よく読まれている記事

下総

Tagged
遠江久野藩/北条家1万石:北条氏重 下総関宿へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

遠江久野藩/北条家1万石:北条氏重 下総関宿へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 遠江久野藩 【説明】 慶長3年(1598年)、「松下之綱」が死去し、後を子の「松下重綱」が継いだ。重綱は「関ヶ原の戦い」においては徳川家康率いる東軍に与して大垣城の牽制に務め所領を安堵された。ところが、久野城の石畳を幕府に許可なく修理したことを咎められて、常陸国に移封を命じられた。これにより久野藩は、一時的に...
本庄藩/小笠原家1万石:小笠原信之 下総古河藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

本庄藩/小笠原家1万石:小笠原信之 下総古河藩へ加増転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 本庄藩 【説明】 「小笠原信嶺」が本庄城の新城主として当地を治めたが、入城してから8年目の慶長3年(1598年)に死去し、その家督を継いだ「小笠原信之」が本庄藩初代藩主となった。 信之は徳川四天王の筆頭「酒井忠次」の三男であり、家康の命によって信嶺の養嗣子となっていた。慶長17年(1612年)、信之は下総国古...
下総三浦藩/三浦家1万石:三浦重勝 無嗣改易のため廃藩【幕末維新写真館】

下総三浦藩/三浦家1万石:三浦重勝 無嗣改易のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 下総三浦藩 【説明】 天正18年(1590年)8月、豊臣秀吉の「北条征伐」後に「徳川家康」は関東に移封され、家臣の「三浦重成」は上総国山辺郡・下総国印旛郡などに1万石の所領を与えられ、下総三浦藩を立藩した。藩庁は初め本佐倉城に作られ、後に大網城に移ったと言われるが詳細は不明。 重成は豊臣姓を下賜され、慶長7年...
潤井戸藩(潤井戸陣屋)/永井家2万4千石:永井尚政 下総古河藩へ転封のため廃藩【幕末維新写真館】

潤井戸藩(潤井戸陣屋)/永井家2万4千石:永井尚政 下総古河藩へ転封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 潤井戸藩(潤井戸陣屋) 【説明】 元和5年(1619年)、武蔵国や近江国内に5000石を領していた「永井尚政」は、上総国市原郡潤井戸において1万石を加増され、1万5000石を領する大名に列したことから「潤井戸藩」が立藩された。 寛永3年(1626年)、尚政の父である下総国古河藩主「永井直勝」が死去したため、直...