よく読まれている記事

下総国

Tagged
石戸藩/牧野家1万1千石:牧野信成 下総国関宿藩に加増移封のため廃藩【幕末維新写真館】

石戸藩/牧野家1万1千石:牧野信成 下総国関宿藩に加増移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 石戸藩 【説明】 石戸藩は、現在の埼玉県上尾市北西部から鴻巣市南西部にかけてを統治した藩である。領内の川田谷(現在の桶川市川田谷)に陣屋を設置した。 石戸藩祖は「牧野信成」である。牧野氏には同姓同名の人物が同時代にいるために混乱を生じやすいが、この信成は天正6年(1578年)、「牧野康成」の子として生まれ、慶...
鹿沼藩/内田家1万5千石:内田正親 下総国小見川藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

鹿沼藩/内田家1万5千石:内田正親 下総国小見川藩へ移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 鹿沼藩 【説明】 正保4年(1647年)、小姓組番頭であった「朽木稙綱」は、鹿沼において5千石を加増され、2万5000石の大名として鹿沼藩を立藩した。しかし慶安2年(1649年)に稙綱は常陸国土浦藩に移され、代わって相模国・下総国・常陸国などで1万石を領していた「内田正信」が5000石加増の上、1万5千石で入...