よく読まれている記事



関義臣:福井藩士から坂本龍馬の亀山社中へ加盟後に新政府へ出仕し活躍した関義臣【人物 幕末写真館】

関義臣:福井藩士から坂本龍馬の亀山社中へ加盟後に新政府へ出仕し活躍した関義臣【人物 幕末写真館】

関 義臣
出身 越前藩
海援隊職名






関義臣は、越前福井藩出身の海援隊士で別名を山本龍二郎という。

1839年、福井藩士・山本五郎の三男に生まれる。藩校明道館に学び、幹事の橋本左内に認められて、文久2年(1862年)に昌平坂学問所に学んだ。1866年(慶応2年)、長崎の「坂本龍馬」を訪ねて亀山社中に加盟し、のちに海援隊に属した。1868年(明治元年)には、学問所で舎長を務めた。

1870年(明治3年)の武生騒動に関与して捕縛されるも、新政府の斡旋により釈放される。

関義臣/写真 福井藩士から坂本龍馬の亀山社中へ加盟後に新政府へ出仕し活躍した関義臣【人物 幕末写真館】

大阪府権判事をはじめ、鳥取県権令や宮城控訴院検事長、大審院検事、徳島県知事、山形県知事、貴族院議員などを歴任。1907年(明治40年)9月、日露戦争の功により男爵を授けられる。のち錦鶏間祗候となる。

1918年3月、肺炎のため死去。享年79。






あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください