よく読まれている記事



練兵館跡:江戸三大道場の一つ神道無念流 斎藤弥九郎の練兵館【史跡 幕末維新写真館】

練兵館跡:江戸三大道場の一つ神道無念流 斎藤弥九郎の練兵館【史跡 幕末維新写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【史跡名】
練兵館跡

【練兵館跡の説明】
幕末の江戸三大道場の一つ「練兵館(れんぺいかん)」は、「玄武館」「士学館」と並んで最も栄えた剣術道場であった。創始者は「神道無念流」を完成させた「斎藤弥九郎」という。

練兵館跡/写真 江戸三大道場の一つ神道無念流 斎藤弥九郎の練兵館【史跡 幕末維新写真館】

ちなみに、江戸の三大道場と言えば、「技の千葉」「位の桃井」「力の斎藤」と称され、それぞれ内訳は以下の通りである。

◎練兵館
 神道無念流 斎藤弥九郎

◎玄武館
 北辰一刀流 千葉周作

◎士学館
 鏡新明智流 桃井春蔵

練兵館はもともと九段坂下にあったが、のちに九段坂上(現在の靖国神社内)に移った。
この剣術道場には長州藩の子弟が多く「桂小五郎」「高杉晋作」「井上聞多」「伊藤博文」「品川弥二郎」に加え、大村藩の「渡辺昇」などが有名である。

練兵館跡/写真 江戸三大道場の一つ神道無念流 斎藤弥九郎の練兵館【史跡 幕末維新写真館】

「斎藤弥九郎」は長州藩から扶持をもらっていたことからも長州藩士が門弟が多かったとみられる。明治維新後はこの場所に「靖国神社」が創建され、また、時代の波とともに剣術道場は廃れていった。

現在の練兵館跡地には記念碑と看板が設置されているが、靖国神社内の目立たない場所にあるため注意が必要である。

【練兵館跡・場所・アクセス】
〒102-0073 東京都千代田区九段北3-1






【練兵館跡地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)