よく読まれている記事



開陽丸:江差沖で座礁した旧幕府軍榎本脱走艦隊の旗艦船 開陽丸【軍艦 幕末写真館】

開陽丸:江差沖で座礁した旧幕府軍榎本脱走艦隊の旗艦船 開陽丸【軍艦 幕末写真館】
4/5 (1)

開陽丸
藩名 江戸幕府
藩主 徳川慶喜
船種 シップ級フリゲート
機関 蒸気内車
備砲 24門
材質 木製
馬力 1200馬力
写真

※蝦夷共和国総裁 榎本武揚
榎本武揚 蝦夷共和国総裁






開陽丸は幕末期に幕府がオランダに発注した当時最先端の軍艦である。木造のシップ型帆船で排水量2,590t、長さ約72.8m、幅約13m、高さ約45m、マスト3本、補助蒸気機関410馬力、備砲は当時最新鋭のクルップ砲を含む26門を備えていた。

艦長は長崎伝習所二期生の榎本武揚で一期生には当時軍艦奉行を務めていた勝海舟がいる。
徳川慶喜が「大政奉還」を二条城で各大名に表明した際には、僚艦の回天丸、朝陽丸と共に江戸湾に在った。しかし、西郷隆盛らによる江戸の町を撹乱するという行為に対して、庄内藩が薩摩藩邸を襲撃。この時、多くの薩摩お抱え浪士や薩摩藩士が江戸を脱出した。

開陽丸:江差沖で座礁した旧幕府軍榎本脱走艦隊の旗艦船 開陽丸【史跡 幕末写真館】

浪士らは薩摩藩船の翔鳳丸に乗って江戸脱出を図り、開陽丸はこれを追い大阪まで辿り着きこのまま大阪湾警護の任に就いた。
大政奉還後に鳥羽伏見の戦いが勃発すると形勢不利と考えた「徳川慶喜」が艦長の榎本武揚不在のまま開陽丸に乗って江戸城へ撤退したのである。そして、以後は謹慎を続けることとなる。

一方、薩摩・長州・土佐・肥前などの新政府軍に最後まで抵抗すべく榎本ら旧幕府軍海軍は一路北を目指し函館五稜郭で徳川家家臣たちのため土地を開墾し、貿易を行い独立国家を目指した。

当然新政府軍がこれを許すことはなく、函館戦争が勃発することとなるが旧幕府海軍の旗艦である「開陽丸」は江差沖にて座礁し海の藻屑と消えた。これにより海軍力の比率が大きく変わり函館戦争の運命を大きく変えることになるのである。






【開陽丸青少年センター地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)