よく読まれている記事



水戸城:徳川御三家の一つで幕末では天狗党の乱で混迷を極めた水戸藩【お城 幕末写真館】

水戸城:徳川御三家の一つで幕末では天狗党の乱で混迷を極めた水戸藩【お城 幕末写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【城名】
水戸城

【水戸城の説明】
水戸城は現在の茨城県水戸市三の丸にあった徳川御三家の城である。戦国時代には馬場氏、江戸氏が治めていたが、関ヶ原の戦い後に「佐竹義重・義宣」親子がこの城を奪取した。それまで馬場城と呼ばれていたがこの時から「水戸城」へと変名された。

水戸城/写真 徳川御三家の一つで幕末では天狗党の乱で混迷を極めた水戸藩【お城 幕末写真館】

幕末になると水戸藩主「徳川斉昭」が幕政に乗り出し、尊皇攘夷を唱え自藩でも砲台の設置や西洋船の建造などに力を注いだ。水戸藩は立藩当初から尊皇への傾向が強かったため、幕末期に入ると藩論は真っ二つに割れた。

藩主「徳川斉昭」が唱える尊皇攘夷と、あくまで徳川幕府と行を共にする佐幕派の対立である。しかし、藩主斉昭が「一橋慶喜(斉昭の子息)」を将軍職へ付けようと画策した際に、反一橋派の大老「井伊直弼」の対抗処置にあい失敗。この計画に参画した越前の「松平春嶽」「徳川斉昭」「伊達宗城」らは幕政から遠ざけられてしまった。

水戸城/写真 徳川御三家の一つで幕末では天狗党の乱で混迷を極めた水戸藩【お城 幕末写真館】

これに勢いを増した藩内の佐幕派は一気に藩論を佐幕路線へ導こうとし、尊皇派の藩士らを弾圧し始めた。これに対し、尊皇派は「天狗党」を結成し、京都にいる一橋慶喜に対し嘆願書を提出し、尊皇攘夷の実行を求める計画を立てた。

北関東から上越、北陸から京都へと進んだ天狗党は鯖江藩内で幕府に降伏。当時幕政にあった「一橋慶喜」は自分を頼りに京を目指してきた天狗党一派を一切見捨て、その多くが断罪に処された。

水戸城/写真 徳川御三家の一つで幕末では天狗党の乱で混迷を極めた水戸藩【お城 幕末写真館】

これは「一橋慶喜」の非情な一面が伺える場面の一つであろう。藩内では尊皇派と佐幕派の対立が長く続き、有能な士が次々と非業の死を遂げた。これが原因で戊辰戦争が勃発した頃には水戸藩には人材が不足し、大きな活動をすることが出来なかった。

※徳川斉昭像
徳川斉昭像

結局、徳川御三家の一員でもある水戸徳川家は官軍に従い北関東や奥羽戦争に従軍した。現在の水戸城跡には多くの学校が建っており、三の丸には水戸藩藩校であった「弘道館」が現存している。






【水戸城・所在地・アクセス】
〒310-0011 茨城県水戸市三の丸

【水戸城マップ】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)