よく読まれている記事

東海地方

Category
鳥羽藩/場所・アクセス・地図 稲垣家3万石:稲垣長行 鳥羽・伏見の戦いでは旧幕府軍として戦うもほどなく新政府に恭順した鳥羽藩【幕末維新写真館】

鳥羽藩/稲垣家3万石:稲垣長行 鳥羽・伏見の戦いでは旧幕府軍として戦うもほどなく新政府に恭順した鳥羽藩【...

【藩名】 鳥羽藩 【説明】 鳥羽藩は織田水軍の将「九鬼嘉隆」を藩祖とする藩である。慶長5年(1600年)に勃発した「関ヶ原の戦い」で嘉隆は西軍に、子の「九鬼守隆」は東軍に与して戦った。父子対立というよりはどちらが勝利しても九鬼家が存続できるように図ったものと言われている。しかし戦後守隆は父の助命を「徳川家康」に嘆願して...
伊賀上野藩/場所・アクセス・地図 筒井家20万石:筒井定次 外様大名の筒井氏が政務怠慢により改易された伊賀上野藩【幕末維新写真館】

伊賀上野藩/筒井家20万石:筒井定次 外様大名の筒井氏が政務怠慢により改易された伊賀上野藩【幕末維新写真...

【藩名】 伊賀上野藩 【説明】 大和の国「筒井順慶」は「織田信長」の家臣となって「松永久秀」を滅ぼし、大和一国の国主となった。天正12年(1584年)、順慶は35歳の若さで死去し、その後を養嗣子で従弟の「筒井定次」が継いだ。そして翌年、「豊臣秀吉」の命によって定次は大和郡山から伊賀上野20万石に移封となった。 これは、...
松坂藩/場所・アクセス・地図 古田家5万5千石:古田重治 古田氏が浜田藩へ移封のため紀州藩領となり廃藩【幕末維新写真館】

松坂藩/古田家5万5千石:古田重治 古田氏が浜田藩へ移封のため紀州藩領となり廃藩【幕末維新写真館】

【藩名】 松坂藩 【説明】 戦国時代、この地には織田信長の次男「織田信雄」が入封しこの地を松ヶ島と改め、松ヶ島城を築城し五層に及ぶ天守と城下町を建設した。信長没後、信長の娘婿「蒲生氏郷」が12万石で入り、松坂城を新たに築城し城下町の建設を行なった。 この地を松坂と命名したのは氏郷である。氏郷が「小田原征伐」の功で会津に...
津藩(安濃津藩)/場所・アクセス・地図 藤堂家27万950石:藤堂高潔 鳥羽・伏見の戦いでは形勢不利となった旧幕府軍を突如攻撃した津藩【幕末維新写真館】

津藩(安濃津藩)/藤堂家27万950石:藤堂高潔 鳥羽・伏見の戦いでは形勢不利となった旧幕府軍を突如攻撃...

【藩名】 津藩(安濃津藩) 【説明】 慶長13年(1608年)8月24日、「富田信高」は伊予宇和島藩に移封され、翌日の8月25日には伊予今治藩10万石から藤「堂高虎」が22万石に加増された上で入封した。(伊予越智郡今治2万石、伊賀国内10万石、伊勢安濃郡、一志郡内10万石で計22万石) 慶応4年(1868年)1月の「鳥...
神戸藩/場所・アクセス・地図 本多家1万5千石:本多忠貫 譜代大名だが幕末時は特に目立つことなく版籍奉還を迎えた神戸藩【幕末維新写真館】

神戸藩/本多家1万5千石:本多忠貫 譜代大名だが幕末時は特に目立つことなく版籍奉還を迎えた神戸藩【幕末維...

【藩名】 神戸藩 【説明】 慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」にて神戸城2万石の城主だった「滝川雄利」は西軍に属したため改易となった。慶長6年(1601年)、尾張黒田城3万5000石の城主だった「一柳直盛」が5万石で入封し神戸藩が成立した。寛永13年(1636年)に直盛は加増を受け、6万8000石で伊予国西条藩に...
伊勢亀山藩/場所・アクセス・地図 石川家6万石:石川成之 譜代大名のため佐幕派・尊皇派に割れた亀山藩【幕末維新写真館】

伊勢亀山藩/石川家6万石:石川成之 譜代大名のため佐幕派・尊皇派に割れた亀山藩【幕末維新写真館】

【藩名】 伊勢亀山藩 【説明】 享保2年(1717年)11月1日、「松平乗邑」が山城淀藩へ移封となる。その後「板倉重治」が入封するが第2代藩主「板倉勝澄」の時に「石川総慶」と領地交代という形で備中松山藩へ移封となった。こうして「石川総慶」が6万石で入封したことで藩主家の支配が定着した。この石川氏は「徳川家康」に仕えた「...
桑名藩/場所・アクセス・地図 松平家11万3千石:松平定敬 函館戦争まで新政府軍に抵抗した桑名藩主松平定敬【幕末維新写真館】

桑名藩/松平家11万3千石:松平定敬 函館戦争まで新政府軍に抵抗した桑名藩主松平定敬【幕末維新写真館】

【藩名】 桑名藩 【説明】 幕末の藩主「松平定敬」は将軍「徳川家茂」から厚い信任を受けていたという。元治元年(1864年)には「京都所司代」に任命され、実の兄の会津藩主「松平容保」がと共に京都の治安維持に努めた。 将軍「徳川慶喜」が「大政奉還」をしたが薩摩藩・長州藩はあくまで徳川家を武力討伐することを掲げており、徳川家...
長島藩/場所・アクセス・地図 増山家2万石:増山正修 伊勢国内の大部分が新政府軍に降ったため恭順した長島藩【幕末維新写真館】

長島藩/増山家2万石:増山正修 伊勢国内の大部分が新政府軍に降ったため恭順した長島藩【幕末維新写真館】

【藩名】 長島藩 【説明】 天正2年(1574年)、伊勢長島は「織田信長」の攻撃を受けて一向一揆衆2万人が虐殺されたことで有名である。その後、領主は「滝川一益」「織田信雄」「豊臣秀次」とめまぐるしく変わり、慶長3年(1598年)に「福島正則」の弟「福島高晴」が1万石で入封した。 慶長5年(1600年)に高晴は大和宇陀松...
大垣藩/場所・アクセス・地図 戸田家10万石:戸田氏共 鳥羽伏見の戦い後に恭順し戊辰戦争では新政府軍として参戦した大垣藩【幕末維新写真館】

大垣藩/戸田家10万石:戸田氏共 鳥羽伏見の戦い後に恭順し戊辰戦争では新政府軍として参戦した大垣藩【幕末...

【藩名】 大垣藩 【説明】 第11代藩主「戸田氏共」は第2次長州征伐に参加し、慶応2年(1866年)からは藩政改革を断行している。慶応4年(1868年)に勃発した「鳥羽・伏見の戦い」では大垣藩兵も旧幕府軍と共に新政府軍と戦い、朝敵に指定された。しかし新政府に出仕していた大垣藩士「小原鉄心」が直ちに大垣に帰国して先々代藩...
苗木藩/場所・アクセス・地図 遠山家1万500石:遠山友禄 幕府の要職を歴任後いち早く帰国し恭順した苗木藩【幕末維新写真館】

苗木藩/遠山家1万500石:遠山友禄 幕府の要職を歴任後いち早く帰国し恭順した苗木藩【幕末維新写真館】

【藩名】 苗木藩 【説明】 苗木藩の藩祖は「遠山友政」である。友政は美濃の豪族で、父の友忠とともに「織田信長」に従っていたが、信長の死後は小牧長久手の戦いなどで「徳川家康」に与したため豊臣秀吉から所領を没収され、苗木は「河尻秀長」の所領となった。慶長5年(1600年)の「関ヶ原の戦い」で秀長は西軍(石田三成)に与したた...