よく読まれている記事



新発田城:奥羽越列藩同盟に加わるも途中で新政府軍へ寝返った溝口氏の新発田藩【お城 幕末写真館】

新発田城:奥羽越列藩同盟に加わるも途中で新政府軍へ寝返った溝口氏の新発田藩【お城 幕末写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【城名】
新発田城

【新発田城の説明】
新発田城は溝口家が6万石(のちに10万石)で統治していた城である。幕末時の藩論は勤皇色が強かったが立地的立場から奥羽越列藩同盟に加盟するしかなかった。藩内ではこの加盟に不服のものも多く議論は右往左往した。

新発田城/写真 奥羽越列藩同盟に加わるも途中で新政府軍へ寝返った溝口氏の新発田藩【お城 幕末写真館】

さらに城下には旧幕府軍の「衝鋒隊」「会津兵」や、市川三左衛門率いる水戸藩「諸生党」などの佐幕派が圧力を加えたので、ついに藩論は奥羽越列藩同盟に加わることに決する。

この頃の新発田藩兵は京都や江戸に兵を駐留させており、本国にはわずかな兵しか残っていなかった。北陸鎮撫の新政府軍が越後高田城へ進撃し長岡藩と激突すると新発田兵もこれに協力した。

新発田城/写真 奥羽越列藩同盟に加わるも途中で新政府軍へ寝返った溝口氏の新発田藩【お城 幕末写真館】

その間も新政府軍からは度々官軍への勧誘工作が進められ、ついに藩論は新政府軍へつくことに決する。この時点で長岡藩は新発田藩の離反を全く知らず不意に攻撃を受けて憤慨した。同時に山県有朋率いる奇兵隊を中心に奇襲攻撃を受けて長岡城は落城、筆頭家老「河井継ぐ
之助」も負傷し会津を目指して退いた。

新発田城/写真 奥羽越列藩同盟に加わるも途中で新政府軍へ寝返った溝口氏の新発田藩【お城 幕末写真館】

その後、新発田藩は新政府軍の一員として各地を転戦することとなり、結果、新発田の地は戦火から守られることとなった。ただし、この一連の新発田藩の動きは長岡藩などからは明らかな裏切り行為と見られ、その後の地域住民の生活にも少なからず影響を与えたことは間違いない。






【新発田城・場所・アクセス】
新潟県新発田市大手町6

【新発田城地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)