よく読まれている記事

三浦家

Tagged
美作勝山藩/三浦家2万3千石:三浦顕次 譜代大名だが佐幕同盟を脱して新政府に従った勝山藩【幕末維新写真館】

美作勝山藩/三浦家2万3千石:三浦顕次 譜代大名だが佐幕同盟を脱して新政府に従った勝山藩【幕末維新写真館...

【藩名】 美作勝山藩 【説明】 明和元年(1764年)、譜代大名の「三浦明次」が三河国西尾藩より転封となり立藩された。真島郡内の96村と大庭郡内の1村を与えられ2万3千石で立藩だった。高田城を藩庁としたため当初は高田藩とも称されたが、しばらくして、高田城を勝山城に改称し勝山藩と称されるようになる。 2代藩主「矩次」は真...
下総三浦藩/三浦家1万石:三浦重勝 無嗣改易のため廃藩【幕末維新写真館】

下総三浦藩/三浦家1万石:三浦重勝 無嗣改易のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 下総三浦藩 【説明】 天正18年(1590年)8月、豊臣秀吉の「北条征伐」後に「徳川家康」は関東に移封され、家臣の「三浦重成」は上総国山辺郡・下総国印旛郡などに1万石の所領を与えられ、下総三浦藩を立藩した。藩庁は初め本佐倉城に作られ、後に大網城に移ったと言われるが詳細は不明。 重成は豊臣姓を下賜され、慶長7年...
矢作藩/三浦家1万石:三浦正次 下野壬生藩に移封のため廃藩【幕末維新写真館】

矢作藩/三浦家1万石:三浦正次 下野壬生藩に移封のため廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 矢作藩 【説明】 豊臣秀吉の「北条征伐」後、関東に移封された「徳川家康」は、下総国分氏の居城「下総矢作城(大崎城)」に「鳥居元忠」を4万石で入封させた。これが矢作藩の立藩である。 翌年の慶長5年(1600年)に勃発した「関ヶ原の戦い」の前哨戦「伏見城攻防戦」で元忠は戦死してしまった。家康は戦後、元忠の武功を賞...
123 PV