よく読まれている記事



泉藩陣屋(泉城):奥羽越列藩同盟へ加盟し新政府軍と干戈を交え降伏・開城した泉藩【お城 幕末写真館】

泉藩陣屋(泉城):奥羽越列藩同盟へ加盟し新政府軍と干戈を交え降伏・開城した泉藩【お城 幕末写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【城名】
泉藩陣屋

【泉藩陣屋の説明】
泉藩陣屋(泉藩)は現在の福島県いわき市泉にあった陣屋跡である。幕末時の泉藩主は「本多忠紀」で徳川譜代大名であった。泉藩は「奥羽越列藩同盟」へ加わり「白河小峰城」の戦いを発端に各地へ兵を出した。

泉藩陣屋(泉城)/写真 奥羽越列藩同盟へ加盟し新政府軍と干戈を交え降伏・開城した泉藩【お城 幕末写真館】

泉藩兵は旧式装備の上、小藩の悲しい定め、まわりの大藩に従うしか選択肢がなかった。白河小峰城の攻防戦が続く中、太平洋側からは新政府軍が軍艦数隻を擁して磐城へ上陸し北上を開始した。その最初の障壁となったのが磐城「泉藩」と「平藩」であった。

泉藩陣屋(泉城)/写真 奥羽越列藩同盟へ加盟し新政府軍と干戈を交え降伏・開城した泉藩【お城 幕末写真館】

新政府軍はすぐに泉陣屋へ軍を進め、微力な泉藩は官軍が攻めてくるとあっけなく降伏・開城した。一方同じ磐城地方の小藩「平藩」安藤家は老中を出した家柄でもあり、一戦を交えた上で城を自焼させて後退している。

泉藩陣屋(泉城)/写真 奥羽越列藩同盟へ加盟し新政府軍と干戈を交え降伏・開城した泉藩【お城 幕末写真館】

降伏・開城後の泉藩の処罰は、旧幕府軍に味方した罪で2千石を減封の上、官位を剥奪された。その後、明治4年の「廃藩置県」で廃藩となり陣屋跡の遺構も消え去った。






【泉藩陣屋・場所・アクセス】
〒971-8185 福島県いわき市泉町4-16-7

【泉藩陣屋地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)