よく読まれている記事



三池藩/立花家1万石:立花種恭 下手渡領は奥羽越列藩同盟に加盟し三池領は新政府に帰順した三池藩【幕末維新写真館】

※この史跡はまだ評価がありません※

【藩名】
三池藩

【説明】
「立花宗茂」の弟「高橋直次」は慶長19年(1614年)、常陸国筑波郡に5千石を与えられ旗本となった。その長男「立花種次」は元和7年(1621年)、旧領地であった筑後国三池郡に5000石を加増の上で1万石となり三池に移り三池藩が立藩された。第4代藩主「立花貫長」の時代、元文3年(1738年)に石炭の採掘が始まり、平成9年(1997年)まで存続した三池炭鉱の礎となった。

第6代藩主「立花種周」は大番頭、奏者番兼寺社奉行を経て若年寄まで栄達した。しかし、反「松平定信」派に属して政争に敗北したため、文化2年(1805年)11月に幕府の機密漏洩の罪により罷免され、12月には強制隠居の上、蟄居となった。そのため、種周の後を継いだ第7代藩主「立花種善」は文化3年(1806年)、陸奥国下手渡藩へと左遷された。

左遷はされたが旧領を失ったけではなく、立花家は下手渡と三池の両方に領地を持っていた。

幕末の藩主「立花種恭」は佐幕派として行動し、将軍「徳川家茂」の側近として文久2年(1862年)6月に大番頭となり、長州征伐でも幕府軍として参加した。文久3年(1863年)には若年寄、慶応3年(1867年)には老中格兼会計総裁となるが、翌年3月に罷免された。戊辰戦争では下手渡領の藩士が「奥羽越列藩同盟」に参加するが、三池領の藩士の意向で藩論は正式に新政府への恭順に決定され、藩主「種恭」も京都に上洛した。

この矛盾した行動は、8月に種恭が奥羽鎮撫の命を受けたことで奥羽越同盟側の知ることとなり、仙台藩によって下手渡陣屋が攻撃され藩庁は焼失した。9月には新政府の命を得て藩庁を三池に移した。

明治2年(1869年)版籍奉還で三池藩知事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で三池県となったのち、三潴県を経て福岡県に編入された。

【場所・アクセス・地図】
〒837-0923 福岡県大牟田市新町








※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)