よく読まれている記事

一柳家

Tagged
川之江藩/場所・アクセス・地図 一柳家2万8千石:一柳直家 病死のため末期養子を届けるも所領を没収された川之江藩【幕末維新写真館】

川之江藩/一柳家2万8千石:一柳直家 病死のため末期養子を届けるも所領を没収された川之江藩【幕末維新写真...

【藩名】 川之江藩 【説明】 寛永13年(1636年)、伊勢国神戸藩主「一柳直盛」は伊予国西条藩6万8千石に加増転封を受けた。しかし、采地に赴く途中、大坂で没してしまう。直盛の遺領は三人の男子によって分割され、西条藩は長男「直重」が3万石で継ぎ、三男の「直頼」は伊予国小松で1万石を分与された。 次男の直家は、既に領して...
小松藩/一柳家1万石:一柳頼明 戊辰戦争では新政府軍に加わり北越戦争を戦った小松藩【幕末維新写真館】

小松藩/一柳家1万石:一柳頼明 戊辰戦争では新政府軍に加わり北越戦争を戦った小松藩【幕末維新写真館】

【藩名】 小松藩 【説明】 伊予国東部には、西から小松藩・西条藩・川之江藩(小野藩)と一柳家の兄弟の所領が連なることとなったが、寛永19年(1642年)に小野藩の直家が没すると伊予国内の所領1万8600石が幕府に没収されて天領となった。寛文5年(1665年)には西条藩の「一柳直興(直重の子)」が改易され、伊予国には小松...
小野藩/一柳家1万石:一柳末徳 戊辰戦争では新政府軍に帰順し北越戦争に参戦した小野藩【幕末維新写真館】

小野藩/一柳家1万石:一柳末徳 戊辰戦争では新政府軍に帰順し北越戦争に参戦した小野藩【幕末維新写真館】

【藩名】 小野藩 【説明】 寛永13年(1636年)、伊勢国神戸藩主「一柳直盛」に伊予国西条藩6万8000石が与えられた。直盛の次男「直家」がこのとき播磨国加東郡内で5000石を分与された。同年、直盛が任地に赴く途中大坂で没するとその遺領は男子3人によって分割されることになった。長男直重が西条藩3万石を継ぎ、三男は「直...