として有名であるが、秀秋没後に浪人する。やがて「徳川家康」に召し出され、慶長12年(1607年)、美濃国内に1万石を与えられて十七条藩を立藩した。 元和4年(1618年)2月、正成は「...
三河中島藩/板倉家5万石:板倉重矩 幕府要職を歴任し下野烏山藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

三河中島藩/板倉家5万石:板倉重矩 幕府要職を歴任し下野烏山藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 三河中島藩 【説明】 「板倉重矩」は家督相続のとき藩庁を深溝から中島に移し三河中島藩1万石が立藩した。重矩は万治3年(1660年)11月に大坂定番に任じられて功を挙げたことから、1万石を加増された。 寛文5年(1665年)12月には老中に栄進し、翌年には上野国や武蔵国内などにおいて2万石を加増された。寛文8年...
東条藩(西郷氏館跡)/西郷家1万8千石:西郷寿員 下野上田藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

東条藩(西郷氏館跡)/西郷家1万8千石:西郷寿員 下野上田藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 東条藩 【説明】 元和6年(1620年)9月、下総国生実で5,000石を知行していた旗本「西郷正員」は、安房国への転封・加増を受けて1万石の大名となり、「東条藩」を立藩した。 東条藩の藩庁場所は現在の「西郷氏館跡」が有力とされておりほぼ間違いないという。 正員は寛永15年(1638年)11月14日に死去し、跡...
曾我野藩/戸田家1万1千2百石:戸田忠綱 明治初期に下野高徳藩から移封により立藩【幕末維新写真館】

曾我野藩/戸田家1万1千2百石:戸田忠綱 明治初期に下野高徳藩から移封により立藩【幕末維新写真館】

【藩名】 曾我野藩 【説明】 曽我の地は江戸時代を通じて幕府直轄領であった。明治2年の「廃藩置県」により葛飾県の管轄となり、明治3年(1870年)3月には、下野国高徳藩知事であった「戸田忠綱」が曾我野に移封となった。ここに「曾我野藩」が立藩された。翌明治4年(1871年)、7月の「廃藩置県」によって曾我野藩は曾我野県と...
岩富藩/北条家1万石:北条氏重 下野富田藩に移封のため廃藩【幕末維新写真館】

岩富藩/北条家1万石:北条氏重 下野富田藩に移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 岩富藩 【説明】 北条氏勝は天正18年(1590年)、豊臣秀吉による「小田原征伐」の際に「玉縄城」で善戦したが、本多忠勝や榊原康政の説得を受けて徳川家康に降伏し、やがて家康の家臣となった。この氏勝が小田原征伐後、原氏に替わって下総国岩富1万石を与えられ「岩富藩」が立藩された。 氏勝は慶長5年(1600年)の「...
矢作藩/三浦家1万石:三浦正次 下野壬生藩に移封のため廃藩【幕末維新写真館】

矢作藩/三浦家1万石:三浦正次 下野壬生藩に移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 矢作藩 【説明】 豊臣秀吉の「北条征伐」後、関東に移封された「徳川家康」は、下総国分氏の居城「下総矢作城(大崎城)」に「鳥居元忠」を4万石で入封させた。これが矢作藩の立藩である。 翌年の慶長5年(1600年)に勃発した「関ヶ原の戦い」の前哨戦「伏見城攻防戦」で元忠は戦死してしまった。家康は戦後、元忠の武功を賞...
145 PV
下野山川藩/太田家1万5千6百石:太田資宗 三河国西尾藩へ移封とり廃藩【幕末維新写真館】

下野山川藩/太田家1万5千6百石:太田資宗 三河国西尾藩へ移封とり廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 下野山川藩 【説明】 太田重正の次男「太田資宗」は「徳川家光」に仕えて5600石の旗本となった。さらに「松平信綱」や「阿部重次」「三浦正次」「阿部忠秋」「堀田正盛」と並んで家光側近六人衆の一人にまで栄進した。このため、寛永12年(1635年)、下野国山川に1万石の加増を受けて1万5600石の大名として諸侯に列...
五井藩/有馬家1万石:有馬氏郁 下野吹上藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

五井藩/有馬家1万石:有馬氏郁 下野吹上藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 五井藩 【説明】 天明元年(1781年)11月28日、西条藩第5代藩主有馬氏恕は上総国市原郡五井に本拠を移し、有馬家は五井藩となった。有馬家は定府が解かれて参勤交代が命じられ、翌天明2年(1782年)2月には初めての藩主領国入りが行われている。しかし間もなく、氏恕は天明3年(1783年)、23歳で死去した。 ...