よく読まれている記事



越前高田城:徳川譜代大名榊原氏の居城で上越戦争の官軍拠点となった高田藩【お城 幕末写真館】

越前高田城:徳川譜代大名榊原氏の居城で上越戦争の官軍拠点となった高田藩【お城 幕末写真館】

【城名】
越前高田城(高田藩)

【高田城越前高田城(高田藩)の説明】
越前高田の地には加賀前田家の抑えや、もと上杉領だった越後を安泰させる意味も込めて徳川一族の「松平忠輝」が城主に任命された。しかし、忠輝は徳川一門にもかかわらず所業不届き等により改易となる。

その後高田城主は次々と変わり、幕末の当主は徳川譜代大名の「榊原家」であった。戊辰戦争が勃発すると高田藩は当初、態度を曖昧にしていたが、官軍が城下に迫ると新政府軍に恭順しすぐ近くの天領に陣地を置いていた旧幕府軍の「衝鋒隊」を攻撃し撃退した。

越前高田城/写真 徳川譜代大名榊原氏の居城で上越戦争の官軍拠点となった高田藩【お城 幕末写真館】

恭順後は上越諸藩攻撃の拠点として使われ、長岡藩攻撃や会津藩への攻撃にも参加した。一部の藩士は新政府軍への恭順を拒否し、脱藩し「神木隊」を組織して上野の彰義隊などと行を共にした。

戊辰戦争が終結すると、降伏した会津藩士約1800名の預りを命じられる。藩内には旧幕府軍に対する同情が強く、預かった会津藩士についても彼らを手厚く待遇した。なお、新政府軍から支給される給金が不足すると藩庫から自前で支出して会津藩士を遇したそうである。

預かり中に死亡した会津藩士の墓地は「会津墓地」と呼ばれ現存し、今も有志の手によって保存されている。高田城は近くを流れる川を天然の堀とし、石垣は用いず土塁を用いて築城された。

越前高田城/写真 徳川譜代大名榊原氏の居城で上越戦争の官軍拠点となった高田藩【お城 幕末写真館】

典型的な平城で本丸・二の丸・三の丸・北の丸から構成され、天守はなく三重三階の三重櫓を天守として代用していた。明治時代に入る廃城令が発令され、高田城も破却された。現在の高田城は三重櫓(代用天守)が復元されており、高田公園として整備されている。

【高田城・場所・アクセス】
〒943-0835 新潟県上越市本城町6-1






【高田城地図】



あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください