よく読まれている記事



弁天台場跡:新政府軍からの函館湾防衛に構築された旧幕府軍の弁天台場【史跡 幕末写真館】

弁天台場跡:新政府軍からの函館湾防衛に構築された旧幕府軍の弁天台場【史跡 幕末写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【史跡名】
弁天台場跡

【弁天台場跡説明】
弁天台場は箱館港の防衛拠点として1863年(文久3年)に完成した砲台である。洋式城郭五稜郭を手掛けた「武田斐三郎」の設計により、徳川幕府が約8年の歳月をかけて建造した。

箱館戦争時、旧幕府軍の重要拠点だったが、新政府軍の攻撃で五稜郭降伏前に降伏。
台場は1896年(明治29)に解体され、今はその痕跡も残っていない。

【弁天台場跡・アクセス・場所・地図】
北海道函館市弁天町20






【弁天台場跡地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)