よく読まれている記事



松前城(福山城):土方歳三率いる旧幕府軍との攻防戦の末に落城した松前城【お城 幕末写真館】

松前城(福山城):土方歳三率いる旧幕府軍との攻防戦の末に落城した松前城【お城 幕末写真館】

【城名】
松前城(福山城)

【松前城の説明】
松前城は日本における最後期の日本式城郭である。ロシア艦隊などが来航すると幕府は、1849年(嘉永2年)に北方警備を目的に、松前崇広に福山館改築(松前築城)を命じた。築城の際に地形的にも守りやすい函館山に城を移すという案もあったが財政面や函館商人達の反対もあり実現しなかった。

松前城(福山城)/写真 土方歳三率いる旧幕府軍との攻防戦の末に落城した松前城【お城 幕末写真館】

福山館は長沼流兵学者「市川一学」の縄張りにより旧福山館の拡張・改築を行い、この時に初めて3重の天守を建造した。安政元年(1854年)に竣工し、この頃から松前城と呼ばれるようになったと伝わる。

海側からの艦砲射撃に備えて砲台を備え、かつ城壁の中に鉄板を仕込んでおり、城の本丸方の虎口から本丸までの通路は側面から鉄砲などで射撃しやすい構造とした。ただし城の中心である福山の台地から海岸まではあまり距離がなかったので、大規模な城郭とすることはできなかった。

松前城(福山城)/写真 土方歳三率いる旧幕府軍との攻防戦の末に落城した松前城【お城 幕末写真館】

こうして築城した松前城だが、明治元年(1868年)秋、蝦夷地に独立政権樹立を目指す旧幕府軍の「榎本武揚」を首領とする軍勢が、官軍の拠点である五稜郭を制圧した。その後、11月5日には元新選組の土方歳三が700名ほどを率いて松前城を攻撃した。松前藩兵は懸命に防戦したものの、わずか数時間で落城した。

松前城(福山城)/写真 土方歳三率いる旧幕府軍との攻防戦の末に落城した松前城【お城 幕末写真館】

しかし、翌1869年に榎本らの政権は降伏し、再び松前城は松前氏の居城となり、明治4年(1871年)の廃藩置県の実施により城は明治政府の領有となった。戊辰戦争中、天守や本丸御門などは現存したが、天守は第二次世界大戦後に失火により焼失した。しかし、築城時から現存する本丸御門が国の重要文化財に指定されている。現在は日本100名城(3番)に選定され「松前公園」として整備されている。

松前城(福山城)/写真 土方歳三率いる旧幕府軍との攻防戦の末に落城した松前城【お城 幕末写真館】

【松前城(福山城)・所在地・アクセス】
〒049-1511 北海道松前郡松前町松城






【松前城(福山城)地図】



あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください