よく読まれている記事

お城

Category
新発田城/写真 奥羽越列藩同盟に加わるも途中で新政府軍へ寝返った新発田藩【お城 幕末写真館】

新発田城:奥羽越列藩同盟に加わるも途中で新政府軍へ寝返った溝口氏の新発田藩【お城 幕末写真館】

【城名】 新発田城 【新発田城の説明】 新発田城は溝口家が6万石(のちに10万石)で統治していた城である。幕末時の藩論は勤皇色が強かったが立地的立場から奥羽越列藩同盟に加盟するしかなかった。藩内ではこの加盟に不服のものも多く議論は右往左往した。 さらに城下には旧幕府軍の「衝鋒隊」「会津兵」や、市川三左衛門率いる水戸藩「...
彦根城/写真 長州征伐までは佐幕派を通したが鳥羽伏見の戦い以降新政府軍へ転じた彦根藩【お城 幕末写真館】

彦根城:長州征伐までは佐幕派を通したが鳥羽伏見の戦い以降新政府軍へ転じた彦根藩【お城 幕末写真館】

【城名】 彦根城 【彦根城の説明】 彦根藩の幕末時の藩主はあまりにも有名な大老「井伊直弼」である。直弼は兄「直亮」の急死により藩主となり、幕府継嗣問題に積極的に関わり一橋派を排して紀州藩「徳川家茂」の将軍就任に貢献した。 安政5年(1858年)には「大老」に就き、勅許を得ず「日米修好通商条約」に調印し、さらに反開国派(...
郡上八幡城/写真 江戸藩邸の佐幕派が凌霜隊を結成し旧幕府軍として奮戦した郡上藩【お城 幕末写真館】

郡上八幡城:江戸藩邸の佐幕派が凌霜隊を結成し旧幕府軍として奮戦した郡上藩【お城 幕末写真館】

【お城名】 郡上八幡城 【郡上八幡城の説明】 幕末時の郡上藩は青山家が治める領地で2万4千石という小藩であった。戊辰戦争が勃発すると領内は尊皇へと傾き、一方江戸藩邸ではあくまで佐幕派と貫こうと言う一派があった。 ※白虎隊の悲劇 飯盛山に建立する凌霜隊を弔う石碑 江戸家老「朝比奈藤兵衛」は子息「朝比奈茂吉」に一隊を組織さ...
磐城平城/写真 老中安藤信正を排出し奥羽越列藩同盟へ加盟後は新政府軍へ徹底抗戦した平藩【お城 幕末写真館】

磐城平城:老中安藤信正を排出し奥羽越列藩同盟へ加盟後は新政府軍へ徹底抗戦した平藩【お城 幕末写真館】

【城名】 岩城平城 【岩城平城の説明】 磐城地方は戦国時代には「岩城常隆」が統治していた地域だが、豊臣秀吉の北条征伐に参戦しなかったためこの地域の多くの大名が改易となった。その後、徳川幕府は仙台伊達家への抑えとして磐城地方に譜代大名を配置した。 この中の一つが磐城平藩安藤家である。幕末の当主「安藤信正」は井伊直弼が斃れ...
水戸城/写真 徳川御三家の一つで幕末では天狗党の乱で混迷を極めた水戸藩【お城 幕末写真館】

水戸城:徳川御三家の一つで幕末では天狗党の乱で混迷を極めた水戸藩【お城 幕末写真館】

【城名】 水戸城 【水戸城の説明】 水戸城は現在の茨城県水戸市三の丸にあった徳川御三家の城である。戦国時代には馬場氏、江戸氏が治めていたが、関ヶ原の戦い後に「佐竹義重・義宣」親子がこの城を奪取した。それまで馬場城と呼ばれていたがこの時から「水戸城」へと変名された。 幕末になると水戸藩主「徳川斉昭」が幕政に乗り出し、尊皇...
泉藩陣屋(泉城)/写真 奥羽越列藩同盟へ加盟し新政府軍と干戈を交え降伏・開城した泉藩【お城 幕末写真館】

泉藩陣屋(泉城):奥羽越列藩同盟へ加盟し新政府軍と干戈を交え降伏・開城した泉藩【お城 幕末写真館】

【城名】 泉藩陣屋 【泉藩陣屋の説明】 泉藩陣屋(泉藩)は現在の福島県いわき市泉にあった陣屋跡である。幕末時の泉藩主は「本多忠紀」で徳川譜代大名であった。泉藩は「奥羽越列藩同盟」へ加わり「白河小峰城」の戦いを発端に各地へ兵を出した。 泉藩兵は旧式装備の上、小藩の悲しい定め、まわりの大藩に従うしか選択肢がなかった。白河小...
仙台城(青葉城)/写真 戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の盟主に担がれた仙台藩【お城 幕末写真館】

仙台城(青葉城):戊辰戦争では奥羽越列藩同盟の盟主に担がれた仙台藩【お城 幕末写真館】

【城名】 仙台城(青葉城) 【仙台城(青葉城)の説明】 幕末の仙台藩は江戸時代の長い泰平に慣れてしまっていた感があり、情報の収集や諜報機関などがあまり機能していなかった。「鳥羽伏見の戦い」が勃発しても徳川幕府の勝利を疑わず特に何の反応も示さなかった。 大藩だけに貧しい下級武士の台頭もなく、長年のしきたり通り大身の重臣ら...
越前高田城/写真 徳川譜代大名榊原氏の居城で上越戦争の官軍拠点となった高田藩【お城 幕末写真館】

越前高田城:徳川譜代大名榊原氏の居城で上越戦争の官軍拠点となった高田藩【お城 幕末写真館】

【城名】 越前高田城(高田藩) 【高田城越前高田城(高田藩)の説明】 越前高田の地には加賀前田家の抑えや、もと上杉領だった越後を安泰させる意味も込めて徳川一族の「松平忠輝」が城主に任命された。しかし、忠輝は徳川一門にもかかわらず所業不届き等により改易となる。 その後高田城主は次々と変わり、幕末の当主は徳川譜代大名の「榊...
久保田城/写真 佐竹氏の居城で幕末では奥羽越列藩同盟からいち早く脱退し新政府軍へ寝返った秋田藩【お城 幕末写真館】

久保田城:佐竹氏の居城で幕末では奥羽越列藩同盟からいち早く脱退し新政府軍へ寝返った秋田藩【お城 幕末写真...

【城名】 久保田城 【久保田城の説明】 秋田藩は関ヶ原の戦いの2年後に「佐竹義宣」が徳川家康から突如国替え(常陸国より)を命じられたことに始まる。義宣の父「佐竹義重」は徳川家康とは昵懇の仲であったが、嫡男で当主の義宣に采配の一切を任せた。 幕末の秋田藩では「平田篤胤」の勤皇思想(尊皇思想)が根付いており、この思想の系統...
三春城:棚倉藩の落城後 河野広中の運動により新政府軍へと寝返った三春藩【お城 幕末写真館】

三春城:棚倉藩の落城後 河野広中の運動により新政府軍へと寝返った三春藩【お城 幕末写真館】

【城名】 三春城(舞鶴城) 【三春城(舞鶴城)の説明】 三春城は三春藩の藩庁があった城で、幕末時は「秋田氏」が5万5千石にて統治していた。幕末の戊辰戦争(奥羽戦争)では当初「奥羽越列藩同盟」に加わっていたが、隣藩の「棚倉藩(棚倉城)」が落城すると「河野広中」の尽力により奥羽越列藩同盟から脱退しひそかに「板垣退助」率いる...