よく読まれている記事



宮古湾海戦の碑:旧幕府海軍の回天丸が甲鉄艦を奪取しようと挑んだアボルダージュ作戦【史跡 幕末写真館】

宮古湾海戦の碑:旧幕府海軍の回天丸が甲鉄艦を奪取しようと挑んだアボルダージュ作戦【史跡 幕末写真館】
※この史跡はまだ評価がありません※

【史跡名】
宮古湾海戦の碑

【宮古湾海戦の碑の説明】
宮古湾海戦は、箱館戦争における海戦のひとつで現在の岩手県宮古市の宮古湾沖で発生した。開陽丸を江差沖の座礁で失った旧幕府軍は、明治2年(1869年)5月6日、劣っている海軍力の回復のため宮古湾に停泊している新政府軍最強の軍艦「甲鉄艦」を奪取するため、斬り込み攻撃を実行した。

宮古湾海戦の碑/写真 旧幕府海軍の回天丸が甲鉄艦を奪取しようと挑んだアボルダージュ作戦【史跡 幕末写真館】

これが日本初の軍艦斬り込み作戦「アボルダージュ」と呼ばれている。当初、「回天丸」「蟠竜丸」「高雄丸」の三艦で行う予定だったが、途中暴風にあい、蟠竜丸がはぐれてしまい、高雄丸は機関の故障による遅延により、回天丸のみで実行することになった。

回天丸は外輪船のため、甲鉄艦への横付けがとても困難で船首からぶつかり、斬り込み隊が飛び移った。しかし、回天丸と甲鉄艦との高さが3mほども違うため斬り込み隊は飛び込みを躊躇した。

宮古湾海戦の碑/写真 旧幕府海軍の回天丸が甲鉄艦を奪取しようと挑んだアボルダージュ作戦【史跡 幕末写真館】

この間、甲鉄艦では態勢を立て直し銃撃やガトリング砲で応戦した。これにより、斬り込み隊は死傷者が続出し作戦は失敗に終わった。回天丸が退くとこれを拿捕するため追手が迫ったが、どうにか逃げ切り函館港へ帰還した。

※甲鉄艦へ激突する回天丸の姿
回天丸/写真 榎本脱走艦隊の主力艦で宮古湾海戦では孤軍奮闘した回天丸【軍艦 幕末写真館】

一方、高雄丸は機関の故障から速度が遅く新政府軍に拿捕されてしまい、蟠竜丸はどうにか帰還できた。こうして日本初の「アボルダージュ作戦」は失敗に終わり新政府軍と旧幕府軍の海軍力の差は縮まらず制海権は新政府軍が握ることになる。

現在の岩手県宮古市宮古湾には「宮古湾海戦の碑」が建っている。






【宮古湾海戦の碑・場所・アクセス】
〒027-0001 岩手県宮古市日立浜町32

【宮古湾海戦の碑地図】



※※こちらの史跡のあなたの評価は?※※

あなたの知っている見識・知識をどんどんコメントして下さい。

*
*
* (公開されません)