よく読まれている記事

上野戦争

Tagged
佐土原藩(薩摩藩支藩)/場所・アクセス・地図 島津家2万7千石:島津忠寛 薩摩藩と共に上野戦争や会津戦争に参戦した佐土原藩【幕末維新写真館】

佐土原藩(薩摩藩支藩)/島津家2万7千石:島津忠寛 薩摩藩と共に上野戦争や会津戦争に参戦した佐土原藩【幕...

【藩名】 佐土原藩(薩摩藩支藩) 【説明】 慶長8年(1603年)、「島津貴久」の弟「忠将」の子である「島津以久」が日向国那珂郡・児湯郡内で3万石を与えられて佐土原城を拠点とした。元々は「島津家久」「島津豊久」親子の領地であったのが、「関ヶ原の戦い」で豊久が死去し無嗣断絶扱いになり改めて江戸幕府より「以久」に与えられた...
佐賀藩/場所・アクセス・地図 鍋島家35万7千石:鍋島直正(閑叟)幕末当時最新鋭の洋式軍を保持し上野戦争や函館五稜郭の戦いに参戦した佐賀藩(肥前藩)【幕末維新写真館】

佐賀藩/鍋島家35万7千石:鍋島直正(閑叟)幕末当時最新鋭の洋式軍を保持し上野戦争や函館五稜郭の戦いに参...

【藩名】 佐賀藩 【説明】 幕末の藩主「鍋島直正」は精錬方という科学技術の研究機関を創設し、鉄鋼、加工技術、大砲、蒸気機関、電信、ガラスなどの研究・開発・生産を行い、佐賀藩(肥前藩)は幕末期における最も近代化された藩の一つとなった。 慶応元年(1865年)には日本最初の実用蒸気船「凌風丸」を進水させ有明海内の要人輸送に...