よく読まれている記事

上洛

Tagged
臼杵藩/場所・アクセス・地図 稲葉家5万石:稲葉久通 豊後国中もっとも遅い上洛だったがいち早く版籍奉還を行った臼杵藩【幕末維新写真館】

臼杵藩/稲葉家5万石:稲葉久通 豊後国中もっとも遅い上洛だったがいち早く版籍奉還を行った臼杵藩【幕末維新...

【藩名】 臼杵藩 【説明】 臼杵には豊臣秀吉の家臣「太田一吉」が6万5000石で入封していた。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で石田三成との関係上西軍に与したために、改易された。その後、「稲葉貞通」が「関ヶ原の戦い」で西軍から東軍に寝返り関ヶ原の本戦にて武功を挙げたことで、美濃国郡上八幡4万石から臼杵5万石に加...
三草藩/丹羽家1万石:丹羽氏中 新政府の要請に応じて上洛し戊辰戦争では軍資金を献上した三草藩【幕末維新写真館】

三草藩/丹羽家1万石:丹羽氏中 新政府の要請に応じて上洛し戊辰戦争では軍資金を献上した三草藩【幕末維新写...

【藩名】 三草藩 【説明】 越後国高柳藩主「丹羽薫氏」は元文4年(1739年)大坂定番を任じられ、河内国・播磨国・美作国に所領を移された。さらに延享3年(1746年)河内国の所領を播磨国内に移され、三草に陣屋を構えて三草藩が成立した。この丹羽氏は戦国時代には織田氏の家臣だったが、織田信長の重臣「丹羽長秀」の家とは別家で...
安志藩/小笠原家1万石:小笠原貞孚 新政府の要請に応じて重臣を上洛させ恭順した安志藩【幕末維新写真館】

安志藩/小笠原家1万石:小笠原貞孚 新政府の要請に応じて重臣を上洛させ恭順した安志藩【幕末維新写真館】

【藩名】 安志藩 【説明】 享保元年(1716年)中津藩第5代藩主「小笠原長邕」が5歳で夭逝したが、弟の長興が安志に1万石で立藩を認められた。藩祖「長興」は生来から病弱だったため、わずか19歳で隠居する。しかし継嗣がいなかったため、小倉藩第3代藩主「小笠原忠基」の次男「長逵」を第2代藩主に迎えた。このため以後は、小倉藩...
山家藩/谷家1万石:谷衛滋 新政府の要請に応じ上洛し西園寺公望引きいる山陰道鎮撫軍に従った山家藩【幕末維新写真館】

山家藩/谷家1万石:谷衛滋 新政府の要請に応じ上洛し西園寺公望引きいる山陰道鎮撫軍に従った山家藩【幕末維...

【藩名】 山家藩 【説明】 藩祖「谷衛友」は織田信長・豊臣秀吉に仕えて丹波国山家にて1万6000石を拝領した。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」では西軍に属して「小野木重勝」らと行動を共にし、東軍の細川藤孝(細川幽斎)の丹後国田辺城を包囲する。しかし、西軍に属したのは本意でなかったため、歌道の師匠でもあった藤孝に...
丹南藩/高木家1万石:高木正坦 新政府の上京要請に応じて上洛し新政府軍に従った丹南藩【幕末維新写真館】

丹南藩/高木家1万石:高木正坦 新政府の上京要請に応じて上洛し新政府軍に従った丹南藩【幕末維新写真館】

【藩名】 丹南藩 【説明】 藩祖の「高木正次」は、相模国・武蔵国・上総国・下総国及び近江国に9千石を領する徳川家の旗本だった。元和9年(1623年)に大坂定番に就任し1千石の加増を受け、河内国丹南郡22村に1万石を領する大名となった。2代正成の時に安房国・上総国に3千石が加増されたが、3代正弘の時に2人の弟に1千5百石...
伯太藩(大庭寺藩・野本藩)/渡辺家1万3千500石:渡辺章綱 慶応4年に上洛し新政府軍に従った伯太藩【幕末維新写真館】

伯太藩(大庭寺藩・野本藩)/渡辺家1万3千500石:渡辺章綱 慶応4年に上洛し新政府軍に従った伯太藩【幕...

【藩名】 伯太藩(大庭寺藩・野本藩) 【説明】 野本藩初代藩主の「渡辺吉綱」は「渡辺重綱」の五男で、尾張藩家老を務めた渡辺宗家(寺部陣屋1万4千石)の分家筋にあたる。吉綱は江戸幕府第4代将軍「徳川家綱」の側用人を務めたのち、寛文元年(1661年)に大坂定番となり、河内・和泉両国に1万石を加増されて大名となった。 吉綱の...
牛久藩/場所・アクセス・地図 山口家1万石:山口弘達 戊辰戦争では恭順を示し藩主が上洛した牛久藩【幕末維新写真館】

牛久藩/山口家1万石:山口弘達 戊辰戦争では恭順を示し藩主が上洛した牛久藩【幕末維新写真館】

【藩名】 牛久藩 【説明】 牛久藩の藩祖「山口重政」は織田信長の次男「織田信雄」に仕え、その後に「徳川家康」に仕えた。そして慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」における戦功により、上総国5000石、武蔵国5000石の所領を与えられ、合計1万石を領する大名になった。その後、下野国にも5000石を加増され1万5000石...